「めちゃ×2イケてるッ!」でレギュラー出演していた三中元克さんののお笑いコンビ「dボタン」が、今月末で解散することが分かりました。

 

そんなdボタンが解散に至った理由は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、dボタンが解散に至った理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

dボタン解散理由は三中が原因?臼杵はピンでウクレレ芸人と活躍中!

dボタンは2015年末に三中元克さんの同級生である元L.A.F.U.のメンバーだった臼杵寛さんとコンビ「ワンハンドレッド」として結成したのが始まりです。

 

それからめちゃイケに隠れてオーデションではナイナイを意識したネタが酷評されてから二人のラッキーナンバーであるを由来として「サンプライズ」に改名します。

 

しかし、三中がプロの芸人になることが問題視視され、2016年2月に「めちゃイケ」内にて再オーディションを生放送で行いましたが、三中元克さんは不合格で降板となります。

 

三中元克さんはめちゃイケ降板となりましたが、これがきっかけで加藤浩次さんや出川哲朗さんの助言もあり、コンビ名を正式に「dボタン」に改名します。

 

ところが、2018年1月4日に相方の臼杵寛が自身のツイッターで同年1月末でコンビを解散することを発表しました。

【解散御報告】 この度、dボタンは解散をする事になりました。 二人でたくさん話をしました。 どうにか続けていけないかも考えながら、ずっと試行錯誤をしてきましたが… 方向性の違いと言う どうする事も出来ない壁にぶち当たり、解散と言う道を選んでしまいました。 僕は相方のかんには、本当に感謝をしております。 こんな自分とコンビを組んでくれて、2年間も一緒に頑張ってくれて… 昔の写真を色々と観ていると、込み上げてくる気持ちを抑えれず 一緒に売れる事が出来なかったのが悔しくてなりませんでした。 僕達は、これからも芸人として頑張っていきます。 そして これから僕は 【dボタン三中】として活動を続けて行くので応援して頂けると嬉しく思います。 今後の活動は、このインスタグラム等を通じて色々と発表をして行く予定なので 宜しくお願い致します。 最後に 今まで僕達に関わってくれた お客様 よしもとのスタッフの方々 一緒に仕事をして下さった芸人の先輩・同期・後輩の皆様 そして めちゃイケスタッフ めちゃイケメンバーの皆様 相方のかん… 本当に、ありがとうございました!! 1月の最後まで dボタンとして全力で駆け抜けていきますので、最後まで宜しくお願い致します。 #dボタン #三ちゃん #臼杵寛 #解散 #めちゃイケ

A post shared by 三中元克 (@sannakamotokatsu) on

三中元克がクズすぎて解散?

三中元克さんはめちゃイケでは、素人がウリなのに、無断でオーデションを受けてプロ芸人になったりと身勝手でクズと言われています。

 

また、靴紐をADに結ばせてもらい、お礼も言えないとAD扱いして横柄な態度を取っていたため、恩人である岡村隆史さんに「三中元克には悪い部分がある」と苦言を呈されるほどでした。

 

さらにプロレス企画では逃亡したり、その後も礼を欠いた行動に、加藤浩次さん、濱口優さん、めちゃイケ女性メンバーにも嫌われています。

 

極めつけは、現在も主婦はまだ三中をめちゃイケメンバーだと思っていることを利用し、“恩人”である岡村隆史の名前を勝手に使っているのです。

 

そんな自覚のないクズっぷりの三中元克さんに、相方の臼井寛さんも見切りをつけ、解散したのかもしれませんね。

三中元克は劇団、臼井寛はウクレレで個人で活動していた

実は最近は三中元克さんは劇団で、臼井寛さんはウクレレでソロ営業と個人で活動をしていました。

 

三中元克さんは2017年2月14日には劇団「三ランポリン4アター」を旗揚げし、2018年2月には第一弾公演を予定しています。

 

そのため、三中元克さんは練習で忙しいためか、臼井寛さんはウクレレを弾きながらソロで営業していました。

 

そのため、三中元克さんが劇団を立ち上げてしまったため、臼井寛さんとコンビで活動が少なくなり、コンビとして距離が出来て解散となったのかもしれませんね。

 

実際に臼井寛さんの解散発言後のツイッターでは支えられメンバーに三中元克さんがいなかったりしています。

やはり、コンビ間での距離が出来てしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

dボタン解散後は?

臼井寛のdボタン解散後は?

臼井寛さんはウクレレでソロ営業をした経験を活かし、今後はピンでウクレレ芸人になるようです。

 

また解散後にナレーションとラジオのレギュラーが決まり、アイドルグループ「アンフィニ」では今年一発目CDリリースが決まったりと好調のようです。

 

もともと、臼杵寛さんは“歌って踊れるイケメン芸人”ユニットの「L.A.F.U.」で活動していた実績があり、イケメンだけでないポテンシャルを持っています。

 

だからこそ、ウクレレをやったり、ナレーションとラジオのレギュラーが決まったりと多芸多才で今後も活躍が期待されています。

三中元克のdボタン解散後は?

三中元克さんは2017年2月に旗揚げした劇団「三ランポリン4アター」の公演を控えています。

 

また、2017年6月には鈴木おさむが経営する「ちゃんこ屋鈴木ちゃん」でアルバイトをしている事が判明しています。

 

そんな三中元克さんはめちゃイケでの問題行動をとっため、クズのマイナスイメージが強いです。

 

極めつけはお笑い芸人では「つまらない」と言われており、ロク-1で披露した「ケチャップ一気食い」は「つまらない」と酷評されています。

そのため、現状の評価は明らかに臼井寛さんのほうが高く、将来の活躍が期待されているようです。

 

後は、頼みの綱である旗揚げした劇団「三ランポリン4アター」が成功しなければ、本当にナレーションとラジオのレギュラーが決まっていたりしている臼井寛さんと格差が出てしまいます。

dボタン解散理由は三中クズと劇団旗揚げか?臼杵はピンでウクレレ芸人で活躍!

dボタンですが、三中元克さんがクズ的なところもありますが、それより三中元克さんが劇団を旗揚げしたことにより、コンビでの活動が少なくなったことが決定的かと思います。

 

しかし、臼井寛さんはもともとポテンシャルが高く、解散してすぐにナレーションとラジオのレギュラー決まり、ウクレレ芸人として活躍しそうですね。

 

対する三中元克さんは元めちゃイケメンバーという肩書だけで、本当に旗揚げした劇団で成功しないと後が無くなりそうですね。

 

今後はdボタンが解散して別の道を歩むこととなりますが、2人が成功。活躍することを祈っています。

 

せばな~