2018年5月8日放送の「この差って何ですか?」で気にある差がありました!

 

「お坊さん・住職・和尚・僧侶の差は?」

 

お寺で働く人たちの呼び名なですが、お坊さん・住職・和尚・僧侶の違いや意味はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、お坊さん・住職・和尚・僧侶の呼び方や意味の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

お坊さん・住職・和尚・僧侶の意味や呼び方の違いは?

住職とは?

住職とは住持職を省略した呼び方で、お寺を守るための住み込んでいるお坊さんことを言います。

 

そして、住職は一つのお寺に一人のお坊さんことを指し、その寺の代表だけが「〇〇住職」と呼ばれます。

 

そのため、多数のお坊さんが働いている時はその寺の長だけを「〇〇住職」、他のお坊さんには使用しないのが普通です。

 

ちなみに、住職の次にその寺で偉い人、学校でいえば教頭のような存在は「副住職」とよばれています。

和尚とは?

和尚は先生や師匠という意味で使われ、人々に教えを説くお坊さんを言います。

お坊さん 住職 和尚 僧侶
(画像引用元:https://www.townnews.co.jp

 

そして、先生や師匠ということで自然と代表だったりと上の立場のため、「住職(寺の代表)=和尚」というのが一般の寺では使われているようです。

 

ちなみに和尚(おしょう)の読み方は浄土宗・禅宗系統で、宗によって違い、天台宗では「かしょう」、真言宗・法相宗では「わじょう」と読みます。

スポンサーリンク

僧侶とは?

僧侶とは仏教では、出家して修行した人の総称です。

お坊さん 住職 和尚 僧侶
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

そのため、迷った時は僧侶が総称なので一番無難そうですね。

 

ちなみに正確には僧侶ではなく、「僧」と呼ぶのが正しいとのこと。

お坊さんとは?

お坊さんとは僧を親しみ敬う言い方で、これも出家して修行した人の総称です。

 

そんなお坊さんと言われる理由は諸説色々あり、仏門に仕える僧が丸坊主にしていたことからという説。

 

「坊」は奈良時代・平安時代の都城制で整備された一区画のことで、「坊=寺」と指すようになって、寺(坊)に住む僧として「お坊さん」と言われるようになったとのことです。

お坊さん・住職・和尚・僧侶の意味の違いを知って使い分ける?

住職はその寺に一人だけで、お坊さんや僧侶は総称だったりと色々使い分けがあります。

 

まぁ、「住職=和尚」はその寺の代表と認識して、基本的には僧侶・お坊さんを使えば問題ないでしょう!

 

みなさんも、お坊さんの正しい呼び方を知って、失礼のないようにしましょうね!

ヨシコヨシコ

その寺の下のお坊さんに住職と言えば、寺の代表と気まずくなるから気をつけな!
せばな~