東京都内で「エステティックサロンさくら」2店舗を経営する株式会社ベルフェム(代表取締役・佐々木徹)が超絶ブラックということで話題になっているようです。

 

そんな「エステティックサロンさくら」のブラック過ぎる理由とは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、エステティックサロンさくらがブラックな理由をまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

エステティックサロンさくらがブラックな理由!会長・佐々木徹がヤバい?

東京都内で「エステティックサロンさくら」2店舗を経営する株式会社ベルフェム(代表取締役・佐々木徹)を相手取り、未払いの残業代支払いを求めて元従業員が訴えました。

 

同社に対しては、2016年12月に品川労基署が労基法37条(残業代未払い)に違反しているとして、是正勧告を出しており、2017年8月にも渋谷労基署も同法の休憩時間未取得などで是正勧告を出していました。

 

しかし、それでも改善が見られないため、元従業員らは未払いの残業代支払いを求めて東京地裁に提訴し、2017年11月20日に厚生労働省記者クラブで記者会見して明らかにしました。

エステティックサロンさくらの会長・佐々木徹の発言が大問題!

そんな訴えられた「エステティックサロンさくら」の会長・佐々木徹は、この訴えに関してパワハラともとらえられる発言をしており、大問題となっています。

「会社の法律は俺だと思ってるから」と訳の分からない発言をしており、典型的な俺様主義の経営者で日本の法律を守っていなかったのです。

 

そんな佐々木徹が会社「株式会社ベルフェム」は1984年に設立されており、エステ業界で30年以上も経営してきたところです。

 

30年以上も経営とは、競争が激しいエステ業界の中で維持したのは凄いですが、こういった従業員と下のものにしわ寄せをしていただけのようでした。

エステティックサロンさくらがブラックな理由

長時間労働で休憩・休み無し

仕事はおおよそ朝9時半~夜21時半ごろまでと約12時間も長時間労働を強いられていました。

 

また、法律で1日の労働時間が8時間を超える場合は1時間以上の休憩が必要なのですが、忙しくて休憩を1日1時間も取ることもできなかったのです。

 

会社側では昼の1時間休憩のほか、夕方に30分の休憩時間があると主張をしていますが、従業員は夕方30分の休憩時間など取ったことはなく、その存在すら知りませんでした。

 

さらに有給はあってもほとんど使うことができなくて、毎月公休日にあわせて有給が勝手に使われ、風邪を引いて休むと欠勤扱いにされていたのです。

未払い賃金と不当な給料

長時間労働と、早出、休憩労働、残業をしているのに時間外労働手当が全く支払われいませんでした。

 

そもそも会社は労働時間管理をしておらず、残業時間をカウントしておらず毎月の労働時間を集計していなかったのです。

 

さらに有給は勝手に使われたので、休むと欠勤扱いで給料からどんどん引かれており、酷い時は3万円以上も引かれたこともあります。

 

そのため、裁判を起こした元従業員のエステシャン7人の被害額は1600万円とのことです。

求人詐欺

求人では「11:00~20:00 ※実働8時間」となっていましたが、実際には9時半~夜21時半ごろまでと約12時間も長時間労働と嘘の記述が書かれていたのです。

 

それだけでなく、求人では給与は「月給23万円」で研修中は「月給17万円」とされていますが、基本給15万円は職務給4万円で19万円、研修中は2万円で17万円ですが、職務給に残業代が含まれていたのです。

 

この「固定残業代」制度は、ブラック企業による「求人詐欺」の典型的な手口らしく、エステティックサロンさくらは求人詐欺のしていたようです。

エステティックサロンさくら
(画像引用元:http://esthe-union.sakura.ne.jp

実際にエステティックサロンさくらには上記のように嘘の記述をしていたことがハッキリわかります。

スポンサーリンク

エステティックサロンさくらの不誠実な対応に抗議活動・宣伝!

ブラック過ぎるエステティックサロンさくらですが、この抗議や労働基準監督署からの指導に従わないなどの不誠実な対応をしていました。

 

そのため、目黒にある本社及びサロン周辺で会社の違法行為や不誠実な対応をまとめたチラシを配布したりと、宣伝活動を始めるまで発展したのです。

エステティックサロンさくら ブラック
(画像引用元:http://esthe-union.sakura.ne.jp

エステティックサロンさくら ブラック
(画像引用元:http://esthe-union.sakura.ne.jp

 

しかし、それでも会長・佐々木徹の俺様発言と問題発言をしており、そういった経緯もあり、東京地裁に提訴し、記者会見まで開く事態となったのです。

エステティックサロンさくらがブラックでヤバい!会長佐々木徹は問題発言で裁判?

エステティックサロンさくらのブラック過ぎるところを調べてみましたが、これは典型的なブラック過ぎる会社でヤバいと感じました。

 

それだけでは飽き足らず、会長の佐々木徹は「会社の法律は俺」と訳の分からない言葉を発しており、しっかり会社の法律ではなく、日本の法律で裁いて貰いたいです。

 

また、今回のまとめた内容を詳しく知りたい場合は以下のブログを参照してください。

「エステティックサロンさくら」との交渉報告⑤会社の不誠実な回答に交渉決裂、争議を継続しています!

 

今後はエステティックサロンさくらと元従業員らの裁判が行われますが、しっかり日本の裁判で裁かれて、不当な扱いをした報いを受けてください。