2016年10月24日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」に登場する鰐淵晴子さんの娘・鰐淵理沙さん。

 

鰐淵晴子さんといえばあのマリー・アントワネットを輩出したヨーロッパの名門貴族“ハプスブルク家”の末裔!

 

その娘である鰐淵理沙さんの私生活を密着した所、ご自宅には数百万円ものヴァイオリンもむき出しで置いた貴族なような振る舞い。

レジ前で理沙さんと晴子さんがとのイザコザでおばさまあるあるをみせて微笑ましい一面を見せています。

 

そんなハプスブルク家の鰐淵一家ですが、

本当にハプスブルク家の人なの?

鰐淵理沙さんの活動歴は?本当に音楽一家?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鰐淵理沙は音楽一家?日本人でハプスブルク家の末裔?経歴は?

ハプスブルク家の末裔!鰐淵理沙のプロフィール

鰐淵理沙

生年月日    1973年6月15日
出身地     東京都
血液型     A型
職業      声楽家・タレント
ジャンル    舞台女優

 

鰐淵理沙さんはカメラマンのタッド若松さんと、女優の鰐淵晴子さんの間に産まれた一人娘。

 

そして母で女優である鰐淵晴子さんのお父様が日本人のヴァイオリニストで、お母様がオーストリ人でハプスブルクの末裔とのことです。

 

つまり鰐淵理沙さんの母方のお祖母様がハプスブルク家の末裔だったとのことです。

 

実際に鰐淵晴子さんがTBS系「世界・ふしぎ発見!」でゲスト解答者で出演した時にカミングアウトしたようです。

 

そして家系から見るに音楽家が多く、芸術一家だったようですね。

音楽一家?鰐淵理沙の活動歴は?ドイツで活動!

NHK交響楽団のコンサートマスターをしていた祖父・鰐淵賢舟の指導で幼少からバイオリンとピアノを学んでいた鰐淵理沙さん。

 

洗足学園大学声楽科に在学していた時の1991年2月にはロッテが発売した「ティラミスチョコレート」のCMで芸能界をデビュー。

大学卒業後は音楽の本場ドイツに留学します。

鰐淵理沙、本場ドイツで歌手活動!

ドイツに留学した鰐淵理沙さんは歌手として様々な活躍を果たします。

 

オペラ歌手としてはケルン室内オペラ劇場、ハナウ市歌劇場、リンダウ市劇場多数の劇場で活動し、アーヘン市立歌劇場ではアンサンブル歌手としても活動。

 

オペレッタ歌手としてはアーヘン市舞踏会ホールでオペレッタ・ガラ・コンサートに出演。

 

コンサート歌手としてはドイツだけでなく、オーストリア、イタリア、フランス等のヨーロッパ圏内でコンサートに出演。

 

ミュージカル歌手としてはミレニアムレイヤーを記念して日仏共同製作されたミュージカル「ダ・ヴィンチ~光の翼」のヒロイン・モナリザ役に抜擢。

 

歌手として幅広い活動をしてきました。

スポンサーリンク

日本に帰国した鰐淵理沙の現在の活動は?

2014年に日本に帰国した鰐淵理沙さんは、現在も歌手・タレントとして活動中。

 

コンサート歌手として多数のイベント、ライブ、コンサートに出演。

タレントとしても海外で活動していた語学力を活かして、2015年6月のNHK 「テレビでドイツ語」に出演したりと海外で活動してきた事を活かしているようです。

日本人でハプスブルク家の末裔はやはり芸術家!音楽一家の鰐淵理沙!

鰐淵理沙さんはハプスブルク家の末裔として、音楽のジャンルで活動してきているようです。

 

しかし音楽で歌手といっても、多数のジャンルで本場のドイツで活動してきたのはやはり血筋がすごいからでしょうか?

 

それもありますが、幼少期から音楽一家として指導されて頑張ってきた鰐淵理沙さんの努力の賜物でもあるでしょう。

 

今後も「ハプスブルク家の末裔」「音楽一家」として様々な活動頑張ってください!

 

せばな~