2016年9月9日放送の「爆報!THEフライデー」で出演するのは80年代に「ミスター甲子園」と呼ばれるほど活躍して、元中日ドラゴンズの投手として活躍したYさんの現在を紹介します。

 

Yさんは調べた所、投手だった山田喜久夫さんのことで投手から打撃投手を経て、別の職種でわらび餅店を営んでいると事!

 

そんな山田喜久夫さんですが、

山田喜久夫さんのプロ野球としての活躍は?

現在わらび餅屋を開いたの?どんなお店?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

元中日ドラゴンズの投手・山田喜久夫の現在?打撃投手を経て今はわらび餅店?なぜ理由は?

山田喜久夫 現在

山田喜久夫さんは地元・愛知のにある東邦高等学校へ入学して一年生からエースの座に就く逸材でした。

 

そして、元木大介(元巨人)、種田仁(元中日)達がいた上宮高と決勝で対戦し劇的なサヨナラ勝ちを果たしたエースでも有ります。

 

高校での成績は、第60回選抜高等学校野球大会で準優勝、第61回選抜高等学校野球大会では優勝し、第71回全国高等学校野球選手権大会に出場を導いた方でした。

山田喜久夫の野球生活!プロで8年!打撃投手で13年!

高校で活躍した山田喜久夫さんは1989年にドラフトで中日ドラゴンズの5位指名を受け入団します。

 

中日ドラゴンズでは主に中継ぎをしており、1994年に中日と巨人によるペナント最終戦、リーグ優勝が直接対決で決まる「10.8」で二番手という大役を務めた方です。

 

そして1999年に広島カープに移籍しましたがその年に現役を引退してプロとして8年間で幕を閉じました。

 

広島カープをクビになった山田喜久夫さんですが、当時広島カープにいた金本知憲さんから「球団に残って打撃投手やってくれないか」と言われていました。

それだけでなく、当時横浜ベイスターズの監督だった権藤博さんには「現役でやらないか」とラブコール。

 

しかし山田喜久夫さんはもう野次られるのが嫌で、横浜ベイスターズの打撃投手として裏方に周りました。

 

打撃投手としての山田喜久夫さんの評価は高く、中日ドラゴンズに移動した時も落合さんに好評価を貰ってその分の対価をもらうほどで、辞めた時も色んな選手からラブコールされていました。

 

そして山田喜久夫さんは、怪我による肩や肘が痛くなり、打撃投手として無理と感じて2012年に辞めます。

山田喜久夫がわらび餅店に?きっかけは?

2012年に中日ドラゴンズの打撃投手を辞めましたが、その時にわらび餅をお土産にあいさつをした時に、

「これ、おいしいからやってみたら?」

と球団の方にアドバイスされたことがきっかけでわらび餅屋を開くことを決意しました。

 

山田喜久夫さんは「本物をお出しする」するためわらび餅をこだわり、京都と名古屋で1年間の修業していろはら学びました。

 

そして2016年3月にナゴヤドーム近くに構えた喫茶店「喜来もち ろまん亭」をオープンしました。

 

ちなみにわらび餅の名前は「喜久夫」から、喜びが来るよう「喜来餅」と名づけており、結婚式等の喜ばれる引き出物で注文を頂けているとの事です。

 

今では中日の荒木選手や同学年で現在巨人のサブマネジャーを務める大野和哉さんと、多数の野球関係者が来ており、反響があるようです。

 

経営も家族経営が基本で人件費のコストも極力抑えながら、その分を設備費と原材料費に投資していますが、その原材料の仕入れが安定いる物を選んだりと、経営失敗しないようにリスクを減らしています。

 

山田喜久夫さんは、セカンドキャリアとして、「90%の割合で未経験者による飲食店が3年以内に店をたたむ」現実を受け止めて日々勉強しているようです。

スポンサーリンク

喜来もち ろまん亭のお店情報

喜来もち ろまん亭は手製のわらび餅専門店。

本わらび粉に、京都産大豆100%のきな粉で、添加物に敏感な赤ちゃんでも安心して食べられる安心なわらび餅が自慢です。

【お問い合わせ】

052-722-3310

【営業時間・定休日】

営業時間:10時~17時
定休日:月曜

【料金】

わらび喜来もち 650円(6個入り)、1250円(10個入り)

【場所】

名古屋市東区矢田南2-7-5

元中日ドラゴンズ山田喜久夫の現在は職人わらび餅店!投手・打撃投手からの転職!

現在はセカンドキャリアであるわらび餅店を成功させようと日々勉強している山田喜久夫さん。

 

山田喜久夫さんは今も野球関係者が気ににするほどの人気ぶりで、それほど打撃投手として評価も高く信頼されていた人材だったのでしょう。

 

広島カープにクビになったりと挫折を味わっている山田喜久夫さんは、おごらず着実にわらび餅店をきっと成功させていつしか名物店として切り盛りしてください!

 

せばな~