ビーチバレーで活躍した浅尾美和さんですが、実は実の母親がオウム真理教の信者だったことが判明しています。

 

そんな、浅尾美和さんの実の母親がオウム真理教に入信した理由と経緯は?

 

ということで今回は、浅尾美和さんの実の母親がオウム真理教信者だったことについて紹介します。

スポンサーリンク

浅尾美和の実母親がオウム真理教の経緯・理由は?

浅尾美和の実母親がオウムに入信した理由は?

浅尾美和さんの実の母親は明るい人だったが、嫁姑問題で悩んでオウム真理教に入信してしまったそうです。

これは今週発売の「週刊現代」が報じたもので、美和の母がオウム真理教に入信したのは、美和がまだ5歳の時。
近所の人の話によると、ケーキ作りが得意で子供思いの優しい人だったようだが、嫁姑問題で悩みきっていた美和の母・順子さん(仮名)は、何かにすがるようにオウムにのめり込んでいったという。
同誌が95年の地下鉄サリン事件後に滋賀県警によって押収された信者リストを確認したところ、順子さんの名前が記載されていたという。

引用:浅尾美和実母はオウム信者だった

浅尾美和の実母親がオウム真理教に入信した経緯

浅尾美和さんの実母親はオウム真理教に入信した後に離婚し、当初は祖母に育てられ、父親は再婚してからは新しい母親とは関係は良好で平和に過ごしていたようです。

経緯をたどると、91年母親がオウム真理教に入信、翌年6月頃浅尾家から失踪、1年後の93年5月に離婚。
彼女が7歳の頃だった。
その後、97年の冬に父親は再婚している

美和ちゃんはお母さんがいなくなってから、家では一度も順子さん(仮名)のことを口にしなかったそうです。
きっと、母親のことを話してはいけないと子供心に思っていたんでしょう。
新しいお母さんが家にきたときは、健気にも、すぐに自分から『お母さん』と呼び、仲良くしようとしていたそうです」(商店主)

引用:浅尾美和実母はオウム信者だった

 

出家してしまった母親の代わりに当初は祖母が仕事を辞め、浅尾をはじめまだ小さな子供たちを育てていた。
その後、97年に父親がいまの妻と再婚。当時小学生だった浅尾はすぐに「お母さん、お母さん」と呼び、実の母のように慕っていたという。

引用:浅尾美和、オウムの母は来なかった・・・絶叫の病室!

 

そして、浅尾美和さんはバレーで活躍し川合俊一さんにスカウトされますが、その時に川合俊一さんに実母親がオウム真理教信者だったことを告白しています。

「美和ちゃんがプロ入りするに際して、川合さんが浅尾家に挨拶にきたとき、ご両親は、前の奥さんのことをすべて打ち明けたみたいです。
そして、美和ちゃんが上京するにあたっては、たとえ順子さんが(美和のもとを)訪ねてきても、絶対に会わさないでほしい、という条件を出したと聞きいています」(祖母・郁江さんの友人)

引用:浅尾美和実母はオウム信者だった

 

まさか川合俊一さんが浅尾美和さんのオウム事情を知っていたとは驚きですが、その分川合俊一さんは責任を持って浅尾美和さんを世話していたのでしょうね。

スポンサーリンク

浅尾美和 プロフィール

浅尾美和 オウム
(画像引用元:https://i.daily.jp

生年月日    1986年2月2日
出身地     三重県鈴鹿市
身長      172cm

 

三重県立津商業高校で1年時よりレフトアタッカーとしてレギュラーを獲得し、2年連続春高バレー出場、インターハイ・国体には3年連続出場し、3年生時はキャプテンを務めています。

 

高校卒業後は川合俊一のスカウトを受け、ビーチバレーに転向すると同時に川合俊一さんが社長を務める芸能事務所・ケイブロスに所属してモデル業及びタレント活動を競技生活と並行して行います。

 

そして、浅尾美和さんがゴールデンタイムのバラエティ番組に水着で登場したことで自身とビーチバレーの知名度を高めていきました。

 

2002年北京オリンピック代表を目指し世界を転戦してたが、出場に必要なFIVB世界ランキングにおいて上位にはるか及ばず、代表権を得ることは出来ませんでした。

 

2009年11月には日体大出身の元ユニバーシアード日本代表草野歩さんと新ペアを組み、ロンドン五輪日本代表を目指したが2010年に解散しました。

 

2011年には松山紘子さんとコンビを組むが1年で解散し、2012年は浦田景子さんとコンビを組みます。

 

2012年12月には現役引退することを所属先の事務所を通じて発表しています。

 

2013年4月には結婚し、2014年に第一子となる長男、2016年には第二子の次男が誕生しており、同年5月に日本マザーズ協会によるベストマザーズ賞を受賞しています。

浅尾美和の実母親がオウム真理教信者の経緯!川合俊一は知っていた

浅尾美和さんの実母親はまさかのオウム真理教の信者だったとのことで、弱みにつけこまれてのめり込んでしまったのでしょうか…

 

その後に、再婚して新しい母親とは仲良くなってよかったですが、そんな複雑な家庭を抱えてビーチバレーでは笑顔で戦っていたんですね。

 

また、川合俊一さんはその事実を知って、自分の事務所に入れて責任を持ってプロデュースしていたんですね。

 

そんな浅尾美和さんですが現在は母親となり、自分が甘えれなかった分、しっかり息子に甘えさせてあげてください!

 

せばな~

スポンサーリンク