尼崎北郵便局の若田和希部長が社員に切手を売らないと自腹切れとパワハラをして話題になっています。

 

そんな、尼崎北郵便局では、過去にも大道局長は50人を退職させたと情報が流されたりと、いわくつきの郵便局のようです。

 

そんな、尼崎北郵便局のパワハラとは?

 

ということで今回は、尼崎北郵便局のパワハラをまとめて紹介し、場所も特定したので紹介します。

スポンサーリンク

尼崎北郵便局の若田和希パワハラで場所特定!大道局長は50人を退職?

尼崎北郵便局の若田和希がパワハラ

2020年3月16日に尼崎北郵便局の社員が、若田和希部長からおもてなしの花(切手)を必ず販売し、売れなければ自腹切れとパワハラメールが暴露されました。

尼崎北郵便局 パワハラ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

メールの内容には暴言は無いですが、「必ず販売して」「返納は受け付けません」の内容から、明らかに「必ず売れ」「売らなければ自腹」という圧迫が伺えます。

 

そのため、郵便局は以前に不正な保険販売が相次いだのに、悪質な営業をさせようとする体制にまるで反省していない・変わっていないと炎上しました。

過去に尼崎北郵便局の大道局長は50人を退職のパワハラ?

実は尼崎北郵便局では、大道局長が着任1年半で50人近くの正社員、期間雇用社員が退職させたパワハラが起きたと告白が出ており、パワハラが蔓延した郵便局のようです。

 

実際にこの尼崎北の大道透局長は、告発したツイートの2019年から1年半前(2018年4月)に尼崎北郵便局に着任したことが判明しています。

人事異動のお知らせ(2018年4月1日付)

尼崎北郵便局 パワハラ
(画像引用元:https://www.post.japanpost.jp

尼崎北郵便局 パワハラ
(画像引用元:https://www.post.japanpost.jp

 

もしかしたら、この大道局長が着任してパワハラが蔓延する体制に変わってしまったのかもしれませんね…

スポンサーリンク

郵便局、現在も郵便局員が自腹で買い取る「自爆営業」が継続中

尼崎北郵便局の郵便局員が自腹で買い取る「自爆営業」が問題となっていますが、ニュースでも未だに郵便局で自爆営業が起きていると報道局からお墨付きをもらっています。

 

現在も年賀状などの販売ノルマを達成できない郵便局員が自腹で買い取るような行いをしないと指示しているらしいが、守られていない郵便局もいるようです。

 

そして、この報道1ヶ月後に、上記の尼崎北郵便局のパワハラ自爆営業が告発され、報道が改めて事実であることが証明されてしまったのでした。

パワハラの尼崎北郵便局の場所特定!

そんな、パワハラが蔓延している尼崎北郵便局の場所は以下となっています。

 

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町5丁目8-1

尼崎北郵便局の若田和希パワハラで場所特定!大道局長は50人を退職させてヤバい!

尼崎北郵便局では若田和希部長がパワハラを行い、さらに2018年に着任した大道局長は着任1年半で50人を退職させたパワハラの実績があるようです。

 

そして、報道では郵便局の自腹で買い取る「自爆営業」が続いていると報道されていましたが、尼崎北郵便局の実態で事実であることが証明されてしまったのでした。

 

果たして、パワハラが蔓延している尼崎北郵便局は局長がヤバそうなので、上が一新しない限りは変わらなそうですね…

 

せばな~

100日後に死ぬワニは電通案件で根本陽平ステマ?きくちゆうきをランサーズで記事作成がバレて炎上!

コロナの火葬場デマで久住炎上!葬儀屋達に嘘と言われツイート削除!

スポンサーリンク