秋葉原にフッ化水素酸がこぼれてテロかと話題になりました。

 

そんな、秋葉原にフッ化水素酸がこぼれていた原因は?

また、このフッ化水素酸の事件で蘇る歯医者の事件とは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、フッ化水素酸の事件について、

  • 秋葉原にフッ化水素酸がこぼれていた理由や場所は?
  • フッ化水素酸の事件で思い出される歯医者の事件とは?

気になりましたので、調べて調査したいと思います。

スポンサーリンク

フッ化水素酸が秋葉原にこぼれた場所やテロが嘘!歯医者の事件が蘇る?

秋葉原にフッ化水素酸がこぼれていた理由?

フッ化水素酸は化学メーカーが管理したものが積み荷作業中に誤って路上の落としてしまったのが原因でした。

 万世橋署によると、容器は近くの化学メーカーが管理するもので、この日の朝、配送用のワゴン車を路上に停車させて積み荷作業をした。車には別の工場から運んできたフッ化水素酸の容器が既に積まれていたといい、作業中に誤って路上に落ちたとみられる。

同署は、別の車両が通過した際に容器を踏んで液体が漏れた可能性があるとみて経緯を調べている。現場はJR秋葉原駅の南約300メートルのオフィスビルやマンションが建ち並ぶ地域。

引用:猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

かなり危険なものなのに、路上に落ちてこぼれてそのまま放置されたとなると、ゾッとしますし、運搬した方々の責任は重そうですね…

秋葉原にフッ化水素酸がこぼれた場所はどこ?

秋葉原にフッ化水素酸がこぼれた場所は「東京都千代田区神田須田町2丁目1」となっています。

フッ化水素酸 秋葉原
(画像引用元:https://www.trip-child.com

現場の画像で「神谷氷室」の近くで起きたことが分かり、間違いないと思います。

スポンサーリンク

フッ化水素酸が危険な理由

フッ化水素酸は人体に一滴つくとそのまま侵食し骨まで溶けて激痛で壊死し、ほとんどの物質に溶けないガラスですら溶かすほどです。

 

ちなみに、フッ化水素酸はガラスは溶かすので、溶けないポリエチレンなどの容器を使うようです。

フッ化水素酸の事件で思い出される歯医者の事件とは?

そんなフッ化水素酸の事件ですが、かつて間違ってフッ化水素酸を3歳の女児の歯に塗布して死亡させた事件が思い出されて話題になりました。

1982年4月20日午後3時50分頃、八王子市内の歯科医院で、同院の院長である歯科医師(当時69歳)がう蝕予防用のフッ化ナトリウムのラベルがある合成樹脂製小瓶の液体を脱脂綿にしみこませ、市内に住む3歳の女児の歯に塗布したところ、辛いと訴えた(フッ化ナトリウムは本来無味である)。

女児の母親と同院の助手の女性が女児の体を押さえつけ、さらに液体を塗布したが、女児は診察台から転がり落ちて苦しがり、口からは白煙が上がった。

救急車で近所の医院に搬送され、症状が重篤であるため東京医科大学八王子医療センターに転送されたが、同日午後6時3分頃、急性薬物中毒のため死亡した。翌日、女児の通夜の席で、歯科医師は脳血栓の発作を起こし倒れた。

この液体は、歯科材料商社から大瓶で購入し、歯科医師が当日小瓶に移し替えて使用した。事故後、歯科医師の妻(当時59歳)は、この液体を中身ごと自宅の焼却炉で処分した。

その後の調べで、同年3月19日に歯科医師の妻が市内の歯科材料業者に、フッ化ナトリウムのつもりで「フッ素」と注文し、業者はこれを歯科技工用のフッ化水素酸と解釈し、同院に配達した。その際、毒物及び劇物取締法に基づき、受領書に捺印を求めた。これは、普通物であるフッ化ナトリウムでは不要のものである。この瓶と従来使用していたフッ化ナトリウムの瓶の意匠が異なることについて、歯科医師は「前年暮から新たに取引を始めた業者であり、別のメーカーの製品ではないか」と思いこみ、品名を確認していなかった。

歯科医師は刑事責任を問われた。1983年2月24日、東京地方裁判所八王子支部で業務上過失致死罪により禁錮1年6月執行猶予4年の有罪判決を受け、この一審判決が確定した。

引用:八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故

今なら絶対にありえないですが、女児に押さえつけてさらにフッ化水素酸を塗布したとはかなり怖いですね…

 

しかも、その後に歯科医師の妻が焼却炉に処分してもみ消そうとしたのが罪深いです…

フッ化水素酸が秋葉原にこぼれた場所やテロが嘘!歯医者の事件がやばすぎる!

フッ化水素酸はどうやら積荷作業中にこぼしてしまったようですが、それならすぐに連絡してもらいたかったです…

 

そして、このフッ化水素酸事件から思い出された歯医者の事件ですが、女児を押さえつけてフッ化水素酸塗布とは恐ろしいですね…

 

みなさんも、フッ化水素酸には気をつけましょう…

スポンサーリンク