立憲民主党の福山哲郎幹事長が企業・団体から後援会費として違法献金が明らかになって話題になっています。

 

過去にも立憲民主党では辻元清美議員が外国人献金で何も責任を取らないで、身内に甘い態度をとったこともあり話題になっているようです。

 

そんな、立憲民主党の福山哲郎幹事長はどんな違法献金をしたのでしょうか?

また、立憲民主党の福山哲郎幹事長はあれだけ周りは叩いておいて、自身の違法献金はどう責任を取るのでしょうか?

 

ということで今回は、福山哲郎幹事長の違法献金について、

  • 福山哲郎幹事長の違法献金とは?
  • 同じ立憲民主党の辻元清美議員は外国人献金!
  • 福山哲郎幹事長は責任を取る?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

福山哲郎が違法献金!辻元清美は外国人献金で立憲民主ブーメラン炎上!

福山哲郎が企業・団体から後援会費で違法献金?

立憲民主党の福山哲郎幹事長が企業・団体から後援会費の寄付を受け取ったため、違法献金と報じられて話題になっています。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)の後援会が平成22~28年の7年間に複数の企業や団体から「後援会年会費」や「後援会費」として入金を受けていたことが30日、政治資金収支報告書などから分かった。書類上の記録では延べ63件、計66万円あり、福山氏側は一部は後援会費と認めた。政治資金規正法上、政党や政党支部でない政治団体は企業・団体から会費を受け取れず、同法に抵触する可能性がある。

産経新聞の調べでは、会社名義や店舗名とみられる名前で「後援会年会費」「後援会費」として入金したとする払込取扱票は少なくとも延べ63件で、5000~5万円のものがあった。このほか、名目が書かれていない法人による払込取扱票が20件、31万8000円分あった。

福山氏の事務所は「払込取扱票に法人名義の記入があった場合、趣旨を確認している。個人の寄付とする趣旨なら個人の寄付、後援会費とする趣旨なら後援会費として処理している」とし、一部は後援会費と認めた。「法人寄付とする趣旨の場合は(政党の)総支部に対する寄付かを改めて確認した上で総支部の収入とし、収支報告書に記載している」として、「問題はない」と強調した。

引用:立民・福山幹事長側に違法献金か 企業・団体から後援会費

福山哲郎幹事長が企業・団体から後援会費を寄付を受け取ったと認めており、これは企業・団体が後援会費に寄付をするのが駄目な違法献金にあたるようです。

 

そのため、前回の辻元清美議員の外国人献金もあり、また立憲民主党は違法献金で自分には甘い対応をするのかと批判されています。

福山哲郎が起こした違法献金とは?

福山哲郎議員が起こした違法献金とは、企業・団体は政治家個人(政治団体)への献金が原則禁止なのに、福山哲郎議員の後援会(政治団体)に企業・団体が寄付したからです。

福山哲郎 違法献金
(画像引用元:https://blog-imgs-130.fc2.com

寄付は議員が多額の賄賂受けたリクルート事件によって、政治資金規正法で制限されています。

 

そして、改正で企業・団体は政党や政党支部でない政治団体に一切寄付ができなくなっています。

 

そのため、福山哲郎議員は自身の後援会(政治団体)に、企業・団体の寄付を受け取っているため、政治資金規正法に抵触していると指摘されています。

政治資金に詳しい日大法学部の岩井奉信教授は「企業・団体が支払う後援会費は寄付となり違法だ。個人寄付や政党支部への寄付として処理するとしても、返金後再び入金してもらうのが正しい」と話している。

引用:立民・福山幹事長側に違法献金か 企業・団体から後援会費

同じ立憲民主党の辻元清美は外国人献金

そんな福山哲郎議員の違法献金ですが、同じ立憲民主党の辻元清美議員は外国人献金をしていました。

 

辻元清美議員は2013、14両年に外国籍の支援者から献金を受けて、国人からの献金受領を禁じた政治資金規正法に違反する恐れが出ました。

外国人献金 辻元
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

辻元氏によると、弁護士の男性から13年5月に1万円、14年6月に1万2000円の献金を受けた。その後、この人物が外国籍と判明したため、13年分は本人に返却。14年分は国籍を問わない「後援会会費」に訂正した。男性と面識はないという。

引用:立憲・辻元氏に外国人献金

 

この問題は辻元清美議員の政治団体「辻元清美とともに! 市民ネットワーク」の政治資金収支報告書を確認したところ、発覚しました。

 

そして、献金をした人物は大阪弁護士会所属で所属団体として「在日コリアン弁護士協会」「世界韓人弁護士協会」「NPO法人コリア人権生活協会」と在日韓国人関連のようです。

 

この政治資金規正法は、外国人や外国人が過半数の株式を保有する会社(上場5年未満)からの政治献金を禁じており。

政治や選挙への外国の関与、影響を防ぐための措置で、違反すれば3年以下の禁錮か50万円以下の罰金、罪が確定すれば公民権停止の対象となります。

スポンサーリンク

辻元清美が政治資金規正法に違反で責任取らず

辻元清美議員の外国人献金は政治資金規正法に違反する恐れで辞任するレベルの問題ですが、国対委員長辞任については否定して終わりました。

 

過去には民主党政権時代に前原誠司外相が在日韓国人の女性から献金を受けて辞任しています。

 

しかし、今の所、辻元清美議員は外国人献金を認めたが、役職の辞任は「そこまでは至らない」と否定しています。

 

ちなみに厚生労働省の統計不正問題について、根本匠厚労相の名前をもじって「問題の根本(こんぽん)、ネモトが問題だ。ネモトが腐っていたら、全部あきませんから」などと痛烈に批判しブーメランしていました。

福山哲郎幹事長は責任を取る?

福山哲郎幹事長は同じ立憲民主党の辻元清美議員と同じく、辞任はせずうやむやで終わると思います。

 

立憲民主党はかなり他の議員には批判しますが、身内の立憲民主党の辻元清美議員は外国人献金でも何も辞任はせずに終わりました。

福山哲郎 違法献金
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

福山哲郎 違法献金
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

福山哲郎 違法献金
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

そして、山哲郎幹事長は一部は後援会費と認めたが、「問題はない」と強調しています。

個人の寄付とする趣旨なら個人の寄付、後援会費とする趣旨なら後援会費として処理している」とし、一部は後援会費と認めた。「法人寄付とする趣旨の場合は(政党の)総支部に対する寄付かを改めて確認した上で総支部の収入とし、収支報告書に記載している」として、「問題はない」と強調した。

引用:立民・福山幹事長側に違法献金か 企業・団体から後援会費

 

そのため、疑惑が深まる深まらない関係なく、辻元清美議員パターンで否定してそのままやり過ごす可能性が高いと思います。

スポンサーリンク

福山哲郎が違法献金!立憲民主・辻元清美の外国人献金で責任取らないパターン!

またしても立憲民主党から違法献金が出ましたが、今度は福山哲郎幹事長でした。

 

これは、あれだけ周りを批判して責任を追求しているので、平等に自身も責任をとってくれるでしょう!

 

それとも、辻元清美議員パターンで、うやむやで責任を取らず、また信用を失ってしまうのでしょうか…

 

せめて相手に言ったことが自分に降り掛かったときは、責任を取ってもらいたいですね…

 

せばな~

スポンサーリンク