最近新しいジャンル「はさまるゆるキャラ」というのが流行っているそうです。

言葉通りにゆるキャラがドアや狭い通路に挟まるシュールな画像とのことです。

 

しかし、ドアに挟まったりと、普通なら危ないと思いますが、危険性はないのでしょうか?

 

ということで今回は、挟まる事についての危険性と、はさまるゆるキャラの画像をまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

はさまるゆるキャラ画像まとめ!挟まる危険性・怪我は?

挟まる危険性は?

普通のドアやエレベーター、改札口はすぐ開くので危険性は無いのですが、エスカレーターや電車のドアは危険のようです。

電車のドア

電車のドアは“細い部分”が挟まっても、検知でずにそのまま閉まってしまう可能性があります。

 

そのため、そのまま動き出していしまい引きずられて転倒したりと怪我をしてしまいます。

 

また、挟まったものが他のお客様にぶつかる場合があります。

 

だからゆるキャラが挟まった場合に検知されずに閉まったり、ゆるキャラのパーツが挟まって他のお客様にぶつかる危険性があります。

エスカレーター

エスカレーターは靴や靴紐が挟まれたり、巻き込まれたりする可能性があります。

 

また、上から物が落ちたり、緊急停止した時に転倒・転落する危険性があります。

 

そのため、ゆるキャラが挟まっている時に一部分が挟まれ・巻き込まれたりするだけでなく、被り物をしているので物が落ちてきたり、緊急停止するのが他の人より気づかないので危険性が高まっています。

スポンサーリンク

危険なのではさまるゆるキャラを助けよう

はさまるゆるキャラは確かにほのぼのしていますが、上記で語ったように危険性がある可能性があります。

 

そのため、絵的にはほのぼのしていますが、挟まっているのを見かけたら助けてください。

 

実際に挟まったその都度、係員や近くの人が助けています。

 

みなさんも可愛いのでSNSに投稿したくて写真を撮るのは分かりますが、助けることでゆるキャラが怪我をする危険性が低くなりますのでご協力お願いします。