宮迫博之さんとロンブー田村亮さんが暴露会見をしましたが、そこで入江さんが吉本を通したイベントにつくスポンサー「CARISERA」が反社会的勢力の詐欺グループで急展開を迎えました。

 

そんな、「CARISERA」とはどういった会社で、吉本も反社会的勢力のスポンサーを容認していたのでしょうか?

 

ということで今回は、「CARISERA」とはどういった会社で、吉本も反社会的勢力のスポンサーを容認した理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

CARISERAが吉本の反社会スポンサー?入江の闇営業仲介を受けた理由!

CARISERAは詐欺グループで吉本の反社会スポンサー?

「CARISERA」は宮迫博之さんらが闇営業した詐欺グループの会社で、吉本を通した入江イベントのスポンサーになっていたため、吉本が反社会的勢力を公認スポンサーにしたと問題になったようです。

CARISERA 吉本
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

実際に「CARISERA」は入江さんが吉本興業を通して開いたとみられるイベントに普通にスポンサーとして出ており、「フライデー」でも報道されています。

CARISERA 吉本スポンサー
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

CARISERA 吉本スポンサー
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

CARISERA 吉本スポンサー
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

CARISERAスポンサーの入江イベントサイト※魚拓

 

本誌はこの誕生会に出席した詐欺グループ元メンバーに接触した。この元メンバーは、グループが資金流用のために経営していたダミー会社を手伝っており、首謀者を含む幹部とも極めて親しかった人物だ。元メンバーはこう語った。

「首謀者の誕生会の直前、’14年の5月31日に、入江が主催する『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』というイベントがあったんですが、そのイベントに詐欺グループは協賛として参加した。もちろん、資金流用のために作った表向きの会社の名前ですけどね。で、そのイベントは新木場のライブスペースで開催されたんですが、会場に用意されたVIP席でグループの幹部連中と飲んでいたら、入江と一緒に『ロンブー』の田村亮が挨拶に来たんです。その席でも幹部たちは『詐欺で稼いでいる』とはっきり言い、亮もそれに頷いていました」

2014年に開催された入江のイベントのチラシ。下部にある「CARISERA」が、協賛した詐欺グループの会社名だ

引用:まだあった! 有名芸人たちが今度は「詐欺組織誕生会」で闇営業

 

入江さんが主催した「AH!YEAH!OH!YEAH!2014」は吉本興業を通したイベントです。

 

そして、この「AH!YEAH!OH!YEAH!2014」のスポンサーには詐欺グループが資金流用のために作ったダミー会社「CARISERA」がスポンサーになっていたのです。

 

つまり、吉本興業が入江さんのイベントに反社会的勢力「CARISERA」スポンサーを容認したと、吉本興業と反社会的勢力の繋がっている疑いが出ているのでした。

入江の闇営業仲介を宮迫・亮が受けた理由・真相は吉本興業反社スポンサーだから?

宮迫博之さんやロンブー田村亮さんが入江さんの闇営業を受けたのは、入江イベントで吉本を通したスポンサー「CARISERA」と、吉本がスポンサーだから信用して受けたとのことです。

 

宮迫博之さんは暴露会見にて、入江さんの詐欺グループ闇営業を受けた理由を、吉本を通したスポンサーだからと説明しました。

「(CARISERAは)僕のイベントのスポンサーについてくれている。僕がやる吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなのでそこは安心です

(ギャラが100万円や50万円と高額で、田村亮が「ギャラ大丈夫」と確認した際の入江の言葉)
吉本興業もそこ(反社組織)に自社のタレントを派遣し、そこから入ったスポンサー料でギャラを払っている。構造的には僕らが行ったパーティーと同じ」

 

つまり、吉本興業はやはり詐欺グループの反社会的勢力「CARISERA」を繋がっており。

 

だから、宮迫博之さんとロンブー田村亮さんは吉本興業もスポンサーとして認めてる会社だから、闇営業として受け、高額なギャラも貰ったとのことです。

 

そのため、宮迫博之さんらは吉本興業と繋がっていたと信用して受けたから仕方がない、吉本興業は反社会的勢力がスポンサーを隠したいから会見を開かなかったと推測されたのでした。

宮迫博之とロンブー田村亮が吉本の隠蔽・圧力を暴露!

宮迫博之さんとロンブー田村亮さんは吉本興業の岡本社長から圧力をかけられていたことを暴露し、謝罪会見から暴露会見となって話題になりました。

宮迫は経緯を説明。吉本から会見をストップする圧力をかけられ続け、2日前に突然吉本から引退会見か契約解除の2択を迫られたことを明かした。

宮迫は6月8日に宮迫と亮が反社会的勢力からの金銭受領を吉本に伝え、謝罪会見を開く希望を伝えたところ、吉本に止められ、その後も「会社としては静観」との判断が下されたという。

宮迫は受け入れてしまったことを謝罪しつつ、同24日になって謹慎処分を告げられた際、亮が事務所を辞めてでも謝罪会見をしたいと告げると、吉本興業の岡本昭彦社長が人払い。「『やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と、言われました。何も言えなくなりました」、吉本側からの圧力があったことを明かした。

以降、謝罪会見を開く機会を待ち、弁護士をつけたところ、突然2日前に書面で、宮迫と亮の「引退会見もしくは契約解除を選んで下さい」との通告があったとした。

一旦弁護士を解任したうえで、岡本社長との面会を申し入れたが、かなわず、吉本の弁護士から、引退会見を拒むなら契約解除の方針は揺るがないと告げられたとした。

引用:宮迫&亮 吉本から2日前に突然「引退か契約解除」…吉本から会見阻止の末に

 

宮迫博之さんとロンブー田村亮さんは早く謝罪会見をしたかったが、吉本興業の岡本社長からは拒否。

それどころか、「全員クビにする」という圧力をかけられたりと、吉本興業はかなり酷いことをしていたようです。

 

そんな、吉本興業の闇を暴露したということで、謝罪会見ではなく暴露会見となって話題になりました。

吉本興業のファミリー隠蔽を暴露!

吉本興業はファミリーで親だからと甘言を述べて隠蔽しようしたことを、田村亮さんが暴露しました。

 「会見がダメだということに関しては、正直僕は納得がいっていませんでした。僕はTwitterとかラジオでも嘘をついてしまって、(相方の)淳にも嘘をついて。でも僕の嘘に擁護してくれている人に対して辛くて。それで言おう、会社にどうしても言いたいとなった時に、(吉本興業側の)弁護士さんたちが止めている理由が全くわからなくて。

弁護士さんが言うには、『2人が弁護士をつけたことを上層部は悲しがっている』『ファミリーだ』と。けど、僕に言わせれば、本当にファミリーだとするならば、僕は子どもだと思っています。子どもが正しいこと、本当に悪いことを謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思います。それをやられて不信感が、不信感しかなくなってしまいました。止める理由が僕の中ではなく、背中を押してほしい、どういう風にしたら僕らがちゃんと謝れるかを手伝ってほしかっただけです。

本当のことを言うのがどんどん遅れて、しんどいことは伝えていました。会見したほうがいいというのはみんな同じですし、なのに止めるというのはあってはいけないことだと本当に思っていました。だから、弁護士さんを立てたことは正しいと思い、じゃないと動いてくれなかったのは事実です。ただ、引退会見という風になっていった経緯はどのような感情で吉本興業の方が言っているのかは想像もつかないんですけど。元は自分たちがついた嘘のせいだから色々なことを我慢してきましたが、もう僕は限界だったので、今回手作りですけども、いろいろな人に届くように謝らせてもらいたいと、会見を開かせていただきました」

 

ロンブー田村亮さんが吉本興業がファミリーだからと、なぜか会見を開かせてくれませんでした。

 

そのため、田村亮さんは「親が謝りたい子を止めるのはおかしい」と不信感が募り、最終的に吉本を通さずして暴露会見をしたのでした。

ロンブー田村亮が吉本は在京在阪5社だから大丈夫と暴露!

闇営業謝罪会見でロンブー田村亮さんが吉本が「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」と、吉本がテレビ局に株主として圧力をかけれると爆弾発言しました。

2日前に吉本から突然、引退会見か契約解除を選ぶよう通告され、会社主導の会見を求められたとした。亮はネット視聴なども可能にしてほしいと希望したが、吉本から「いやいや、そんなんこっちで決める」と言われたとした。また「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」とも言われたとした。

引用:田村亮 吉本の謎発言を暴露「在京在阪のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫や」

 

ロンブー田村亮さんはネット視聴にしてもらたいと希望したが、吉本からは拒否。

そして、在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だからどうとでもなると言われたのです。

 

つまり、吉本はネットだと工作ができないので、圧力がかけられる在京在阪5社のテレビ局でなんとか工作して抑えつけようとしていた疑惑があるのです。

CARISERAが吉本の詐欺反社会スポンサー?入江の闇営業仲介を宮迫・亮が受けたのは仕方がない?

「CARISERA」は詐欺グループのダミー会社であり、それを吉本が通した入江イベントのスポンサーになっていました。

 

そのため、CARISERAは吉本興業と繋がりがあると、吉本興業自体が反社会的勢力との繋がりが指摘されています。

 

そして、宮迫博之さんらが入江さんの闇営業を受けた・ギャラを受け取ったのは、吉本公認のスポンサーと信頼していたからでした。

 

もちろん宮迫博之さんらが闇営業をしたのも悪いですが、吉本興業もかなり繋がりが怪しくなって責任が重いような気がします。

 

果たして吉本興業自体が反社会的勢力との繋がりがあるのか、今後の吉本の説明に注目ですね。

 

せばな~

NSCお笑い合宿所とは地獄?内容は?誓約書が無責任?吉本ブラック伝説!

岡本昭彦社長がブリーフ姿で猫抱く動画!吉本社長がガキ使で山崎ビンタパワハラ!