芸能人といった人物から様々な事柄を教えてくれるwikipediaですが、寄付がしつこくて怪しいと度々話題になっているようです。

 

いったい、wikipediaでは寄付をどんな内容を駆使して、寄付してもらおうと画策しているのでしょうか?

 

ということで今回は、wikipediaの寄付お願いが怪しいと言われる内容をまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

wikipedia寄付が怪しい?wikiの迫りくるしつこい・怖い内容?

wikipediaは運営するウィキメディア財団は広告を掲載せずに、寄付によって全ての運営費を調達しています。

 

そのため、寄付のお願いのバナーを定期的に表示しており、インターネットにおける恒例行事となっています。

wikipedia寄付バナーまとめ

デカイしフォントが怪しい?

恒例行事となったwikipediaの寄付ですが、巨大寄付バナーによりこの押し売り感が怪しいと思われています。

wiki 寄付
(画像引用元:https://pbs.twimg.com


(画像引用元:https://pbs.twimg.com

さらに、文字が明朝体にあったりとフォントにも胡散臭さが出ているようです。

 

確かにこの広告の大きさはまるで、家に押し売りに来た営業のような振る舞いで、そのため怪しさ・怖さを感じたのでしょう。

コーヒーの値段で例えて寄付のお願い

今度は「コーヒー1杯ほど」と例えることで僅かな金額と訴えかけ、コーヒーを我慢してwikipediaにご助力を願ったのです。


(画像引用元:https://pbs.twimg.com

しかし、コーヒーが1杯700円と高いとツッコまれてしまいます。

 

それからツッコまれたせいか300円でコーヒー1杯と例えが修正されていました。

wikipedia 寄付
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

寄付後も定期的にメールでしつこい!

wikipediaの寄付をすると、長々と書かれた感謝の言葉のメールが届き、良いことをした満足感を得ることが出来ます。


(画像引用元:http://blog-img.esuteru.com

 

しかし、寄付をするとメールアドレスが特定されているので定期的に寄付のお願いメールが来るのです。

wiki 寄付
(画像引用元:http://www.ikumen.blog

寄付のお願いメールが来るのは毎年だったり、3年後、5年後とマチマチのようです。

 

やはり、これもしつこい押し売り感が怪しさを感じ、メールの内容の固さ・言い回しが更に怪しさ・怖さが増しているように見えます。

スポンサーリンク

スクロールしてもついて来る寄付願い

スマホだと寄付願いが画面の7割を閉めているほどのバナーとなっています。

wiki 寄付
(引用元:https://ja.wikipedia.org

 

そして、面倒で「閉じる」を押さずにスクロールして消そうものなら、バナーが追跡して寄付願いが迫り来るのです。

wiki 寄付
(引用元:https://ja.wikipedia.org

集まった寄付金額はいくら?しつこい理由は?

様々な寄付お願いを駆使しているwikipediaですが、このおかげでしっかりと寄付金額は取れているようです。

 

2009年には24万人が合計800万ドル(役8.85億円)、2011年1月には役50万件の寄付が140カ国から50日間で集まり、1600万ドル(17.7億円)の資金調達に成功しているのです。

 

2014年にはウィキメディア財団の純資産は7700万ドル(85.16億円)を超えているとのことです。

 

しかし、この多額の寄付金額が集まっていることにより、寄付のお願いがwikipediaの危機を過剰に煽っているのではないかと指摘されています。

 

そして、相当な寄付金額となっていますが、日本からの寄付は他の国に比べてかなり少ないとのことです。

 

実際に2014年は6月期の寄付総額は5100万ドル(約60億1800万円)でしたが、日本からは120万ドル(約1億4200万円)と、全体のわずか2%ほどしかありません。

 

また、「ウィキメディア財団」に取材した所、「日本はまだ寄付をそれほど認識していません」と回答しているので、やはり日本に認識させようとしつこい寄付を促しているのです。

 

そのため、日本は他の国より寄付金額が少ないからこそ、しつこく寄付をお願いされているのです。

wikipedia寄付の怪しい・しいつこいのは日本が少ないから?wikiメールが怖い!

様々な方法を駆使して寄付のお願いをするwikipediaですが、その内容が押し売り感が激しくて特に日本には受け入れ難いようです。

 

そのため、日本での寄付金額が少なく、それでもwikipediaは寄付しないと運営できないのでお願いとループになっているようです。

 

みなさんも確かにしつこいし、怖いような不気味さがありますが、これもwikiを運営維持のためと機会がありましたらwikiに寄付をしてみてはいかがでしょうか?

 

せばな~