フジテレビ「アウト×デラックス」に出演する若手芸人若井おさむさん。

若井おさむさんとえいば「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイさんのモノマネでコントをすることで有名ですね。

最近は正直テレビで見なくなりましたが…

 

そんな彼が「アウト×デラックス」に出演しますが、なんでも若井おさむさんには過去に闇が有るとのことです。

一体 若井おさむさんにどんな闇の過去をもっているの?

最近テレビで見なくなってけど今現在は何しているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

若井おさむの闇の過去がヤバイ!

若井おさむ 現在

若井おさむさんは小さい頃から実の母と兄に20代前半まで虐待を受けていました。

その虐待は壮絶で、若井おさむさんは母と兄にずっと殺意を持っていたが、自分の将来のためにずっと耐えていました。

 

ついに虐待が辛くて自宅を離れることにした若井おさむさん。

その後、開店費用を父親に出してもらい小さな居酒屋を始めました。

 

しかし、実家に若井おさむさんが離れたことで、今度は母と兄の虐待の矛先は父親に向けられます。

若井おさむさんは父親に離婚を勧めて遂に悩んだ挙句に父は離婚を決意しますが、その日に命を断ってしまいます…

 

父親の葬儀にて、若井おさむさんは母と兄に

「お前らのせいだ!」

と訴えますが、母方の親族たちには理解してもらえずに絶望してしまいます…

 

若井おさむは遺産で揉めることを嫌がり、自ら遺産相続を放棄しますが、父親の名義で買った居酒屋を手放す事になりました

若井おさむ絶望から救ったのは松本人志!

若井おさむさんは絶望し、東南アジアの放浪の旅に出て命を絶とうと場所を探していました…

 

それを救ったのが松本人志さんの出演していたドラマ「伝説の教師」です。

 

友人から松本人志さんがドラマに出ていると聞いた若井おさむさん。

松本人志さんの大ファンであった若井おさむさんは、お笑い一本の松本人志さんがドラマをやるわけ無いとびっくりして、確認する為日本に一時的に帰国します。

 

ドラマを観た回が”自殺をするな”というテーマで

「人間は笑うために生きている」

と諭されて心を打たれた若井おさむさんは、号泣して絶望から救われました。

 

その後にアジアの放浪に戻って旅を楽しみ、日本に帰国してお笑いの道にいきました。

スポンサーリンク

若井おさむがタトゥー?彫った理由!

若井おさむさんの両腕にはタトゥーがありますが、これは決してかっこつけたいとか目立ちたいとかではなく、若井おさむらしい決意の表れで彫りました。

若井おさむさんは東南アジアの旅でタイで「愛」「平和」「自分自身」が大切という事を知り、思いをずっと忘れないようにタトゥーを彫りました。

 

手持ちの500円しかなかったお金を使って左腕に「LOVE」「PEACE」と彫り、右腕には「036(おさむ)」と彫りました。

若井おさむの今現在は?仕事が減っている?タトゥーも…

若井おさむさんの現在は、お笑いの仕事が営業で月に3回ほどでヤマト運輸でアルバイトで稼いでいます。

 

そのため天津・向清太朗さんから

「アムロがヤマトに乗ってる」

とネタにされますが、若井おさむさんは気づいていなかったらしいです。

 

妻とも離婚をして、幸せにできなかったことを悔やんでおり、

拝むものがほしいとジオン軍を金色の仏像に改造して拝む対象を作ったりと迷走しています。

 

タトゥーも500円で彫ったため粗末で文字も滲んだり、「0」と「6」の間が狭まったりとしています。

 

若井おさむさんは、こんな経済的につらい状況でも

「『犯罪と自殺は絶対にしない』と書いて、冷蔵庫に貼ってます」

と告白して共演者をドン引きさせます。

 

しかし、過去のことを考えると若井おさむさんなりの決意の表れで素晴らしいと思います。

タトゥーもみすぼらしくなっても、若井おさむさんにとって、東南アジアでの思いを忘れなければ良いのです。

 

これからも、どんな不幸な事があっても両腕のタトゥーと松本人志さんのお言葉を胸に活躍をしてもらいたいです。

それが、これから絶望してしまった人たちに勇気を与えるかもしれません。

 

松本人志さんの言っていた「人間は笑うために生きている」のように、そのつらい過去が笑い話になるくらい幸せになってもらいたいです。

 

せばな~