2018年9月28日放送の「今夜解禁!ザ・因縁」では、板東英二さんが草野仁さんに土下座謝罪をするようです。

 

そんな板東英二さんは草野仁さんとなぜ不仲になったのでしょうか?

 

ということで今回は、板東英二さんが草野仁さんと不仲になった理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

板東英二と草野仁が不仲で因縁!理由は世界ふしぎ発見での脱税不義理!

板東英二さんが草野仁さんに生まれた理由は「ふしぎ発見」で共演して懇意にしていたにも関わらず、脱税に関してちゃんと説明しない不義理をしたからです。

 

草野仁さんと板東英二さんは「ふしぎ発見」にて長いこと一緒に共演していました。

板東英二 草野仁
(画像引用元:https://storage.mantan-web.jp

 

そのため、優しい草野仁さんは所得隠しによる脱税による不祥事で「ふしぎ発見」で降板されそうな板東英二さんを、なんとか降板されないように取り合ってくれたのです。

 

そして、なんとか「出演見合わせ」で留まり、「ふしぎ発見」の番組側としては板東英二さんが会見でちゃんと事実関係を語ればと要望しました。

 

ところが、板東英二さんは番組側の要望を拒否し、せっかく草野仁さんが降板しないように尽力したにも関わらず、最終的にはふしぎ発見の降板が決まったのです。

 

それだけでなく、草野仁さんは不祥事で謹慎している板東英二さんに励ましの手紙を出したのですが、返信をしていなかったのです。

 

このように板東英二さんは草野仁さんに不義理を行い、草野仁さんは激怒して不仲・因縁を持つこととなったのでした。

板東英二の所得隠しの脱税とは?

板東英二さんは2013年に約5000万円の所得隠しによる脱税が発覚して干されます

板東英二 草野仁
(画像引用元:http://up.gc-img.net

 

所得隠しは2011年8月期までの7年間で約7500万円の申告漏れで、そのうち約5000万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと認定されました。

 

そして、イベント企画会社にテレビ番組の企画・制作を外注したように装ったり、板東さん個人の費用を経費として計上したりして、税金を減らそうとしたのです。

 

発覚後、板東英二さんは追徴税額は約2800万円で既に修正申告しています。

 

そんな板東英二さんは23年間にわたって国税庁のPR活動を行い、2007年には名古屋国税局から感謝状を贈られていたにも関わらず脱税をしていたのです。

板東英二が銭ゲバな理由は?

板東英二さんは入団時の契約金を父親が株につぎ込んで失敗したことから「金にがめつい性格」になりました。

 

実際に様々な人から、板東英二さんの金に汚いエピソードが語られています。

「現役選手や球団関係者の間では、その銭ゲバぶりを皮肉って“判盗円爺”と呼ばれている。試合前に顔を出すと『儲かってまっかあ?』が口癖で、野球の話よりもお金の話ばかりするので、『円爺がまた来てる』と煙たがる選手も少なくありません。また、ある球団の人気選手に対して『ウチの事務所に入らんか? 選手をやっとるより儲かるで』と声をかけて、出禁になったと聞きます」( 前出・ベテランスポーツライター)

「ダブルブッキングすれすれのスケジュールで稼ぎまくっていた。しかも、車代とか謝礼という名目で、税金がかからない方法で懐に入れていたみたいです」(番組制作会社幹部)

「板東さんは、全国のパチンコ店によく呼ばれています。トークショーやお客さんのサインに気軽に応じてくれるので盛り上がります。ギャラは間に入っているイベント会社に払う形で約70万円(2店舗)。ただ、そのお金は取っ払いでもらっているんだろうと、噂になっていました。だって、イベント翌日に自身がCMしている『ミネラルウオーター』を持参して、『景品に置いてほしい』と売り込みに来るがめつさですから。その水も何らかのキックバックがあるんじゃないですかね。『すでに置いてもらっている実績がある』と豪語していました」(関西パチンコチェーン店店長)

このように板東英二さんは金に意地汚いことから、やりすぎて脱税を行ってしまったのでした。

スポンサーリンク

板東英二 プロフィール

板東英二 草野仁
(画像引用元:https://www.geinou-research555.com

生年月日    1940年4月5日
出生地     満州国東安省虎林県
身長      168cm
活動期間    1959年~
事務所     吉本興業

 

1958年4月に開かれた春季四国地区高等学校野球大会ではエースとして活躍し、夏の第40回全国高等学校野球選手権大会では1試合25奪三振および、大会通算83奪三振の記録を打ち立てます。

 

1958年の秋にはに慶應義塾大学のセレクションに合格するが、家庭の事情でプロ入りを決意し、1958年に中日ドラゴンズに入団します。

 

入団2年目の1960年には、オールスターゲームに監督推薦で選出され、1961年には21歳にして開幕投手に抜擢される活躍をします。

 

1969年には一軍公式戦16試合に登板したがプロ入り後初めて1勝も挙げられず、コーチへの就任を前提に現役引退を決断したが、監督と不仲でコーチ就任はしませんでした。

 

1970年からは中部日本放送(CBC)の野球解説者へ就任したりと野球解説者として活動し、名古屋で野球解説を担当していた時代は数多くの事業に手を出し、不眠不休の生活を送っていたようです。

 

またタレントとしても活動開始しており、1979年8月から「THE ビッグ!」のメインMCを担当し、1980年代から2001年ごろまで、クイズ番組に司会および解答者として多く出演します。

 

俳優活動もしており、1985年には「毎度おさわがせします」に、1989年には映画「あ・うん」で第13回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等と獲得しています。

 

ところが2013年に所得隠しの脱税問題から、様々なレギュラー番組の降板が決定し、干されてしまいます。

板東英二と草野仁が不仲な理由は世界ふしぎ発見の脱税降板!

板東英二さんが草野仁さんと因縁になったのは、せっかく「ふしぎ発見」に復帰できるチャンスを不義理を働いたからでした。

 

そして、板東英二さんは親のせいかもしれませんが、かなりの銭ゲバぶりで、それが災いして脱税だけでなく草野仁さんに不義理を働いたのでした。

 

そんな板東英二さんですが、これにこりて少しは銭ゲバぶりが改善されることを期待しています。

 

せばな~