2016年の後期のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインに選ばれた、女優の芳根京子さん。

中学二年生の時は「ギランバレー症候群」になったりと苦難を乗り越えて女優として活躍をしています。

 

そんな、芳根京子さんですが、

女優として現在はどんな活動をしている?

演技の評価はどうなの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

演技が上手すぎて会いたくない?女優 芳根京子について

芳根京子プロフィール

芳根京子 女優

生年月日    1997年2月28日
出生地     東京都
身長      159 cm
血液型     A型
職業      女優
ジャンル    映画・テレビドラマ・CM
活動期間    2013年 ~
事務所     ジャパン・ミュージックエンターテインメント

特技は、ピアノとフルートでピアノは幼稚園、フルートは小学校からやっており、

芸能界に入るまでも吹奏楽部を熱心に練習をしていました。

芳根京子の芸能界に入ったきっかけ!女優デビュー!

実は、何度もスカウトにあっていた芳根京子さんですが、人見知りで、その頃は吹奏楽部が熱心でテレビ、ドラマを見る機会が少なく興味を持っていませんでした。

 

高校一年生の夏に、文化祭で映画を作る機会があり、友達と二人で脚本を書きました。

それが、楽しくて評判もよくて賞をもらいと、その際にスカウトにされました。

 

芳根京子さんは、”本当のドラマや映画はどうやって作ってるんだろう?”と芝居より、作ることに興味を持って芸能界に入りました。

 

2013年には、フジテレビドラマ「ラストシンデレラ」で女優デビューを果たします。

スポンサーリンク

女優 芳根京子の演技は?オーデション荒らし!会いたくない女優No.1!

2014年には、、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で朝ドラデビューを果たします。

 

2015年、青春映画「幕が上がる」に出演し、TBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」の香川真琴役でドラマ初主演を務めると大抜擢!

「表参道高校合唱部!」ではキャストオーディションで1000人以上の参加者の中から選ばれたりと、その演技力は関係者には認められる存在となります。

 

その頃から同世代の女優が集まるオーデションで芳根京子さんがいると、

「今回も芳根京子が合格で、うちのこは駄目か…」

若手女優の担当者が肩を落とす程の実力を持っていました。

 

その為、“オーディションで会いたくない女優NO.1”と言われています

他にも、数々のオーデションを勝ち取っているせいか”オーディション荒らし”という異名も授かります。

こういった皮肉を込める異名がつくほど実力があったのでしょう!

 

「表参道高校合唱部!」の監督は、

一見、普通の女の子。でも、お芝居を始めると、輝き、魅力が倍増して、人を惹きつける力を持っているんです。
人気漫画『ガラスの仮面』の主人公・北島マヤのイメージですね

と褒めています。

女優 芳根京子の演技の上手さは?一度決めたらとことんやる!

「演じた後にすごく不安になってしまうんです。
常に全力でやっているのですが、少しアプローチを変えるともっと演技がよくなる、120%の演技になるのなら私はそれをやりたいから。とにかく中途半端が苦手。
一度始めたことを途中で辞めることも、適当にやることも自分が許せないんです。頑固で負けず嫌いな面倒くさいタイプ」

確かに、芳根京子さんは芸能界に入る前に吹奏楽部では朝練は毎日、夜9時には寝るという、かなり一つのことに打ち込むタイプです。

芳根京子 演技

現在は女優として演技を打ち込んでいるから、これほど周りから評価が高いかなと思います。

 

2016年後期のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にも大抜擢されましたし、今後の活躍が期待されています。

今後も、オーディションを荒らして、どんどん映画、ドラマ、はたまた舞台へ出演してください!

 

せばな~