一時期は激やせした愛子様ですが、ペットを数多く飼っており、猫に「ニンゲン」と名付けたのもいます。

 

なぜ猫に「ニンゲン」と名付けなさるのでしょうか?

 

ということで今回は、愛子様が猫に「ニンゲン」と名付けたセンスと、本当に天才だったことを紹介します。


スポンサーリンク

愛子さまの猫の名前はニンゲンでペットの由来・意味は?現在は天才!

愛子様は猫を3匹飼っており、「ミー」「ニンゲン」「セブン」という名前の猫を飼っています。

愛子様 猫
(画像引用元:http://xn--wbtp93d.net

猫の名前で「ミー」「セブン」は分かりますが、猫に「ニンゲン」と名付けるのはかなり個性的ですね。

 

そのため、宮内庁担当記者によると

「報道する時、猫の名前が『ニンゲン』であることを明かすのはNGです。
愛子さまに悪気はありませんが、やはりペット=人間というのはイメージが良くありませんから」

 

やはり「ペット=人間」と連想してしまうそうで、愛子様には悪気がないですが、報道規制なさっておるのです。

猫の名前が「ニンゲン」の理由は?

愛子様が猫の名前が「ニンゲン」にしたのは、

  • 猫が人と人の『間』に入り込み、身体をこすりつけてくるから
  • 人間のような仕草をするから

という理由で名付けたのでした。

 

独特なセンスをお持ちですが、それだけペットを家族のように愛しているということなのでしょう。

スポンサーリンク

愛子様の現在は天才

猫の名前が「ニンゲン」と天才肌のようなセンスをお持ちの愛子様ですが、現在は頭脳明晰で本当に天才のようです。

 

実は愛子さまは、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5、常に学年でトップクラスの成績だそうです。

 

ただ愛子様はストイックな性格で、くだんのダイエットのように1つのことに集中しすぎてしまうところがあります。

 

しかし、そのストイックさが熱心な勉強に向かい、自分の興味があるものに特化している天才のようです。

 

現在は人間観察、行動学、心理学に関心が強いようで、その部分の評価は学内でも随一とのこと。

 

反対に気乗りしない英語の成績は芳しくなかったりと、やはり興味のあることに没頭する天才肌のようです。

 

そんな愛子様は天才肌だから、猫の名前が「ニンゲン」といった個性的な名前を付けたのかと納得ですね!

愛子様のペットの猫の名前はニンゲン!現在は天才になられる!

愛子様はペットの猫の名前は「ニンゲン」だったりと独特なセンスを持っていますがそれもそのはず。

 

愛子様は頭脳明晰で自分の興味があるものに特化している天才で、だから凡人には共感できないセンスを持っているのです。

 

今後もその天才的な感覚で凡人との感覚のズレで悩むかもしれませんが、突き進んで日本の象徴として頑張っていただきたいです。

ヨシコヨシコ

皇族で秀才で天才肌と愛子様は色々持っておられる(素晴らしい)
せばな~