藤井美穂さんがおデブ短大生でしたが、アメリカでプライスモデルとして活躍していると話題になっているようです。

 

そんな、藤井美穂さんがプライスモデルとして活躍した経緯は?

また、そもそもなぜ藤井美穂さんは太ってしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、藤井美穂さんについて、

  • 藤井美穂がプライスモデルで活躍した経緯!
  • 藤井美穂が太った理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

藤井美穂のプライスモデルとは?太った経緯は?アメリカで活躍した理由!

藤井美穂がプライスモデルで活躍した経緯!

藤井美穂さんが女優として活動していた際に、アメリカで「脚がきれいだね」と言われたことがきっかけで、リアルな体型のモデル「プライスモデル」として活躍をしました。

 

プライスモデルとはリアルな体型のモデルのことで、アメリカでは一般女性の平均サイズであるLL~3Lサイズのモデルたちのことを指します。

 

そして、藤井美穂さんが日本では太っていた体型は、アメリカでは一般女性の平均サイズだったのです。

そのため、藤井美穂さんはアメリカで「脚がきれいだね」と言われたことがきっかけで、ピッタリとして服を着るようになり、プライスモデルとして活躍していったのです。

こうして活動を続けるうちに、藤井さんの中で一つの転機が訪れる。それは周囲の友人たちからの言葉がきっかけだった。「ずっと体形にコンプレックスがったので、日本では体を隠すようなゆったりとしたサイズの服ばかり着ていました。しかし、こちらでは脚がきれいだねと言われたり、もっとぴったりとした服のほうが似合うと言われたり、体形を冷やかす人は誰もいなかった。試しにレギンスをはいてみると、アメリカンでセクシーな自分が鏡の前にいたんです。あんなに嫌いだった自分の脚が好きになるとは、世界がひっくり返ったようでした」

体形に自信が持てるようになったとき、舞い込んできたのがプラスサイズモデルとしての仕事だ。友人から紹介され、YouTubeのプラスサイズモデルが登場する番組に出たところ、反響を呼んだ。「アジア人のプラスサイズは珍しく、注目されたんだと思います。そこからインスタグラムのフォロワー数も増え、ショーに呼ばれるなど、モデルとしての仕事が広がっていきました。自信が持てなかった体形がこんなに評価されるとは思いもよりませんでした」

引用:163cm80kg、モデルとして米国で活躍 藤井美穂

このように、藤井美穂さんの体型はアメリカでは標準であることから、一般女性の平均サイズのモデル「プライスモデル」として活躍していったのです。

藤井美穂が太った理由は?

藤井美穂さんが太った理由は、私立の女子校のいじめにあったことから不登校になり、暴飲暴食により太ってしまったのでした。

 藤井さんが体形を気にするようになったのは中学生の頃。私立の女子校に進学したものの、雰囲気になじめず、いじめにも遭い不登校に陥った。そのときのストレスで20kg近く増量。「自分の体形、特に脚が好きではなかった」という。

引用:163cm80kg、モデルとして米国で活躍 藤井美穂

外見が目立っていたわけではなかったのですが、私が所属していたバレーボール部の女子が、私が6か月前に言った「何か」で泣き出して、バレーボール部の全員を敵に回してしまったり、他の部の女子からも意地悪をされたりと、ふんだりけったりな毎日でした。

そして、ついに我慢の限界がきて不登校に。どうしても学校に行く気が起きず、実際にはそこまで病んでいたわけではなかったのですが、心療内科に行ってドクターストップをかけてもらい、学校側に公式に不登校を認めてもらいました。

その間の暴飲暴食により、細かった体が20キロ近く増量。

引用:日本ではデブと呼ばれ、負け組の人生だった

 

しかも、太ったことで藤井美穂さんは、家族からは罵られ、大学時代は「デブやブス」とイジりなんだと言って傷つけていたのでした。

家族からはデブだと罵られ、特に父親からは、「お前が太っているのは、お前の人生がだらしなく計画性がないからだ。忍耐のないどうしようもない人間だ」と言われ、殴る蹴るの喧嘩もしょっちゅうでした。ただ、父はそこまで体の大きい人ではなかったので、体重が増えて体が大きくなった私との取っ組み合いは、まるで相撲の取り組みのようでした。

引用:日本ではデブと呼ばれ、負け組の人生だった

「周囲の女の子はかわいくて細い子ばかりだったので、私は面白い人でいようとしました。大学の同級生はデブやブスなどと失礼なことを面白半分に言ってくる。『これはいじめではなく、イジリなんだ』と考えていたのですが、やはり受け止めきることができなくて。容姿を笑いものにされることが耐えられなかったんです」

引用:163cm80kg、モデルとして米国で活躍 藤井美穂

 

このように藤井美穂さんはいじめからの不登校の影響で暴飲暴食で太り、家族には罵られ、大学ではイジりだと酷いことを言われていたのでした。

スポンサーリンク

藤井美穂がアメリカに飛び出した経緯

藤井美穂さんは日本では無理だと感じ、海外ならば自分でも何かしらの可能性があると飛び出したのでした。

 そこで藤井さんの頭をよぎったのが海外に飛び出すことだった。「もともとハリウッド映画が好きだったので海外なら私にも輝く道があるかもしれないと思うようになりました。英語は中学生レベルでしたが、思い切って飛び出すことにしたんです」

ロサンゼルスに拠点を定め、まずは語学学校で英語を学んだ。「アメリカ人が話すような英語を身に付けなければ演技をすることは難しい。語学学校で学ぶだけでは物足りなかったので、積極的に現地に友人を作りました。彼氏ができたことが英語上達の近道になりました」

1年で不自由なく英語を話せるまでに上達し、その後演劇学校に。しかし、「舞台の上では自分の英語は微妙に不自然。そのせいで演技指導もしてもらえない状況に気づきました」。その後、滑舌矯正のクラスに通い、不自然さのない英語が話せるように鍛えていった。そして演劇学校を卒業してから、女優としての活動をスタートさせたが、なかなか軌道には乗らなかった。

そんな中、藤井さんが見出したのがコメディーショーへ出演することだ。時に女を捨てることさえ求められる日本の芸人と違って米国のコメディーは女優と近い存在。コメディーを経て映画に出演する人も少なくない。「もともと関西人なのでコメディを演じることは好き。米国のコメディーに出会ってこれだ! と自分の場所を見つけられたような気がしました」。様々なショーに出演し、演技力を磨いていった。「コメディーショーはお客さんが笑ってくれるかどうかですぐに結果が分かる場所。厳しい場所でしたが、鍛えられました」

引用:163cm80kg、モデルとして米国で活躍 藤井美穂

藤井美穂さんはアメリカでの演技ができる英語の上達にかなり鍛え、女優として活動をしていきました。

 

そして、日本とは違って女優と近い存在のアメリカのコメディーに活路を見出し、鍛えられて女優への道を切り開いたのです。

 

そこから女優だけでなく、プライスモデルとして活躍していったのでした。

スポンサーリンク

藤井美穂 プロフィール

藤井美穂 モデル
(画像引用元:https://cdn-doors.nikkei.com

出身地     三重県鈴鹿市
職業      女優、プライスモデル

藤井美穂のプライスモデルで活躍!太った経緯はいじめからアメリカで大逆転!

藤井美穂さんはいじめから不登校になり、暴飲暴食で太ったせいで家族には罵られ、大学ではイジりというなの心無い言葉で傷つけられていました。

 

しかし、めげずに海外に飛び出し、女優からは今ではプライスモデルとして、自分の体型に自信を持つことが出来たのです。

 

確かに藤井美穂さんの画像を見れば、自身に満ち溢れた姿で内面から美さが出ています。

 

みなさんも、もし太って悪口を言われても、めげずに自分の居場所・ステージを見つけて諦めずに、藤井美穂さんのように夢に向かってください。

 

せばな~