NHK「ろうを生きる 難聴を生きる」に出演する、西武ライオンズ・山田遥楓選手。

彼は、難聴でありながら、プロ野球選手として頑張っています。

 

難聴だと、周りの声も聞きずらくチームの連携を取るのが難しそうですね。

特に日本の野球は、技術やチーム連携のレベルが高いことで有名なので、

そう考えると山田遥楓選手は日本プロ野球として、かなりのハンデを背負っています。

 

そんな山田遥楓選手ですが、

山田遥楓選手はどんな方?

山田遥楓選手はプロでは活躍している?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

難聴の山田遥楓選手について!努力で認められる!

山田遥楓選手プロフィール

山田遥楓選手

出身地     佐賀県佐賀市
生年月日    1996年9月30日
投球・打席   右投右打
ポジション   内野手(遊撃手)
プロ入り    2014年 ドラフト5位

山田遥楓選手の野球をはじめたきっかけ!学生時代、努力で活躍!

小学校2年生の時に兄が野球をしている影響を受けて野球を始めました。

実は、3歳の時に右耳が先天性の難聴であることがわかり、野球を始める前からハンデを背負っていました。

 

中学2年生から「藤本ベースボールクラブ」で硬式野球でプレイをしていました。

ちなみに、オリックス・バファローズに所属する堤裕貴選手も「藤本ベースボールクラブ」出身者です。

 

佐賀工業高校では1年生の秋からレギュラーを務めており、3年生ではなんとキャプテンなるほどの活躍をしていました。

山田遥楓選手は身体能力が優れているとスカウトに好評な程でしたが、右耳のハンデを追いながらも相当努力をしたんだと思います。

 

しかも、キャプテンとなるとチームの連携やまとめないといけないので、更に右耳の難聴を患っている山田遥楓選手の苦労はかなりのものだったと容易に想像できます。

 

それを乗り越えて、県大会で決勝に進み、甲子園出場までは行きませんでしたが、チームをここまで引っ張りあげた力は尊敬します。

 

そして、下半身のバネと瞬発力と身体能力の高さにスカウトが惚れて、西武からドラフト5位で指名されました。

スポンサーリンク

山田遥楓選手の現在!プロ野球の活躍は?

2015年は2軍で48試合出場をし、内野を主に様々な守備を任されて経験を積んでいきました。

 

また、女性のファンがいたりと人気でフェイスブックで「山田遥楓選手を応援会」もあるほどです。

⇒山田はるか選手応援会in鍋島

 

2016年、オフに佐賀に帰り、筋力をアップして体重が74キロから80キロにアップしました。

一年プロ野球を経験して、オフでは一軍に這い上がるために体づくりに集中してきました。

ここから、さらに筋力を上げるそうです!

 

山田遥楓選手には、打撃と身体能力を活かした守備でアピールして一軍で活躍してもらいたいです。

一軍で活躍することで、ハンデを背負っても努力すればプロでやっていける希望を野球少年たちに見せて頂きたい!

今後プロとして山田遥楓選手の活躍を期待しております!

 

せばな~