スポンサーリンク

安倍なつみさんとの結婚、妊娠報道で話題となった山崎育三郎さんですがミュージカル俳優としても現在活躍中です。

最近では、TVでも俳優として度々出ていますね!

そんな山崎育三郎さんですが、なぜミュージカル俳優となったのか経緯と俳優としての魅力について調べてみることにしました。

山崎育三郎、ミュージカル俳優について

山崎育三郎のプロフィール

生年月日 1986年1月18日
出生地 東京都
身長 177 cm
血液型 A型
職業 俳優・歌手

山崎育三郎のミュージカル俳優になったきっかけ

母と祖母が宝塚が好きで、子供の頃連れて行ってもらったことが、ミュージカル俳優を志したきっかけです。

子供の頃は人見知りだったらしく、母が心配して近くのうたのレッスンに通わされました。
そこから、ミュージカル俳優 山崎育三郎の道が始まりました。

2016y03m06d_114145937その後は1988年にミュージカル「フラワー」のオーディションに選ばれてデビューします。

10代には東邦音大付属校やアメリカ留学で学びながら舞台経験を積んでいきメキメキと上達。

20代に入ると早くも実力が認められてトップ俳優仲間入り、ミュージカル俳優の若手として活躍しました。

30代に入ると舞台のみならず、映像の世界でも活躍します。

ミュージカルに恩返し!ドラマに出演のきっかけ!

「ミュージカルというジャンルをもっと知ってほしい。役者としての幅を広げたい」

と考えていたところです。

ミュージカル界の大先輩石丸幹二さんの舞台をプロデューサーが見に行った時に共演した山崎育三郎さんが目に止まります。

そこから、ミュージカルを もっと知ってもらう為にドラマに出演します。

山崎育三郎 俳優の魅力!ドラマでも大活躍!

スポンサーリンク

TBSテレビ「下町ロケット」では社長を裏切る技術者役と、立て続けにヒールを演じます。

逆に舞台では華やかな大役「ロミオ&ジュリエット」のロミオ、「モーツァルト!」のモーツァルトをこなしてファンを魅了させていました。

“舞台の華やかな大役”と”ドラマの悪役”のギャップがあり、山崎育三郎さんの”役の幅の広さ”を見せます。

2016y03m06d_112749409山崎育三郎さんの魅力は”役の幅の広さ”や”キレ”があるだけでなく、

「この人は演じるのが楽しくて仕方がないんだな」

と視聴者に感じさせることが出来る。

山崎育三郎さんは、俳優として楽しくて演技をしている様子が伝わってしまうほど演技が好きなんですね。

「好きこそ物の上手なれ」

まさに山崎育三郎さんはそんなミュージカル俳優かと。

山崎育三郎 結婚、子供もできて更に俳優として磨きが!

山崎育三郎さんといえば安倍なつみさんと結婚して、2月には安倍なつみさんの妊娠も発表されました。

出産は安定期に入っているので、5~7月頃かと。

夫として責任も持ち、更にミュージカル俳優として活躍しそうです。

2016y03m06d_112812901舞台の会見でも山崎さんは謙虚ながら

「1つの型にハマるのではなく、毎回新しい自分で勝負したい」

と語る熱い人柄でこれからも違うステージで演技を楽しんで活躍していくことを期待しております。

せばな~