ニューヨークを活動の拠点にすると発表したピース綾部さん。

実はこのニューヨークを行きの後押ししたのが、所属事務所である吉本興業だったのです。

 

普通なら日本の仕事が消えるということで止めると思いますが、吉本興業が展開する”世界進出”のため後押ししたようです。

 

そんな吉本興業ですが、

世界進出の為にどんな活動をしているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

吉本興業が世界進出?海外に日本の笑いを?アジアには活躍中?

吉本 世界

日本ではお笑い事務所と言えば「吉本興業」というほどの知名度を誇る吉本興業ですが、現在世界進出をもくろんでおり、第一歩としてアジアに進出しているようです。

 

日本のコンテツであるバラエティ番組を販売し、アジア各国と組んで展開しています。

 

それだけでなく当初は47都道府県に一組お笑い芸人を設置し地域を元気にする活動「済みます芸人」から発展し、「住みますアジア芸人」としてアジア各地にお笑いを広める活動も始めています。

アジア各地に吉本興業のお笑い芸人が進出!

インドネシアに吉本・お笑い芸人が侵略?

インドネシアに派遣された日本人男性のお笑い芸人、アキラ・コンチネンタル・フィーバーさん。

 

かれは元々日本でも月収40万円と稼いでおりましたが、

「アジアに進出して成功すればヒーローになれる」

と考えてインドネシアに進出。

 

しかし、持ちネタである日本のタレントのモノマネではウケないので、インドネシアで取り組んでいる人が少ないマジックすることにしました。

 

マジックと言ってもマギー審司さんのような「ネタをばらして笑いを誘う芸風」。

マジックはインドネシア人観衆から大きな歓声が上がっており、大反響のようです。

 

その後も欧米式の漫才で挑むアジア進出最年少のそこらへん元気さんが笑いをとる。

 

最後に3人組の「ザ・スリー」がパントマイムを披露し、最後に舞台を降りると大歓声をされて、観客に取り込まれます。

 

そして観客からは一時間も続くほど記念撮影を求められて、まるでスターになったような振る舞いを受けます。

タイに吉本・お笑い芸人が侵略?

タイに進出したのはお笑い芸人の、ぼんちきよしさん、ベン山形さん、あっぱれコイズミさん。

 

この3人は元々ピンで活動をしている芸人でしたが「一人一人ではインパクトが弱いこと」をタイで活動してみて痛感。

 

現在タイでは三人組で、現地でよく知られている忍者にふんする格好でトリオを結成しました。

 

タイではシュールな芸より、単純で分かりやすいボケの笑えるネタが好まれており、コントでは観客も参加するような構成で反響を読んでいるようです。

 

そんな三人組が心がけているのが、受けなかったら何度も修正して取り組む。

 

だからこそ、ピン芸人だった3人がインパクトが弱いと分析してトリオを組んだりと試行錯誤をしてきたのでしょう。

そして今も試行錯誤を繰り返しているようですね。

COWCOWも「あたりまえ体操」で?インドネシア語で大反響!

日本でもテレビ活躍をしているお笑い芸人COWCOWは、あの一世風靡した「あたりまえ体操」をインドネシア語に翻訳してユーチューブに投稿。

 

投稿しいたところSNSからも拡散されて、500万人以上再生されるほどインドネシア人から反響があったようです。

 

他にもCOWCOWの多田健二さんは、インドネシアの大統領に似ていると現地メディアにいわれたことから大統領の真似をしてネタにしたりもしていました。

スポンサーリンク

ペナルティ・ワッキーはテレビでタイに発信?

実は芸人になる前に日本のタイ料理店でアルバイトした時にタイ語を習得していたペナルティの・ワッキーさん。

 

タイ従業員と話すことが楽しくて覚えたタイ語ですが、その語学力は「日常会話に差し支えない程度」とのこと。

 

それに目を付けた吉本興業は、タイで放送を開始した日本情報紹介番組「RIGINARU JAPAN」にレギュラー出演。

 

タイ語をマスターしアドリブも入れれる程の語学力を持っているワッキーさん。

日本の面白いものを取材して映像出演でタイのスタジオに向けてクイズを出題する役をしています。

吉本興業が世界戦略?アジア各地に進出!ピース綾部のアメリカ行きも海外への足がかり?

アジア各地に進出している吉本興業のお笑い芸人。

 

そして今回のピース綾部さんのアメリカ・ニューヨーク行きも、成功すれば”欧米進出”への足がかりとなることで許したようです。

 

確かにピース綾部さんの日本の仕事がなくなるというリスクはありますが、欧米進出の足がかかりというメリットも有るということで今回はピース綾部を後押しいたのでしょう。

 

今後も展開されていく吉本興業世界戦略。

これからどうやって吉本のお笑い芸人が世界に向けて発信していくか注目ですね!

 

せばな~