東海道で3車線を一気にフェラーリが車線変更し、別のフェラーリが大破して話題になっています。

 

そんな加害・被害フェラーリの車種はどんなので、場所はどこで起きたのでしょうか?

 

ということで今回は、車線変更フェラーリ大破の事件について、

  • 車線変更フェラーリ大破事件の内容!動画は?
  • 加害・被害フェラーリの車種は?場所はどこ?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

車線変更フェラーリ大破の動画!車種や東北道の犯行場所はどこ?

2019年1月2日に東北道下り線で3車線を一気にフェラーリが車線変更し、別のフェラーリが大破した事件が起きました。

 急な進路変更などで他車の走行を妨げ、事故を誘発したのに通報しなかったなどとして、埼玉県警は1日、道路交通法(安全運転義務)違反などの疑いで、さいたま市緑区の会社役員の男(41)を逮捕し、発表した。「事故があったことに気付かなかった」と容疑を一部否認しているという。

高速隊によると男は1月2日朝、蓮田市内の東北道下り線で高級車フェラーリを運転。3車線の右端から左端に急に車線変更して、左端の車線を走っていた別のフェラーリの走行を妨害し、中央分離帯に衝突させる事故を引き起こしたが、事故の報告をせず走り去るなどした疑いがある。別のフェラーリの運転手男性(38)にけがはなかったが、車は大破したという。

引用:フェラーリ、急に車線変更→別のフェラーリ大破 東北道

動画を見ると加害者のフェラーリは一気に直線で2車線変更しており、被害者のフェラーリは避けようとバランスを崩して大破にいたったようです。

車線変更フェラーリ大破の車種は?

フェラーリ大破は「フェラーリ360モデナ」

大破したフェラーリは「フェラーリ360モデナ」とのことです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 360modena (@930tubo360modena) on

販売期間は1999~2005年で、最終モデルの日本での価格は1,758-2,026万円とのことです。

 

ちなみに、3.6Lエンジンを搭載することから「360」の名称が付いています。

車線変更したフェラーリは「フェラーリF50」

車線変更して事故を誘発したフェラーリは「フェラーリF50」とのことで、イタリアの自動車メーカーフェラーリが創設50周年を記念して製作したスポーツカーです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by T. K (@bananataku) on

販売期間は1995~1998年で、当時の新車価格は日本円で5,000万円だしたが、現在の中古車相場は2~3億円とのことです。

車線変更フェラーリ大破の場所はどこ?

事故が起こった場所、東北道下りの蓮田サービスエリア付近の地図は以下となっています。

スポンサーリンク

車線変更フェラーリ大破の反応

車線変更フェラーリ大破の動画!車種や東北道の犯行場所!

車線変更フェラーリ大破の動画を見ましたが、ノンストップで意気揚々と車線変更して事故を誘発していました。

 

フェラーリだからといってはではないですが、早く走りたいのも分かりますがもう少し周りを見て車線変更してもらいたいですね。

 

せめてフェラーリという高級車を乗っているならば、走りで自慢するのではなく、余裕を持った心持ちで自慢してもらいたいです…

 

せばな~

スポンサーリンク