2017年10月12日放送の「アウト×デラックス」に出演す矢幡洋さんが私生活を暴露するようです。

 

そんな矢幡洋さんには嫁と娘がいるそうですが、どんな方なのでしょうか?

 

ということで今回は、矢幡洋さんの嫁と娘について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

矢幡洋 プロフィール

矢幡洋 娘
(画像引用元:http://lifes-bright.com

愛称      フルボッコ先生
生年月日    1958年1月3日
職種      臨床心理士、ライター、コメンテーター

 

京都大学文学部哲学科を卒業から、名護浦和相談室(1984年~1991年)、明治生命厚生事業団ウェルネス開発グループ(1993年~1999年)等を経て、矢幡心理教育研究所(現:矢幡心理カウンセリング研究所)で1999年から活動をしています。

 

また宮沢賢治等の有名作家の心理や、神戸連続児童殺傷事件やドクター・キリコ事件等の犯罪心理の書籍、心理学に関する書籍を数々執筆しています。

 

さらに心理学者としてテレビに度々出演しており、コメンテーターとしては酒井法子さん、佐村河内守さん等の有名人の心理分析のコメントをしていました。

 

それだけでなく、現在はそのインパクトの有る風貌からバラエティ番組にも進出しています。

矢幡洋の娘は自閉症?嫁は離人症で別居中?

嫁は離人症?

矢幡洋さんの嫁である奈緒さんは全てが他人事のように聞こえる精神の病気「離人症」を患っています。

 

原因は幼い頃から壮絶な家庭環境で育った影響から離人症を患ってしまったそうです。

 

しかし、奈緒さんは心理療法家になりたいと思い、努力の結果、心理療法家になることが出来ました。

 

それから同業者である矢幡洋さんと出会い、結婚しました。

矢幡洋 嫁
(画像引用元:http://najira-channel.blog.so-net.ne.jp

そして、結婚後は矢幡洋さんと嫁の奈緒さんは同業者ということで、新宿にカウンセリングルームを立ち上げていたのでした。

娘は自閉症でアイドル志望?

矢幡洋さんの娘であるエリさんは社会性と対人関係の障害、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りが症状としてでる「自閉症」を患っていました。

 

矢幡洋 娘
(画像引用元:http://rakiam.com

この画像は2012年2月の頃の画像ですので、現在はだいぶ大人になっていることでしょう。

 

矢幡洋さんの娘が自閉症とわかったのは5歳のときだったそうで、それからは矢幡洋さんも仕事よりも娘に向きうようになり、だいぶ症状も改善してきているとのことです。

 

またアイドルに興味があるとのことで、歌とレッスンにも通わせているとのことです。

スポンサーリンク

貯金ゼロの理由は?

結婚当初は嫁と一緒に新宿にカウンセリングルームを立ち上げて働いていた矢幡洋さんですが、娘の子育てのために休業せざる得なかったのです。

 

生まれてきた娘はミルクを飲まず、少しのことで泣き続けたりと眠らなかったようですが、こころは矢幡洋さんも自閉症を知らなかったのでした。

 

それから娘が自閉症と判明しましたが、その頃には嫁の奈緒さんはもともと体も弱くて参っていました。

 

そのため、矢幡洋さんは仕事をしながら病弱な嫁を支え、自閉症の娘を面倒をみていたのでした。

 

だから矢幡洋さんは満足に仕事がすることができず、経済的にギリギリで貯金ゼロだったのです。

嫁と別居で離婚危機?

実は現在、2016年11月から別居中で、矢幡洋さんの嫁が家を出て実家にいるらしく、離婚危機にあっているようです。

 

さらに矢幡洋さんの嫁は娘に矢幡洋さんの悪口のメールを送っているらしく、夫婦の関係は険悪になっているのです。

 

矢幡洋さんのツイートを見る限りだと、嫁は少々ヒステリックになっているように見えますが大丈夫でしょうか…

矢幡洋の嫁は離人症で離婚危機?娘は自閉症で家族を支える!

矢幡洋さんはコミカルに見えますが、娘は自閉症で面倒見なかればいけなくて大変だったようです。

 

しかし、仕事より娘を優先した事により症状を改善させていたのです。

 

ちなみに矢幡洋さんはその手記を出版されており、第33回講談社ノンフィクション賞の最終候補に選ばれています。

 

さらに嫁は離人症で現在は別居で娘に悪口のメールを送っていると関係は険悪のようです。

今後も色々と大変かもしれませんが、まずは娘のために仕事を頑張ってください。

 

せばな~