北九州市小倉北区の認可外保育施設で外国人英語講師が園児に暴行を働いた動画がSNSで公開されて話題になっています。

 

そんな、外国人英語講師が園児に暴行を働いた動画や、その内容は?

また、暴行を働いた外国人英語講師や、その暴行を証拠が出るまで隠していた保育施設の責任は?

 

ということで今回は、外国人英語講師の園児暴行について、

  • 外国人英語講師が園児に暴行を働いた動画・内容は?
  • 外国人英語講師の罪や保育施設の責任は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

外国人英語講師の園児暴行動画!暴力で罪と保育園の責任は?

外国人英語講師の園児暴行動画と内容!

認可外保育施設で外国人英語講師が園児に暴行を働くだけでなく、その施設は証拠の動画が見つかるまで認めていませんでした。

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人の男性講師が、施設に通う当時2歳の男児への暴力行為に及んでいたことが14日、分かった。元職員が告発のため、暴行の様子を撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿し発覚。市は同日、施設に対して国の通知に基づく特別立ち入り調査を実施し、口頭指導した。市によると、施設側は事実関係を認めているという。

施設は1歳半から6歳までの未就学児が通い、英語を母語とする講師による英会話の「英才教育」をうたう。投稿された動画は、講師が男児の背中を強くたたき、英語で怒鳴る様子が撮影されていた。

施設によると、この英会話講師は常勤で約5年前から勤務。施設は14日から出勤停止とした。

投稿した元職員は講師として勤めていた米国人男性。子どもの口に本を突っ込む様子を見て驚き、他にも複数の幼児への暴力行為が日常的にあったため2~3月ごろ、ひそかに撮影したと説明している。

西日本新聞は、3月18日の日付が入った投稿の元になった動画や、別の日に撮影された動画を入手。講師が幼児の手を乱暴につかみ上げたり、幼児の背後から洋服をつかんで強く引っ張ったりする様子が写っていた。泣きじゃくる幼児をなだめようと駆け寄る女性職員の姿もあった。

市によると、4月に市民から電話で通報があり調査したが、施設側は「不適切な対応はない」と否定していた。今月13日、再び市民から「動画が上げられている」と市に連絡があり、暴力行為が判明した。

問題発覚を受け、施設側は14日夜に保護者向けの説明会を開催。終了後、施設責任者は取材に「顧問弁護士とも相談してしかるべき対応を取りたい」と話した。市保育課は「施設が適切な対応をするよう指導したい」とコメントした。

 

保護者「ショック」

北九州市小倉北区の認可外保育施設で、英会話を担当する外国人講師が幼児に暴力を振るった問題で、施設側は14日夜、保護者説明会を開いた。

説明会は2時間近くに及んだ。終了後、取材に応じた保護者の女性は「説明で不安は解消されなかった。今後どうするか子どもと考えたい」。15日から子どもを通わせる予定という母親は「動画を見てショックだった。マイナスイメージが心配」と声を落とした。施設側からは「管理不足だった」との説明もあったという。

引用:【動画あり】外国人英語講師、園児に暴行 北九州市が指導 元同僚、SNSで告発 背中たたき、怒鳴る

動画では大柄の外国人英語講師が手を振り上げて叩き、「Why did you do thath!(何でそんなことをしたんだ!)」と怒鳴ったようです。

 

それだけでなく、「子供の口に本を突っ込む」「複数の園児に暴行した事が日常的」もしていたとのことです。

 

確かにいけないことで叱るのは、いけないことだと何も分からない園児には必要なのかもしれません。

 

しかし、叩いたり大声という暴行をせずとも、いけないと分からせる方法いくらでもあったはずです。

スポンサーリンク

外国人英語講師の罪は?

外国人英語講師は園児に暴行を働いているので「暴行罪」、園児が怪我をしていれば「傷害罪」で逮捕される場合だってあります。

 

暴力を振るえば「暴行罪」として「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留もしくは科料」

暴力だけでなく被害者に怪我を負わせれば「傷害罪」として「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっています。

 

そして、実際に園児に暴行罪として捕まった判例はいくつもあります。

園児にわさび塗った保育士有罪 東京地裁「卑劣な犯行」

勤務先の保育園で、男児の口にわさびを塗った唐揚げを押し込んだとして暴行罪に問われた保育士、南木愛美被告(28)に東京地裁は25日、懲役1年2月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

寺尾亮裁判官は判決理由で「乳幼児を保護、養育すべき立場にありながら、ほとんど抵抗力のない被害者に暴行を加えた卑劣な犯行だ」と指摘。一方、被告は当時長時間勤務で強いストレスにさらされていたと認め「非難の程度を弱める事情と言える」とも述べた。

判決によると、昨年9月22日午前8時半ごろ、東京都北区赤羽の無認可保育園「保育ルームキッズスタイル赤羽園」で、男児の口にわさびを塗った唐揚げを押し込んだほか、今年1月15日午後には別の男児の両手首を縛り、口に粘着テープを貼り付ける暴行を加えた。

引用:園児にわさび塗った保育士有罪 東京地裁「卑劣な犯行」

 

園児たたきつけ骨折、元保育士の女に有罪

大津市の田上保育園で女児=当時(1)=を床にたたきつけて脚を骨折させたとして、傷害罪に問われた元保育士の女(28)=同市千町1丁目=に大津地裁(加藤靖之裁判官)は4日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

加藤裁判官は、被告の顔近くの高さから女児を床に下ろし、左足を床に衝突させたとし、「被害者に突如着地を強いる結果、傷害を負わせる危険性を十分理解した上で暴行に及んだ」と指摘した。保育業務は重労働でストレスにさらされていた可能性があるとしつつも、「社会の保育士に対する信頼を失墜させた」と述べた。

弁護側は暴行の故意はなく、骨折という結果も着地した際の足の向きによる偶発的な事故だったとして、無罪を訴えていた。加藤裁判官は因果関係を認め、弁護側の主張を退けた。

判決によると、女は3月15日午前11時半すぎ、園内の廊下で女児の両脇を両手で抱えて持ち上げ、床に下ろして左脚を骨折するけがを負わせた。

引用:園児たたきつけ骨折、元保育士の女に有罪 「危険性理解し暴行」

このように、園児に暴行を働けば暴行罪として、罪を背負うこととなります。

スポンサーリンク

保育園の責任は?

保育園側は事実関係を認めており、児童福祉法などに基づき改善勧告を出される場合があると思います。

 

実際に保育士が園児に対し暴言や虐待などがあった保育所では、児童福祉法などに基づき改善勧告を出されたところがあります。

児童虐待の事件が連日報じられている中、福岡市にある保育所では、保育士が園児に対し暴言や虐待などがあったと報じられている。

■認可保育所で暴言・虐待13件
福岡市にある、認可保育所「あかつき保育園」では、2016年から昨年の間、保育士が園児に対して、虐待にあたる行為を繰り返していたようだ。

具体的には、「ブタ」「ばか」などの暴言を浴びせる/押し入れに閉じ込める/園児をトイレに連れて行かず、尿を漏らすと叱る/長時間正座させる/保育士が壁を叩き驚く園児を見て笑う/口から出した給食を押し込む/食べる速度が遅いと給食を減らす…など。

15日、市は13件におよぶ行為を不適切と認定。児童福祉法などに基づき、園を運営する社会福祉法人「北斗会」に改善勧告を出したそうだ。

引用:保育士が園児に集団虐待発覚し改善勧告 過去には「園児の口にセロハンテープ」

外国人英語講師の園児暴行動画!暴力の罪に保育園の責任も問われる

外国人英語講師の園児暴行ですが、いけないことを教えるからといって過剰な暴力はしつけではありません。

 

そして、これを認めていなかった保育園側にも責任があり、改善勧告を出される場合もあるのです。

 

保育士も今は色々苦情が出たりと大変なのに、こういった暴力のせいで真面目な保育士も色々言われる場合もあって本当に迷惑です。