2017年1月27日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「ヤギは群れになって木に登る。○か×か?」

 

ヤギが山を登るのはよくありますが、まさか木にまで群れになって木に登るのでしょうか?

また、ヤギがなぜ普通登れないようなところを登ることが出来るのでしょうか?

 

ということで今回は、ヤギが群れになって木に登る理由とあわせて、ダムや崖の登りができる理由を紹介します。


スポンサーリンク

ヤギが群れで木に登る動画?ダムや崖登りが出来る身体能力はどこから?

実際にモロッコのサハラ砂漠にて、ヤギは群れでアルガンオイル(モロッコオイル)の原料になるアルガンツリーに登ります。

モロッコのサハラ砂漠は灼熱地獄で草木も育たず、水や食料も少ないです。

 

そのためヤギはサハラ砂漠でも育つアルガンツリーに登り、葉や実を食べて生き残っています。

 

ちなみにアルガンツリーはモロッコにしか生息しておらず、この木から作られるアルガンオイルは、ビタミンEの含有量がオリーブオイルの約3倍で老化防止にもなる凄いオイルです。

 

アルガンオイルの作る工程として、木の上でヤギが食べた身の種が地面に落ちて、それを拾い集めて作られるので、アルガンオイルを作るためにヤギは欠かせない存在となっています。

ヤギは崖でもダムでも登ることが出来る?

野生のヤギは山だけでなく、クライマーが登るような崖でも登ることが出来ます。

ヤギ 崖登り
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp/amplit/imgs/d/7/d7a43673.jpg)

 

他にもイタリア北部のチンジーノのダムで、ヤギの群れが、ほぼ垂直な高さ約50mのダムの壁をはりつくようにして渡り、ダムの壁の石を舐め回している様子が目撃されています。

 

そんなどこでも登ることが出来るヤギですが、登って降りれなくなってしまうこともしばしあるようです…

スポンサーリンク

ヤギが木や崖、ダムまで登るクライマーの理由?

ヤギのひづめは2つに分かれて、外側が固く伸びが早く、内側が柔らかい構造となっています。

ヤギが木に登る
(画像引用元:http://animalpedia.blog.fc2.com/blog-category-22.html)

そのため、どんな岩場にもひづめを引っ掛けて器用に登ることが出来るようになっています。

 

だから木だけでなく崖やダムまでも登ることが出来、餌を取ることが出来るんですね~

ヤギが群れで木やダム、崖登りまでする身体能力!もはやクライマー動画!

過酷な環境でも脅威の身体能力で高いところを登り、生き残ってきたヤギ。

 

そして木に登り、落とした種を使って人間がオイルを作ったりと、共生関係を築いているのも素晴らしいですね。

 

今後もそのクライマー力を遺憾なく発揮してください!

 

せばな~