毎年恒例の24時間テレビで名物企画といえばチャリティマラソンですが、いつもやらせと疑われています。

 

その中で車で移動したとして、急激に距離を縮めたとしてワープ疑惑が出ていますが、はたして誰がワープ疑惑をかけられたのでしょうか?

また、本当にやらせはあるのでしょうか?

 

ということで今回は、急激に距離を縮めたとしてワープ疑惑が出たマラソンランナーと、やらせはあるのか真相を探りたいと思います。


スポンサーリンク

24時間テレビマラソンはやらせか真相は?車ワープ疑惑は誰?

車ワープと疑われたのは?

ダチョウ倶楽部

そういや昔ランナーをやったダチョウ(倶楽部)だって「 走ってなかった」って言ってたぜ。
「ある程度まで走って、あとは車で移動した」って。
まあダチョウのネタかもしれないけどな(笑い)。

ダチョウ倶楽部は1994年に走りましたが、2011年に徳光和夫さんが走る際に、ビートたけしさんがダチョウ倶楽部が「車で移動した」と暴露したとのことです。

24時間テレビ マラソン やらせ
(画像引用元:http://xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com

芸人ですからネタですし、ビートたけしさんは24時間テレビが大嫌いということもあるのですが、これがきっかけで近年のヤラセ疑惑が出始めました。

西村知美

2002年に西村知美さんは100キロマラソンに挑戦しましたが、残り30キロを1時間で残り10キロとワープした疑惑が出ています。

 

しかも、後半で一番疲れている時に、いきなり一時間で20キロ走れる超ハイペースとなるとして、かなり疑われたようです。

 

ちなみに西村知美さんは見事ゴールしています。

佐々木健介・北斗晶ファミリー

佐々木健介・北斗晶ファミリーではリレー形式で120キロに挑戦しました。

 

しかし、ゴール前2キロで北斗晶さんが3歩進んだだけで残りの距離が1.99キロから1.38と、3歩で610mも距離を縮めるワープをしたのです。

24時間テレビ マラソン やらせ
(画像引用元:http://24htv.blog.so-net.ne.jp

もちろん北斗晶さんは完走しています。

スポンサーリンク

車移動のやらせは嘘でゴールに間に合わせようと演出している?

「車に乗せているという話はよく耳にしますが、これはあり得ません。
なぜなら24時間マラソンは急ぐ必要がないからです。」

ワープだけでなく、他にも距離をごまかしていると色々言われているようですが、よく言われる車の移動はまずありえないとのことです。

 

それは、よほどのことがない限り、実際は歩いてもゴールできる距離で、今のスマホ等ですぐ撮られる時代ではそんなマネはできないからです。

 

「急ぐより、むしろ遅く走ってもらいたいのが本音なんです。
一番の目的はエンディングに合わせてゴールさせるためです。」

それよりも、いかにゴールをエンディングに合わせるか遅らせたりと調整・演出しているとのことが問題とのことです。

 

そのため、前方を走る中継車や警備の自転車の走る速度をわざと遅くして時間を稼いでいるとのことです。

 

さらに疲労困憊で感動を呼ぶために、急に速度を上げたりして、ランナーの走る速度を上げ下げしてわざと疲れさせたりと工夫しているとのことです。

 

それでも体力を残しそうな人は事前のトレーニングで把握し、スタート時間を遅めに設定したり、走る距離を長くしてエンディング間に合わせようと調整しているとのことです。

 

このように、車移動のやらせはないようですが、今度はエンディングに合わせようと工夫しているのが、やらせスレスレのグレーゾーンに見えます。

24時間テレビマラソンはやらせ?車ワープ疑惑嘘でエンディングに時間調整?

車ワープはないとのことですが、エンディングにあわせて時間調整のためにわざと遅らせたり、感動を呼ぶためにわざと疲れさせているとのことです。

 

しかし、工夫・演出といえますが、やらせともいえないような…

 

今後もこういった疑惑がでますが、今年はどうなっていくのか分かりせんが、色々な意味で注目ですね!

 

せばな~

西村知美ワープ事件とは?真相はやらせ?24時間テレビマラソン疑惑まとめ!

2017年24時間テレビ放送事故トラブルまとめ!マラソンやバク転等とヤバい!