山口真帆さんの卒業コメントで、AKS社長の吉成夏子が被害者を加害者呼ばわりして炎上しました。

 

そんな、被害者を加害者にするAKS社長の吉成夏子はどんな経歴を持っているのでしょうか?

 

ということで今回は、AKS社長の吉成夏子社長について、

  • 吉成夏子社長の経歴は?
  • 吉成夏子がAKS社長になった経緯!
  • AKS社長の吉成夏子が山口真帆を加害者扱いで炎上!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

吉成夏子社長とは?顔画像と経歴!AKS社長になった流れ紹介!

吉成夏子社長とは?顔画像と経歴は?

AKS社長の吉成夏子さんの顔画像は以下となっています。

吉成夏子社長
(画像引用元:livedoor.blogimg.jp


(画像引用元:https://netacheck.com

 

吉成夏子社長は京楽産業.株式会社の出身で、京楽産業の関連会社数社の取締役を務めてきました。

また、京楽産業.代表取締役の秘書もやっていたそうです。

 

そして、2011年に吉成夏子さんがAKSの取締役に就任し、2014年に吉成夏子さんが代表取締役に就任してAKS社長となりました。

吉成夏子がAKS社長になった経緯!

吉成夏子社長は所属していた京楽産業が株式会社AKSの株を買い取ったことで、代表取締役に就任してAKS社長となりました。

 

AKSは元々は窪田康志さんが社長をしていたのですが、ずさんな経営が問題となり、社長退任となりました。

吉成夏子社長
(画像引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

 

そして、AKSの株を持ってた吉成夏子さんが所属する「京楽産業」が、AKS株式を買い取る形で吉成夏子さんが代表取締役に就任させたのでした。

 

その後、2018年にはAKS株主名義が「京楽産業」ではなく、吉成夏子さんの個人名義となっており、名義上は吉成夏子さんが牛耳る形になっています。

スポンサーリンク

AKS社長の吉成夏子が山口真帆を加害者扱いで炎上!

山口真帆さんが卒業コメントをしましたが、そこでAKSの社長が山口真帆さんを加害者扱いしていたことが発覚して更に炎上しました。

事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃せず、加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。

AKS社長吉成夏子はの山口真帆さんを会社をかき乱した加害者として非難したのです。

 

しかし、そもそもこのような犯罪アイドルをいさせるAKS事態が悪いのに、正しいことを言った山口真帆さんを加害者扱いにするのは酷いです。

 

そのため、案の定AKSの吉成夏子社長は炎上して、ただただ火に油を注ぐだけでした。

吉成夏子社長とは京楽産業からAKS社長の経歴!顔画像特定!

吉成夏子さんは京楽産業に所属して、AKSの株を会社が持っていた経緯から社長に就任し、現在は自身の名義で持っているようです。

 

そんな吉成夏子社長は自身の会社を守るだけで、山口真帆さんを加害者扱いするパワハラ会社であることがまたしても明らかになりました。

 

NGTもそうですが、AKSもイメージだだ下がりで、こんなパワハラ当たり前で、犯罪アイドルがいるグループ運営では、今後も世間からは良いイメージは持つことは無いでしょうね。

AKS提訴で示談理由!山口真帆クズ対応まとめ!社長がもみ消し回復で炎上!

NGT48フェスがブーイングガラガラ経緯!メインステージで山口真帆コール!