2016年8月31日放送のフジテレビ「世界の何だコレ!?ミステリー」で紹介される謎の白い大地!

場所はアメリカ・ニューメキシコ州であたり一面砂漠で白い大地を形成しています。

 

そんなアメリカ・ニューメキシコ州にある白い砂漠ですが、

白い砂漠の場所はどこ?

なぜ白い砂丘が出来たの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います

スポンサーリンク

ニューメキシコ州ホワイトサンズとは?なぜ白い砂丘?石膏で出来た砂漠!

ホワイトサンズ

アメリカ・ニューメキシコ州にある白い砂漠とは「ホワイトサンズ」という国勢調査指定地域にされている所です。

 

人口は1323人、白い砂漠の総面積は712平方kmで、日本の東京23区(621平方km)よりも更に広いです。

ホワイトサンズ、白い砂漠の正体は「石膏」!なぜ理由は?

ホワイトサンズにある白い砂漠の正体は「石膏」でした。

通常は石膏は水溶性あり、海に流れたりして砂のように残るものではなく珍しいです。

 

このホワイトサンズでは海へ流れだしたりする川が一切なく、雨が降った時に池を作りその水が蒸発して大量の石膏の結晶を残して出来上がりました。

 

そして石膏の結晶は、風化と侵食、摩擦によって細かくなって透明な結晶が傷ついて光を通さなくなったことから白くなって、白い砂漠を作り上げました。

 

白い砂漠は南西から常に風が吹いており、石膏の砂漠は北東に運ばれているため、ホワイトサンズは動いています。

 

年に10mも動き続けており、どんどん侵食をしているのでしょうか?

 

この石膏の砂漠は海に流れる川もなくて雨量も少なく、アルカリ性な自然環境のため植物が成長するのが難しい環境となっています。

 

ちなみにこの石膏の砂漠は、通常の砂漠と違って熱を吸収しにくく暑い日差しに照らされても、素足で白い砂漠を歩くことができるので肌で自然の神秘を感じれます!

スポンサーリンク

ニューメキシコ州ホワイトサンズを訪れる?自然の神秘「白い砂漠」をぜひ!

珍しい石膏で形成されている白い砂漠ホワイトサンズ。

広さも凄く、あたり一面白い砂漠は絶景でしょう!

 

そして暑い日差しでも素足で歩けるので、肌で自然を感じて観光にはピッタリの場所ですね!

 

みなさんも、もし機会があればアメリカ・ニューメキシコ州にあるホワイトサンズに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

せばな~