あぶらとり紙が散乱していると女性車両ヘイト記事がでましたが、あぶらとり紙を使う人がごく僅かでデマだと話題になりました。

 

そんな、女性車両はあぶらとり紙が散乱しているとヘイトをかました記事とは?

また、あぶらとり紙を使う人がごく僅かでデマとの意見は?

 

ということで今回は、あぶらとり紙散乱の女性車両の元記事と、使う人がいなくてデマの理由を調査したいと思います。

スポンサーリンク

あぶらとり紙散乱の女性車両の元記事!使う人無しでデマ?

あぶらとり紙散乱の女性車両の元記事

あぶらとり紙が散乱して女性車両ヘイトの記事の内容は以下となっています。

「女性専用車両はデパートの化粧品売り場の数倍臭いです」――。

Jタウンネットが先日、「女性専用車両に乗りたくない女性の本音 『利用するのが怖い』『おじさんに埋もれた方がマシ』」という記事を掲載したところ、女性の読者から、専用車両の実態を伝える投稿が数多く寄せられた。

冒頭で紹介した言葉も、その1つだ。いったいどんな状況なのだろうか。編集部に寄せられたメールの一部を紹介したい

 

大阪府在住のSさん(年齢不詳女性)も乗車すると頭痛が起きると話す。

「確かに女性専用車両はデパートの化粧品売り場の数倍臭いです。いろんな種類の香水や化粧品の匂いが入り乱れていて頭が痛くなります。

それと女性専用車両はとにかく汚いです。終点駅や区間終了駅で私が最後に降りたら、ストローをぶっ刺した半分位残したコーヒーカップがありました。また、一番多いのは使用後の丸めた、あぶらとり紙が散乱していることです

引用:女性専用車両は臭くて汚い? 利用者が明かす実態「あぶらとり紙が散乱している」

あぶらとり紙が散乱していると話したのは、大阪府在住のSさん(年齢不詳女性)の方のようです。

 

そしてこの大阪府在住のSさん(年齢不詳女性)は嘘で、おじさんが一生懸命デマを流したと言われてしまったのです。

スポンサーリンク

あぶらとり紙使をう人がいなくてデマの理由

女性車両であぶらとり紙が散乱していると記事で書かれましたが、現在はあぶらとり紙を使う人はごく僅かで、皮脂を抑える下地や、ウォーターやパウダーで脂を取るとデマ認定されました。

 

現代は化粧品が進歩して皮脂を抑える下地に、脂を取る商品もやウォーターやパウダーで取るので、「あぶらとり紙」はほとんど使われていなかったのです。

 

ただ、あぶらとり紙を現在も使っている人もいるので、完全には無くなっていないようです。

そのため、あぶらとり紙は現在はごく僅かでしか使われることがないので、散乱するほど使われないとデマ認定されたのでした。

あぶらとり紙散乱の女性車両の元記事!使う人無しでデマ認定!

あぶらとり紙が散乱していると女性車両ヘイト記事がありましたが、あぶらとり紙が散乱するほど使われないのでデマ認定されました。

 

確かに今は修学旅行で買うぐらいしか思い浮かばず、様々な皮脂を抑える・取り除く優れた商品はいっぱいありますからね…

 

ただ、急に矢面に立たされた、あぶらとり紙さんが少し可愛そうと思いました…

 

せばな~

スポンサーリンク