クリスマスを祝う際に「はめりくり」というワードが下ネタで聖夜だとトレンド入りしました。

 

そんな、はめりくりとは、どんな意味なのでしょうか?

 

ということで今回は、「はめりくり」とはどんな意味なので感度3000倍で調査したいと思います。

スポンサーリンク

はめりくりとは?意味はクリスマスで聖夜にトレンド入り!

「はめりくり」とは?意味は?

「はめりくり」は「ハッピーメリークリスマス」の略で、決して「はめ〇くり」という聖夜の下ネタではありません。

まさかの「ハッピーメリークリスマス」を「は(ッピー)めり(ー)くり(スマス)」となかなかのゴリ押し略したのが「はめりくり」となったようです。

はめりくり(ハッピーメリークリスマス)は間違い?

実は「ハッピーメリークリスマス」は、「MERY(メリー)」と「HAPPY(ハッピー)」は同じような意味が重複しているので、言い方として間違っています。

 

メリークリスマスの「merry」は「楽しい」「愉快な」「愉快な」という意味があり、「HAPPY」にも同じような意味があります。

 

そのため、「ハッピーメリークリスマス」の「MERY(メリー)」と「HAPPY(ハッピー)」は同じような意味を重ねているので言い方としては間違っています。

 

だから、「ハッピーメリークリスマス」がただでさえ言い方が間違いなのに、略した「はめりくり」は「はめ○○り」と勘違いと、もうめちゃくちゃです…

スポンサーリンク

はめりくりの反応

はめりくりとは?意味はハッピーメリークリスマスで言い間違い!

「はめりくり」とは「ハッピーメリークリスマス」を略した言い方で、決して下ネタではありません。

 

しかし、そもそも「ハッピーメリークリスマス」自体が「ハッピーメリークリスマス」の「MERY(メリー)」と「HAPPY(ハッピー)」は意味の重複で言い方としては間違っているのでした。

 

そんな略す前から言い間違いな「ハッピーメリークリスマス」、略して下ネタと思われる「はめりくり」ですが、今後も聖夜で使われるのでしょうね…

 

せばな~

スポンサーリンク