速見佑斗コーチのパワハラ問題について宮川選手が会見を開きましたが、塚原夫妻が朝日生命体操クラブに金メダルが取れそうな宮川紗江選手を引き抜きしようと告白して急展開を迎えています。

 

そんな、塚原夫妻はどんなパワハラをして金メダルが取れそうな宮川紗江選手を朝日生命体操クラブ加入させようとしたのでしょうか?

また、こういった朝日生命の引き抜きパワハラは以前からあったのでしょうか?

 

ということで今回は、朝日生命が引き抜きパワハラについて、

  • 宮川紗江選手を引き抜きしようとした塚原夫妻のパワハラとは?
  • 池谷幸雄と森末慎二が塚原夫妻の引き抜きを暴露?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

朝日生命が引き抜きパワハラ?池谷幸雄と森末慎二が塚原夫妻を暴露した?

2018年8月29日に宮川紗江選手が自らへの暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消された、速見佑斗コーチに関する一連のパワハラ騒動について、都内で会見を開きました。

 

しかし、そこでは日本体操協会の塚原千恵子さんからパワハラ行為があったと告白したのです。

「(速見コーチの)暴力を認めないと、あなたが厳しくなる。あのコーチはダメ。だからこそ伸びない。私は速水より100倍良く教えられる」

「家族でそういうのはおかしい。宗教みたい」

オリンピックに出られなくなるのよ

塚原千恵子 パワハラ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

パワハラ・脅迫したのは女子強化本部長で塚原千恵子さんで、「五輪に出られなくなる」と圧力

それだけでなく、宮川紗江選手の家族をまとめて「おかしい」「宗教みたい」と人格否定したのでした。

塚原千恵子が宮川選手を朝日生命に入れるため速見佑斗を処分?

塚原千恵子さんはパワハラ行為を行い、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める、朝日生命体操クラブに金メダルが取れそうな宮川紗江選手を加入させようとしていました。

 

宮川紗江選手によると、塚原女子強化本部長の付き人から「朝日生命で練習で出来るし、朝日生命の寮も借りられる」「何かあったら相談しなさいよ」等と言われ、朝日生命入りへ心を揺さぶってきたようです。

塚原千恵子 パワハラ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

しかし、速水コーチの聴取すら行われていない不明確な状態ですぐに処分し、朝日生命に勧誘してきたので、宮川紗江選手は朝日生命に入れる目的だと気づき、断ったのでした。

「速水コーチの聴取すら行われていない段階で、最初から過去の暴力を理由に朝日生命に入れる目的だと確信し絶望した。強化本部長が大きく関わっていたのは間違いない

「私の意志は朝日生命に入ることではなく、コーチと一緒にやっていくことなので、心は動かなかった」

 

もともと、この速水コーチのパワハラは2、3年前の話でなのに急に匿名で通報されてパワハラが発覚。

さらに被害者の宮川紗江選手はパワハラを否定と、不可解なところがありました。

 

そのため、宮川紗江選手の言ったとおり、過去の暴力を理由に金メダルが取れそうな宮川紗江選手を朝日生命に入れる目的というのが辻褄が合っているように思えます。

 

実際にこれを納得している賛同者が多く、黒幕は塚原千恵子女子強化本部長ではないかと言われています。

スポンサーリンク

池谷幸雄と森末慎二が朝日生命が引き抜きを暴露?

そんな宮川紗江選手の引き抜きパワハラについて、池谷幸雄さんと森末慎二さんはそれぞれ出演した報道番組にて暴露しました。

森末「(表に)出て欲しいと思ってましたけどもね。逆にそういう中で今までずっと30年ぐらい前からそういうウワサはいっぱいありましたから。そういう部分で出て欲しいとは思ってましたけど、なかなかこういう発言をする選手、関係者がおられなかった」

 

池谷「朝日生命に引き抜かれて入ってる選手がたくさんいるのは把握している

池谷「うちのクラブの村上茉愛も(引き抜きれそうになったことが)ありましたから、やっぱりそういう部分はあるっていうのは多く聞きます」

池谷「自分が監督をしているクラブから日本の代表選手が出るっていうことの価値がどれだけすごいことかは、みなさんわかると思う。そういう意味で、自分のクラブから出場する選手を多く作りたかったのではないか」

 

森末慎二さん曰く、このような体操協会の闇の噂は30年以上前からあり、池谷幸雄さんは実際に村上茉愛選手が引き抜かれそうになった闇を暴露しています。

 

そして、このような引き抜きは自分が監督をしているクラブから日本の代表選手が出る名誉を得るためとのこと。

 

だから塚原夫妻はパワハラ・脅迫をしてでも金メダルが取れそうな宮川紗江選手を引き抜こうとしたと言われているのでした。

 

それだけでなく、1991年の全日本体操選手権で千恵子氏を中心とする審判団の採点法に不満で出場選手中91人中55人が大会をボイコットし、全部上が朝日生命の選手になっていたことを暴露します。

「要するに体操は点が出ますよね。審判が点を付けますよね。その点を付ける審判を全部、自分側に付けてしまえば…。どんな素晴らしい演技をしてもその選手は、そこ以外の選手は点が出ない。で、だいたい決まる選手が全部上が朝日生命の選手になっちゃうと、やっててもしょうがないということで監督コーチ陣が思い切って、やってもしょうがないし、だったらボイコット

体操協会・塚原副会長は嘘と全面否定!

そんな日本体操協会からパワハラを受けて、朝日生命が引き抜きしようとした告白に引き抜きパワハラに加担したとされる塚原光男副会長が「全部うそ」と全面否定しました。

なぜ彼女がうそを言うのかわからない。(宮川選手がいった発言は本当ですか?)うそが多いから、きょうプレスリリースしますから。それをちょっと待ってください。(パワハラ発言はされていない?)だからそれも含めて、きょうプレスリリースします。(うそってどこがですか?)全部です。(全部ってどこですか?)だからそれも、きょうプレスリリースします。それを待っててください。(会見はやらないのですか?)やることもあると思います。(いつごろですか?)それはまだ、きょういろいろしてから」

 

塚原光男副会長は今のところは嘘とは否定したが、取材に関しては断っており明らかになっておりません。

 

そして何度も情報をマスコミに知らせるための文書のプレスリリースすると言っているだけですが、証言揃いつつあるのにここからどうやって挽回できるのか注目です。

朝日生命が引き抜きパワハラ?池谷幸雄と森末慎二が塚原夫妻の闇を暴露?

速見佑斗コーチのパワハラ問題についてですが、実は金メダルの取れそうな宮川選手を朝日生命が引き抜きしようと画策したものだと自体は急展開を迎えています。

 

しかもこういった引き抜きや闇はあったと池谷幸雄さんと森末慎二さんは語っており、だいぶ信ぴょう性が高まっているのでした。

 

果たして日本体操協会と朝日生命、塚原夫妻はどう弁明して世間を納得させることができるのか注目ですね。

 

せばな~

塚原千恵子の録音は盗聴で犯罪?宮川紗江の音声内容!違法になる?

宮川紗江ほくろブサイクは嘘!高須院長が支援で除去すると?かわいい画像まとめ!