2018年3月16日放送の「超問クイズ!」にて、気になる花がありました!

 

「ダースベイダーそっくりの花?」

 

いったい、どれくらいダースベイダーの花に似ていて、日本でも見れる場所はあるのでしょうか?

 

ということで今回は、ダースベイダーの花について、

  • ダースベイダーの花はどれくらいダースベイダーにそっくり?
  • ダースベイダーの花を見れる場所・開花する時期は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ダースベイダーそっくりの花?見れる場所は?開花時期は?

ダースベイダーにそっくりと言われている花は、「アリストロキア・サルバドレンシス」という、食虫植物です。

ダースベイダー 花
(画像引用元:https://www.kagiken.co.jp

原産地     エルサルバドルなどの中央アメリカ
環境      熱帯雨林
生活型     常緑小低木
樹高      3~5m
葉の付き方   互生
葉縁      波打つ
繁殖      挿し木

 

アリストロキア・サルバドレンシスに含まれるアリストロキア酸には、腎毒性、発がん性があると、結構危険な液体を持っているようです。

 

そんな、アリストロキア・サルバドレンシスがどれくらいダースベイダーに似てるか、実際に比べてみると、

ダースベイダー 花
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com,https://www.kagiken.co.jp

確かに頭に被っているものから、特徴的な目、口の形も酷似しており、ダースベイダーそっくりですね!

 

そして、アリストロキア・サルバドレンシスはアリストロキア酸と危険な液体を持っており、中身まで悪役のダースベイダーそっくりです!

ダースベイダーを見れる場所は?

ダースベイダーを日本で見れる場所は「京都府立植物園」の観覧温室で見ることが出来ます。

ダースベイダー 花 見れる場所
(画像引用元:https://www.rurubu.com

【場所】

〒606-0823 京都府京都市左京区下鴨半木町

 

【開園時間・状況】

開園時間:午前9時から午後5時まで(入園は午後4時まで)

観覧温室開室時間:午前10時から午後4時まで(入室は午後3時30分まで)

休園日:12月28日から1月4日まで

 

【入園料】

一般:400円(入園料と温室観覧料をセット)

小・中学生・70歳以上:入園料・温室観覧料が無料

年間パスポート:大人1000円  高校生750円

 

【お問い合わせ】

電話番号:075-701-0141
ファックス:075-701-0142

 

京都府立植物園の情報

 

スポンサーリンク

開花時期は?

「京都府立植物園」の観覧温室で見れるダースベイダーの花は、年間を通じて何回も咲きます

 

しかし、開花するサイクルは不定期ですので、見れない場合もあります。

 

ただ、ダースベイダーの花は沢山植えてありますので、見れるチャンスは大いにあると思います。

 

もし、絶対ダースベイダーの咲いた花を見たい場合は、「京都府立植物園」に問い合わせて見るのも良いかと思います。

ダースベイダーそっくりの花!見れる場所は京都府立植物園!咲く時期にGO!

ダースベイダーのそっくりの花は予想以上に特徴を捉えていて似ています。

 

また、日本でもダースベイダーそっくりの花を見る場所があり、「京都府立植物園」の観覧温室で見れます。

 

みなさんも、もしダースベイダー好きならば、ダースベイダーの花「アリストロキア・サルバドレンシス」をご覧に訪れて見てはいかがでしょうか?

 

せばな~