土田あすかさんの手作り目薬のブログ記事で「塩化ナトリウム抜きの塩」と説明して、「塩は塩化ナトリウムで作られているのに何なんだ?」と話題になっています。

 

そんな、塩の塩化ナトリウムを抜いた塩を錬金術させる元ネタ記事とは?

また、塩化ナトリウムと塩化カリウムとの違いは?

 

ということで今回は、手作り目薬について、

  • 手作り目薬の「塩化ナトリウム抜きの塩」の元ネタ記事は?
  • 塩化カリウムと勘違い?塩化ナトリウムと塩化カリウムの違いは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

塩化ナトリウム抜き手作り目薬の土田あすか元ネタ!塩化カリウムと違い・危険な理由!

手作り目薬の「塩化ナトリウム抜きの塩」の元ネタ記事は?

手作り目薬の「塩化ナトリウム抜きの塩」の元ネタ記事は以下となっています。

自宅にあるものだけで簡単!!手作り目薬を作りました☆※アーカイブ

・容器(煮沸して除菌したもの)
・お水(水道水は絶対NG!)
・塩
これだけ!!

ただ、注意点があって
☆水道水は塩素が入って
いるので必ずミネラルウォーター
や浄水した水、ウォーターサーバー
の水を使用すること!

塩は塩化ナトリウムの
入っていないものを選ぶ。
(スーパーなどで売っている
ものはほとんど塩化ナトリウム
が入っているので注意!)

手作り目薬 元ネタ

引用:自宅にあるものだけで簡単!!手作り目薬を作りました☆

確かに本当に「塩は塩化ナトリウムの入っていないものを選ぶ」と書いており、本来の塩はどこにいったのでしょうか…

塩化ナトリウムと塩化カリウムを勘違いした?

「塩化ナトリウムがない塩」と話題ですが、これは減塩に使われて同じ塩味の「塩化カリウム」と勘違いしたと推測されています。

 

塩は塩化ナトリウムを指しますが、塩化カリウムは同じ塩味で、減塩として塩化ナトリウムの中に入れられて活用されています。

 

そのため、「塩化ナトリウム抜きの塩」というのは、塩化カリウムが多く含まれた減塩のことを言っているのかもしれません…

 

ただ塩は塩化ナトリウムなので、間違っています。

スポンサーリンク

塩化ナトリウムと塩化カリウムの違いは?

塩化ナトリウムと塩化カリウムは同じ塩味ですが、塩化カリウムは減塩に使われ摂取しすぎると心臓に負担がかかったり、腎臓病の方や食事治療中の方には医者に相談しなければなりません。

塩でない塩

「減塩」が叫ばれる昨今、近頃はナトリウム(Na)を意図的に減らした「塩」が市場に幾種か出回っています。これらの「単なる調味料」としての「塩」は「食塩」の味覚を残しながら塩化カリウム(KCl)を混合して塩化ナトリウム(NaCl)の比率を少なくしようとしたもので、メーカーによっては硫酸マグネシウム(MgSO4)や炭酸マグネシウム(MgCO3)なども加えて意図的に「調整」しています。
そのために、ナトリウム(Na)を減らした分カリウム(K)を増やした低ナトリウム塩は、「腎臓病の方や食事治療中の方は、医師にご相談の上、ご使用ください。」と使用上の注意喚起がなされています。

引用:誤解していませんか、塩のこと

そのため、塩化カリウムは同じ塩味ですが、減塩に使われ、摂取しすぎると心臓にダメージを与えて危険という違いがあります。

手作り目薬は危険

手作り目薬は塩化カリウム関係なく、細菌だらけなので危険です。

眼科の専門の人が言っているので、ちゃんと雑菌処理されていない手作り目薬よりも、市販のものを買ったほうがリスクはないですね…

塩化ナトリウム抜き手作り目薬の土田あすか元ネタ記事!塩化カリウムと違いは危険?

「塩化ナトリウム抜き塩」の手作り目薬が話題になりましたが、塩を塩化カリウムと勘違いしていたと思われます。

 

確かに味は同じで減塩効果があって良さげに見えますが、塩化ナトリウムと違って塩化カリウムは摂取しすぎると心臓に負担をかけるので危険のようです。

 

そのため、手作り目薬は分かりませんが、減塩に囚われすぎて摂取しすぎると逆に不健康になるので程々にしたほうが良さそうですね。

 

そして、「塩化ナトリウム抜き塩」の目薬はないので、もう少し調べてから発信しましょう!

 

せばな~

スポンサーリンク