可愛すぎて女優として活躍している吉岡里帆さんですが、なぜか嫌われ始めました。

 

女性が嫉妬ということで嫌われるのはありがちがですが、それ以外でも嫌われているようです。

 

いったい、どんな理由で吉岡里帆さんは嫌われ始めたのでしょうか?

 

ということで今回は、吉岡里帆さんが嫌われ始めた理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

吉岡里帆 プロフィール

吉岡里帆 嫌い
(画像引用元:http://i0.wp.com

生年月日    1993年1月15日
出生地     京都府京都市右京区
身長      158 cm
血液型     B型
職業      女優・グラビアタレント
ジャンル    映画・テレビドラマ・CM
活動期間    2013年~
事務所     エーチームグループ

 

撮影所に囲まれ映画やテレビドラマの撮影が日常的に行われる京都の太秦に生まれて、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母と芸能の環境で育っていきました。

 

そして、高校3年生の時に小劇場の舞台「銀ちゃんが逝く」で感動して芝居の道の勉強はしていましたが、一度は諦めて書道家を目指して大学に進学します。

 

ところが演劇の思いが諦めきれずに18歳の時に友人の誘いで演劇にのめり込み、大学で演劇をしながら東京にある養成所レッスンを受けていました。

 

2012年には事務所エーチームグループに所属し、2013年からは女優として活動を開始しています。

 

しかし、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」等と様々なテレビドラマ・映画のオーディションに挑戦しては最終審査まで進んで落選する事が続きます。

 

それでもめげずに2014年には初めてグラビアに進出し、同年10月にはチャットモンチー「いたちごっこ」のMVに出演、2015年に「マンゴーと赤い車椅子」で映画デビューしています。

 

更に2015年5月には映画「明烏」でヒロインに抜擢されており、京都での活動を中心でしたが6月からは上京して拠点を移します。

 

それから2016年2月にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」にレギュラー出演したことで一気注目を浴びます。

 

「あさが来た」の終了後は、ドラマ「ゆとりですがなにか」で民放連続ドラマに初レギュラー出演して以降は4期連続でレギュラー出演と女優として活躍の場が増えていきます。

 

それだけでなく、結婚情報誌「ゼクシィ」の9代目CMガールに抜擢されたのを皮切りに6社のCMに起用、バラエティ番組への出演が増えて知名度を上げたりとブレイクを果たします。

なぜか吉岡里帆が嫌いすぎる?嫌われ女優で嫌われた理由は?

「あざとい」「ウザい」と嫉妬

吉岡里帆さんは今では女優としてドラマに引っ張りだこで、様々なイケメン俳優と共演していますが、これが「あざとい」「ウザい」等と嫌われてしまっているようです。

 

ドラマ「ごめん、愛してる」で共演している坂口健太郎さんと長瀬智也さんと番宣でバラエティ番組に度々出演した際は、どんなことをしてもウザいと言われてしまいます。

吉岡里帆 嫌い
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

 

また、どん兵衛のCMのキツネ姿や、UR都市機構のCMの「URであ~る」、スマートニュースびCMでの英語のセリフ等に対しても「ウザい」「あざとい」と女性陣から嫌われてしまいます。

 

しかし、これに関しては新人女優のありがちのパターンでむしろ活躍している証拠であり、同じく批判されている広瀬すずさんなんかもそうです。

スポンサーリンク

タブーのグラビア文句

「私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきた

「これを言うと、ファンでいてくれる方たちはすごく怒るんですよね」

「嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかった」

吉岡里帆さんは、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんとの対談の際に、グラビアについて嫌々やっていたと暴露して問題となったことがありました。

 

確かに女優やら歌手で活躍する足がかりとして、グラビアを嫌々やっている方も少なからずいると思います。

 

しかし、金を払って貰っている以上、嫌だと暴露してしまえば、買っていただいてグラビアからファンになった客は少なからずショックですし、失礼かと思います。

 

また、嫌々グラビアをやって本当にやりたかったことを頑張っている女性芸能人にも失礼かと思います。

 

例えば今では女優として活躍している小池栄子さんもスカウト時は水着をやらない条件で女優を目指していたが、仕事が決まらずに水着グラビアからブレイクして活路を見出しました。

 

他にもMEGUMIさんに至っては「歌の才能はない」と先生に言われ、グラビアで活躍して歌手デビューを果たしましたが、オリコンチャート上位に無縁でヒット曲に恵まれず終わりました。

 

そうやって自分の言いたいことを主張するのは良い事かもしれませんが、その発言で他の方々の頑張りを無碍にしているように捉えられても仕方がないのでしょう。

 

そのため、グラビアで水着が嫌だった暴露に関し、一部の関係者も確実に敵に回してしまったようです。

佐藤健との交際報道

吉岡里帆さんはイケメン俳優の佐藤健の自宅に出入りしていることを2017年8月「女性セブン」にて報じられました。

 

報道では夜な夜な佐藤健の家に通っていることが報じられ、これにより清純派のイメージが大きく崩れさります。

 

双方の事務所は「交際はありません。友人の1人」と熱愛を否定しましたが、吉岡里帆ファンの男性陣からも疑念をもたれてしまいます。

 

これにより、ウザいと女性陣からの案の定、水着が嫌と一部の関係者、極めつけは佐藤健さんとの交際疑惑で男性ファンからも疑念を抱かれて嫌われ始めたようです。

なぜか吉岡里帆が嫌いすぎる!嫌われ女優で嫌われた理由は佐藤健が決め手?

「ウザい」「ああざとい」と女性陣から嫌われるのは通例ですが、グラビアで水着が嫌と暴露して一部関係者に嫌われてしまいました。

 

極めつけは佐藤健さんとの交際疑惑で、一番味方となっていた男性陣からも疑惑を向けられて嫌われ始めてしまったようです。

 

ただ、これだけ嫌いと言われているということは、それだけ吉岡里帆さんが注目されているということでもあります。

 

そのため、今後も色々言われるかもしれませんが、これもそれだけ注目されると前向きに考えて、女優として活躍することを期待しています。

 

せばな~