近年、ユーチューバーが故人や逮捕者の息子・妹を名乗って炎上目的で再生数を稼ぐ方法が問題となっています。

 

そんな、不謹慎系YouTuberとはどんな人物なのでしょうか?

 

ということで今回は、不謹慎系YouTuberを調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

不謹慎系YouTuberまとめ!ユーチューバーが故人の息子・妹を名乗る!

キラー仮面

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

キラー仮面さんも一応、不謹慎系YouTuberですが、「ボビーの妹」「甲子園の妹」と名乗ったりと、あまりにもネタすぎて一人だけ突出して人気となっています。

ただやはり、この方も不幸をネタにしているので、不謹慎系YouTuberなのでしょう…

坂口章チャンネル

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

この方は坂口章さん本人によるとガチで訴えられる不謹慎系YouTuberであり、本当に色々不味いことを言っている方です。

 

この方の動画は低評価が1万に対して高評価が数百だったりとかなり炎上しており、まさに不謹慎系YouTuberです。

ナイス達也チャンネル

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

ナイス達也さんは報道でもモザイクで出演したこともある、不謹慎系YouTuberです。

 

流石に故人に関しての動画は削除したようですが、食べ物より、再生数を稼げる不幸をネタにしたものが多く投稿されているようです。

だっすー

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

だっすーさんは飯動画も出していますが、不謹慎系だけ再生数を伸ばしているようですね…

 

この方は再生数は飯動画だと数十件ですが、不謹慎系だと数百と伸ばしていました。

DQN NETWORK NORAINU

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

DQN NETWORK NORAINUさんはシバターさんのような物申す系もやっていますが、「ボビーです」「池江璃花子です」と話題になった有名人を名乗る不謹慎系です。

 

スポンサーリンク

勇者ナリボン

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

勇者ナリボンさんも不謹慎系YouTuberですが、同じ不謹慎系の坂口章さんに物申したりと少し変化をもたせています。

 

流石に故人に関しては不謹慎な発言はしていませんが、不幸をネタにしているのでやっぱり不謹慎系YouTuberのようです。

伊藤チャンネル

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

伊藤チャンネルさんも不謹慎系YouTuberですが、「~は当然とは思わない」と引っ掛けたようなサムネで不謹慎を匂わせて動画閲覧させようとします。

 

真実の館

不謹慎系 youtuber
(画像引用元:https://www.youtube.com

真実の館さんは故人をネタにして一線を超えており、この方も坂口章さんとひと絡みしています

 

スポンサーリンク

不謹慎系YouTuberが増え続ける理由?

不謹慎系YouTuberが増え続けていますが、不謹慎な内容でもファンがつき、登録者数も増えるためやっているようです…

テレビ電話での取材に応じた、20代前半の男性Aさんは、投稿を始めたきっかけを「ほかの人で私が今やっているような炎上系ユーチューバーをやっていて、このやり方だったら僕でもできそうだというのと、(生活に)刺激が欲しかったという気持ちも少しありました」と話す。

やりがいを感じる瞬間は「再生数が多い動画を出せた時や、収益をたくさんもらえた時。あとはこんな不謹慎な内容でもファンの方がいらっしゃるので、ファンの方と交流、コミュニケーションをとれた時」だといい、ファンの属性は「若い男性が多いんじゃないかと思います。10代後半から20代前半の学生」と分析する。

自身への批判については「自分に実害とかがなければほとんど気にしないですね。例えば住所を特定されて自宅に押し掛けてくるとか、ユーチューブのチャンネルが消されるとか」「全然伸びていない最初の時期は、自分に結果が出てないし、辛辣なコメントもあるしで、結構気にはしていたんですけど、最近は自分的には満足した結果が出ているのでとくには気にしない」と語る。

今後について尋ねると、「このスタイルでいくとかいかないとか、未来に対して大きな目標はない。その時々で臨機応変に対応していきたい。直近だとユーチューブだけで生活できるくらいにはなりたいかなっていうを目標でそれ以上は考えていない」と答えた。

やりがいは「反響があることと、それが収益として返ってくることですね。テレビの芸能人になる気分ですね。何がバズって(話題になって)ユーチューブドリームを掴むかわからないとこですかね」と明かす。

これまで最も再生された動画は、新型コロナウイルスで4月に急逝した女優の岡江久美子さんの息子を名乗った動画(現在は自身の判断で非公開)で、43万回再生を記録したという。罪悪感は覚えたものの、今後も不謹慎系動画を投稿していくとする。

引用:勝手に犯人や故人の関係者を自称 不謹慎系ユーチューバー続出の訳

不謹慎系YouTuberまとめ!ユーチューバーが故人の息子・妹を名乗って炎上!

動画を見てみましたが、基本的には話題になった有名人や事件をネタにして再生数を稼いでいます。

 

そして、本当に裁判沙汰になっているのもあり、上記の動画はいずれ削除されると思います…

 

果たして、不謹慎系YouTuberはどこまで増え続けてしまうのか、今いいが今後のことを考えて辞めてもらいたいです…

スポンサーリンク