2016年9月20日放送の「マツコの知らない世界」ではモンチッチが大好きで1130体のモンチッチと暮らす若手美男レーサー・吉岡一成さんが出演します。

 

吉岡一成さんはレーサーで活躍をしながらモンチッチ好きで、自身のブログでもしゅっちょうモンチッチが出てきて大好きという様子が伺えます。

 

そんなモンチッチ好きのレーサー・吉岡一成さんですが、

吉岡一成ってどんな方?

レーサーとしての実力は?

モンチッチが好きなきっかけは?どれ位好きなの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

吉岡一成はモンチッチ大好き!きっかけは?親父も好き?レーサーとしての実力・実績は?

吉岡一成プロフィール

吉岡一成 モンチッチ

愛称      かずザル
生年月日    1996年8月3日
出身地     京都府京都市
血液型     O型
事務所     WIlDKARTRACINGTEAM

 

ブログでは、「こんばん割りばし」等のダジャレのあいさつをするおちゃめな一面を持っています。

さすが、オモチャのモンチッチ好きで子供心が残っているように見えます。

 

好みの女性はレディー・ガガで、和の心が一番ありそうな京都府主出身なのにまさかの外国人でした…

吉岡一成、レーサーを始めたきっかけは?実力・成績は?

吉岡一成さんはモータースポーツが大好きという父親に連れてこられた富士スピードウェイのGTレース見たきっかけでレーサーになりました。

 

3歳からカートに乗って習っていた吉岡一成さんは、中学からレースデビューを果たしました。

 

そして中学時代はYAMAHAのSSクラス(12歳以上のクラス)で全国5位、高校時代は大人が参加している「YAMAHA SSクラス」で全日本大会5位、「スーパーカートカップ SK2クラス」で3位と実績を残しています。

 

2015年にはホンダ軽自動車レースの「N-ONE OWNER’CUP」にて決勝進出して15位に入っています。

スポンサーリンク

吉岡一成、モンチッチ好きは親父の影響?オモチャ会社に挨拶するほど?

吉岡一成さんは小さな頃から猿が好きで、実は父親もモンチッチが好きだったようです。

 

しかも、お爺ちゃん、お父さんが子供の頃にいつもオモチャを買ってるいきつけの「テラオ」さんという店があり、吉岡一成さんもこの店の二号店でいつもモンチッチを買っています。

 

どうやら吉岡一成さんがモンチッチ好きなのはレーサーなった時と同じでお父さんの影響のようです。

親子三代で同じおもちゃ屋に通って本当にオモチャが好きな血筋なのでしょう。

 

そして現在、吉岡一成さんは1130体のモンチッチを所持していますが、その内450体がオモチャ会社のセキグチ様のようです。

 

そんなセキグチ様に吉岡一成さんはカートでも応援を頂いており、会社に訪問して社長と初の名刺交換をしました。

 

モンチッチ好きが職業のカートに役立ち、趣味と実益が兼ねれましたね!

モンチッチレーサー・吉岡一成!モンチッチ好きがレーサーに影響!

今では趣味と実益が兼ねて、レーサーとしてもモンチッチが手放せない状況となったモンチッチレーサー・吉岡一成さん。

 

「マツコの知らない世界」にてさらに知名度を上げてモンチッチレーサーとして注目されそうですね。

 

今後もモンチッチ好きで、さらにレーサーとして飛躍するようにがんばってください!

 

せばな~