スマートデバイス向けの無料漫画・小説アプリである「comico」ですが、原稿料を値切ったりと暴露されて炎上しているようです。

 

そんな、comicoの炎上している数々の問題とは?

 

ということで今回は、comicoが炎上している数々の問題を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

comicoが炎上!編集・担当が作家にパワハラで打ち切り?

原稿料を払わずに値切る?

事件はcomicoでの作家さんが原稿料について暴露したことで起きました。

 

 

この作家の話が正しければ、何かしらの言い訳で原稿料は払っていなかったのです。

 

 

 

それどころか、新人作家募集ページでは「原稿料は1本5万円+インセンティブ」と書かれているが、原稿料1話3万に値切っていたのです。

 

また、何も契約をかわさなかったりとかなりズブズブな会社のようです。

 

そして、訴えると警告されても強気だった暴露した作家さんですが、アカウントが消えている事から何かしら処されたようです…

 

また、この暴露により、現在のcomicoのツイッターで批判されて炎上しているようです。

他の作家もcomicoのパワハラ告白

「陽だまりのありか」あさだ先生のケース

実は他にもcomicoで「陽だまりのありか」という作品を連載していた、あさだ先生もパワハラされていたことを告白しています。

 

どうやら作品は全て編集・担当に決められ、奴隷のように書かされただけで、いつのまにかあさだ先生の作品ではなくなっていたのです。

 

それでも、なんとかあさだ先生は描き切り、ファンの温かい声で回復していったのです。

スポンサーリンク

ノベル作家の七木先生のケース

ノベル作家の七木先生はもうcomicoとは関わりたくないと嘆くほどでした。

作品は当然のごとくcomicoのものとして全く使えず、休載も作家の意思はなく決定されています。

 

そして、作品だけでなく、作者コメントまで修正されるので、どこにも作家の要素が入っていないようです。

「ナルどマ」米と書いてめーとる先生のケース

「ナルどマ」という作品を描いていた米と書いてめーとる先生に対し数々の問題を起こし、限界を越えて連載終了・消息不明になったのです。

 

しかも、作者に無許可でアニメ化した上、出来は素人が作ったような酷いクオリティのアニメでひどい仕打ちを受けました。

 

そして、米と書いてめーとる先生のツイッターの最後には「しぬ」と言い残し、以降はツイッターやその他メディアには一切姿を現しておらず、作品の更新もなく、消息不明です…

comicoの炎上理由は作家パワハラで打ち切り?原稿料値切ったりとツイッターで実態を暴露!

comicoで作品を出していた作家さんが次々とツイッターで暴露しては消えたりしたことで炎上しているようです。

 

その実態は前々からあり、ついに爆発して炎上したようです。

 

これが本当か嘘かはcomicoは認めていないのでなんとも言えませんが、これだけ作家に言われているのは、かなり問題があるのは容易に感じます。

 

そのため、今後もはこのような作家による暴露が起きないように、comicoには作品・作家の為に体質改善等と頑張ってもらいたいです。

 

せばな~