2016年6月27日放送の日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」で紹介される「祐子と弥生」。

 

彼女は双子演歌歌手として1980年台に大ヒット作を出した方です。

今回「深イイ話」では現在「祐子と弥生」さんが現在何をしているか、結婚しない理由に迫るようです。

 

そんな「祐子と弥生」ですが、

祐子と弥生さんの今現在は?

祐子と弥生さんが結婚しないで独身を貫く理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

祐子と弥生の今現在?結婚しないで独身の理由は?双子でいるから寂しくない?

祐子と弥生プロフィール

祐子と弥生 現在

本名      千葉 祐子
生年月日    1961年4月21日
出身地     岩手県胆沢郡金ヶ崎町
趣味      旅行
理想の男性   やせていてスポーツマン
特技      三味線・和太鼓・民謡・日本舞踊

本名      千葉 弥生
生年月日    1961年4月21日
出身地     岩手県胆沢郡金ヶ崎町
趣味      旅行
理想の男性   太っていて明るい人
特技      三味線・和太鼓・民謡・日本舞踊

 

理想の男性以外は、趣味や特技も一緒で、それだけ息が合いずっと二人でいる時間が長かったのでしょう。

 

祐子と弥生さんはただの演歌歌手とは違い、いろんな分野をこなせて多芸です。

祐子と弥生、演歌歌手を始めたきっかけは?「父さん」で大ヒット

「ワタシたちが歌手になった最大の目的は、両親に家を建ててあげたい!」

祐子と弥生さんは、両親達を楽にする為に稼げるであろう歌手を目指します。

 

小学校のころか大広場で歌を歌い、お菓子やオヒネリも頂いてプロ意識を持っていたようです。

 

そして、1981年3月に行われた「NHKのど自慢」のグランドチャンピオン大会にて、グランドチャンピオンになります。

グランドチャンピオンをきっかけに、千昌夫さんにスカウトされて上京、第一プロダクションに所属します。

 

事務所に所属しわずか4ヶ月後の1981年7月に、ミノルフォンから「父さん」で演歌歌手デビューを果らします。

この「父さん」が大ヒットし、第23回日本レコード大賞新人賞や各歌謡賞の新人賞を獲得していました。

 

当時は歌謡番組が多数あり、「父さん」でヒットした期待の新人のため、スケジュールが真っ黒になるほど忙しかったようです。

祐子と弥生の今現在は?結婚しない理由は?

祐子と弥生の今現在は?

「父さん」で大ヒット後も何度も曲をリリースしましたが、超えるヒット作は生まれていませんでした。

 

1999年頃からは演歌歌手だけでなく指導者として、東西線南行徳駅前のカラオケボックス「歌広場 南行徳店」でカラオケ教室で活動もしています。

この教室にて歌手デビューを果たした生徒もいるので、祐子と弥生さんの指導力は相当だったのでしょう。

 

演歌歌手活動もヒット作は「父さん」以降は出ていませんが、地道な歌手活動も続けており新曲もリリースし続けているようです。

他にも福祉施設でボランティアを行っているようです。

スポンサーリンク

結婚しない理由?商売に差し支える?

祐子と弥生さんはずっと一緒で仲良しでしたが、1997年頃にまるで夫婦みたいでお互い嫌気がさして別居します。

 

別居を2年間送った所、一卵性双生児なのに顔つきも変わってきてしまい、これでは商売に差し支えるということで、また2人で暮らし始めます。

 

そしたら顔つきも元の同じの顔に戻り、それからは双子同士ずっと一緒にいます。

「いつも一緒にいて寂しくない、というのがネックになって実現しない。ここまできたら、焦らない。
2人でシルバー結婚を目指そうって話し合っているんです」

どうやら、いつも夫婦のように双子でいて寂しくないことが、結婚しない・独身のままの理由そうですね。

 

しかし、まだまだ結婚はあきらめておらず、一緒に結婚して一緒に暮らせば商売に差し支えることもなく問題無いですね!

祐子と弥生、今現在も現役!まだまだ結婚とやることは多し!

「CDは売れないし、演歌だって逆風。でも私たちは三味線、和太鼓もお手の物。まだまだ現役で頑張ります」

「ワタシたちには“双子歌手”ってそんじょそこらにはない強みがある。まだまだあきらめてませんよ。
ザ・ピーナッツさんやこまどり姉妹さんのカバー曲も出してみたいし、ロックにも挑戦したい。やりたいことが山ほどあって、困っちゃう」

現役にこだわるのは、やりたい事がまだあるからなんですね。

 

「人生って良い時ばかりじゃないし、また、頑張っても頑張っても努力が報われない人も多い。
そんな人たちの心境を歌った応援歌なんです」

大ヒットをしながら、その後は苦労をしてきた祐子と弥生さんだからこそ、そういった曲が歌えるのでしょう。

 

これからもやりたいことをこなして、いつか「父さん」を超える大ヒット作をだして、ダブル結婚も決めちゃってください!

 

せばな~