山本隆太さんが「歌唱時機能性発声障害」によりflumpoolを活動休止することが分かりました。

 

そんな山本隆太さんが患った歌唱時機能性発声障害とはどんな病気で原因は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、flumpool山本隆太さんが患った歌唱時機能性発声障害とはどんな病気で原因は何なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

山村隆太の機能性発声障害はの原因と症状は?flumpoolの活動休止でヤバい?

山本隆太 プロフィール

機能性発声障害 flumpool
(画像引用元:https://i2.wp.com

生年月日    1985年1月21日
出身地     大阪府松原市
活動期間    2007年~
事務所     アミューズ

 

大学時代に尼川を含めた3人で路上ライブを始めた山本隆太さんは2007年1月に大阪府で「flumpool」を結成します。

 

2008年10月には「花になれ」でメジャーデビューをし、以降はコンスタントにリリースし、主題歌を担当したりと話題になっていました。

 

また2009年に紅白に初出場し、3年連続3回目の出場して知名度を高めています。

 

そんなflumpoolの山本隆太さんは2011年にMobageの新TV-CM「どんな未来にも愛はある編」にソロで出演し、初のソロ活動を行います。

 

2014年11月には、亀田誠治、阪井一生と3人で構成される「THE TURTLES JAPAN」の1stシングル「It’s Alright!」を発売もしています。

 

さらに2017年には月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」で、主演の西内まりやの相手役として俳優デビューも果たします。

山本隆太が歌唱時機能性発声障害でflumpool活動休止!

flumpoolは山本隆太さんが歌唱時機能性発声障害を発症していることを発表し、治療に専念するため、回復するまで当面の間、バンド活動を休止することを決めました。

 

flumpoolの山本隆太さんは2010年6月にも喉のポリープ摘出手術を行い、約1ヶ月休養したことがありました。

 

それから、2017年9月16日からの全国ツアーの始まってから終盤に向かうに連れて不調になっていったとのことです。

 

そして、山本隆太さんが自身のブログに上手くいかない歯がゆさから、無意識に筋肉が動く、異常な姿勢になるなどの症状がみられる神経の病気「ジストニア」を告白しました。

 

そんな「ジストニア」の告白に、メンバー、スタッフも初めて知り、急遽、スタッフが事実確認を行い、改めて病院で山本隆太さんが受診したところ「歌唱時機能性発声障害」と発覚したとのことです。

 

そして、「歌唱時機能性発声障害」を治療するため、flumpoolの活動休止が決まってしまいました。

歌唱時機能性発声障害とは?

機能性発声障害とは、突然声を出すときにかすれてしまったりと声帯に異常が起きてしまう病気です。

 

この機能性発声障害は色々分類されており、舌や喉の筋肉が緊張してしまうことで声が詰まる「筋緊張性発声障害」、声変わりが順調にいかないことなどによる「変声障害」、精神的な原因で起きる「心因性発声障害」等があります。

機能性発声障害の原因はジストニア?

山本隆太さんは無意識に筋肉が動く症状がみられる神経の病気「ジストニア」を患っています。

 

そのため、「ジストニア」で筋肉が硬直したりと、舌や喉の筋肉が緊張してしまうことで声が詰まる「筋緊張性発声障害」に当てはまるのかもしれませんね。

 

実際にコブクロの小渕健太郎さんが、高音域の声を出そうとすると首周りの筋肉が硬直して声が出しづらいと訴えた病気も「ジストニア」であり、2011年に活動を休止したことがあります。

スポンサーリンク

機能性発声障害の原因はストレス?

山本隆太さんは音楽活動だけでなく、2017年4月には月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」いきなりメインで俳優デビューしました。

機能性発声障害 flumpool
(画像引用元:https://i0.wp.com

ところが「突然ですが、明日結婚します」は月9史上の最低記録を更新し、なんとも苦い俳優デビューをしてしまいました。

 

そんな俳優デビューと新たな挑戦も失敗したショックは大きく、それから全国ツアーが開催されたりと精神的にはかなり削られたと思います。

 

実際に「突然ですが、明日結婚します」の相手役だった西内まりやさんは以降は精神的にやられたとして消えてしまっています。

 

よって山本隆太さんの俳優デビューで月9史上の最低記録を更新したショックをだったりと、ストレスが原因の「心因性発声障害」に当てはまるのかもしれませんね。

治療法は?

ストレス的なものであれば、精神的に安定させるように努めつため、精神神経科の受診も必要とのことです。

 

そして、精神療法や精神安定剤の使用も行ったりするようです。

 

また発声訓練をし、自身が音が出ることを納得させたり、裏声や吸気発声で母音発声を試したりして声が出ることを自覚させるように治療していくとのことです。

山村隆太の機能性発声障害は月9主演のストレス?flumpoolは活動休止

山本隆太さんが機能性発声障害を患ったことでflumpoolは活動休止となってしまいました。

 

確かに山本隆太さんは2017年に入ってから音楽活動だけでなく、俳優デビューをしたが月9史上の最低記録を更新したりとストレスがかかる状況だったかと思います。

 

そのため、今はゆっくり休むことに努め、完全復活した姿をファンに見せて歌ってください。

 

せばな~