立行司の40代目式守伊之助が冬巡業中に若手行司へセクハラしていたことが話題になっているようです。

 

そんな行司は男しかいないので男が男にセクハラしたこととなりますが、もしかしてホモ?

 

ということで今回は、セクハラによりホモ疑惑がかけられた40代目式守伊之助について紹介します。

式守伊之助がセクハラでホモ?若手行司に差し違え?

相撲協会は2018年1月5日に大相撲の行司における最高位の階級である立行司の式守伊之助が若手行司にセクハラをしていたことを発表しました。

式守伊之助 セクハラ
(画像引用元:http://kindayu.c.blog.so-net.ne.jp

事件は2017年12月16日に、巡業先のホテル内で夕食中に泥酔した伊之助が、部屋まで伊之助を送っていった10代の若手行司に対し、唇や胸部に触れるなどの行為を行っていました。

 

そして、行司は全て男であることから、男が男にセクハラをしたとして式守伊之助がホモではないかという疑惑が出て別な意味でも話題になったのでした。

 

被害者の若手行司はショックを受けており、伊之助に謝罪を求めました。

 

そのため、式守伊之助は「泥酔していたので、覚えてない」「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのかわからない」と話したが自らの行為は認めて謝罪しました。

 

また、被害者の行司に処罰を求める意向はなく、警察に被害届を出す考えもないと事なきをえたようです。

 

しかし、セクハラした式守伊之助は大相撲の行司における最高位の階級の立行司におり、行司全体を指導し、管理する立場ということから懲戒処分を検討する方針のようです。

式守伊之助 プロフィール

式守伊之助 セクハラ
(画像引用元:https://www.city.koshigaya.saitama.jp

本名      野内五雄
生年月日    1959年12月23日
出身      大阪府岸和田市
所属部屋    宮城野部屋

 

40代目式守伊之助は、日馬富士事件で渦中にある白鵬と同部屋である宮城野部屋に入門しました。

 

そして1975年に初土俵を踏み、2005年には幕内格昇進します。

 

2006年1月に11代式守錦太夫襲名し、2011年11月場所で三役格行司に昇格していきます。

 

さらに、2013年には立行司40代式守伊之助を襲名し、わずか8年で立行司昇進と異例の速さで出世していきました。

スポンサーリンク

40代目式守伊之助は差し違えが多い?

行司が間違って負けた力士に軍配を上げる「差し違え」ですが、この差し違えが多いことで40代目式守伊之助は知られています。

 

2015年9月場所の横綱鶴竜-関脇妙義龍で差し違いをしてから、2015年の11月場所には2度の差し違えをして3日間の出場停止となるほどでした。

 

そして、次の2016年1月場所でも差し違えをしており、場所連続で合計4回目の立行司による軍配差し違いもしていました。

 

それから差し違えはなかったようですが、残念ながら行司にセクハラして場外での差し違えをしてしまったのです。

式守伊之助がセクハラでホモ?若手行司に差し違え?

式守伊之助がセクハラでホモかは分かりませんが、このタイミングで最高位の行司が失態を起こすとは相撲業界が混迷を極めてますね…

 

しかも、何の因果か分かりませんが、日馬富士事件の渦中にいる白鵬と同部屋とはいろいろ考えてしまいます…

 

とにかく、今は本当に膿を出して、相撲業界が浄化されることを祈っています。

 

せばな~