アナ雪のPR漫画が一斉にツイッターで様々な漫画家が描いたことで、ステマだと話題になりました。

 

そんな、アナ雪のPR漫画を描いてステマとなってしまったステマ漫画家は誰なのでしょうか?

また、こういったPR漫画のステマはどんな罪になるのでしょうか?

 

ということで今回は、アナ雪のPR漫画ステマについて、

  • アナ雪2のpr漫画でステマ漫画家は誰?
  • PR漫画のステマの罪は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アナ雪2のpr漫画でステマ漫画家まとめ!景表法違反で罪や賠償金は?

アナ雪2のpr漫画でステマ漫画家は誰?

アナ雪2のpr漫画ステマをしてしまった漫画家は以下となっています。







アナ雪2のpr漫画でステマで景表法違反?

アナ雪2のpr漫画でステマならば景表法違反となり、弁明や改善をしていないければ罰金や懲役等のペナルティが課せられます

 

民事の場合はステマに騙されて商品を買った利用者から損害賠償を請求される可能性があります。

 

また消費者庁」という行政からのペナルティがあり、「弁明の機会」で弁明せず、「措置命令」でも改善しなければ「最大2年の懲役」「最大300万円の罰金」が科される可能性があります。

 

今回はすぐに漫画家が「PR貼り忘れました!」と弁明したので大丈夫だと思いますが、このまま知らぬ存ぜぬだったらステマで色々問題が起きていた可能性があるようです。

スポンサーリンク

アナ雪2のpr漫画でステマ?

 「アナ雪2のレビュー漫画が複数のアカウントから一斉にツイートされている」――ディズニー映画「アナと雪の女王2」を宣伝する漫画が、ほぼ同時に複数の漫画家のTwitterアカウントから投稿され、ネットで疑問の声が上がっている。ツイートを見た人からは「報酬を受け取って漫画の掲載を依頼されたステルスマーケティングではないか」という指摘が相次いでいる。

12月3日午後7時ごろ、複数の漫画家がTwitter上でディズニー映画「アナと雪の女王2」の感想を描いた漫画を公開した。ツイートには漫画が広告によるものといった表記はないが、いずれも映画の内容を好意的に紹介するもので、さらに公開された時間が午後7時に集中していた。感想の内容や公開日時について、広告会社から指示を受けたものではないかと指摘されている。

引用:ディズニー映画“アナ雪2”にステマ疑惑 「同時刻にレビュー漫画が複数投稿された」指摘が相次ぐ

 

また、このようなステマの方法に漫画家に謝罪させることや、平日19時前後がツイートが見てもらえることが学べたりと、色々物議を醸しだしました。

アナ雪2のpr漫画でステマ漫画家は悪くない?景表法違反で罪や賠償金は?

アナ雪2のpr漫画でステマとなってしまって漫画家に落胆の声が出ています。

 

しかし、漫画家の方は広告代理店の方の指示に従い、最終的に漫画家が謝り、一番悪い広告の方が何もアクションを起こさないのはおかしいと思います。

 

果たして漫画家に謝らせておいて、指示した広告は謝罪しないのか今後の対応に注目です。

 

せばな~

ディズニーステマまとめ!アベンジャーズとキャプテンマーベルもPR漫画?

スポンサーリンク