2016年10月7日放送の「世界の果てまでイッテQ!」では秋の2時間スペシャルで内村光良さんが52歳で鉄棒・大車輪に挑戦します。

 

2年前に挑戦したバック転よりはるかに難易度が高い大車輪。

2ヶ月間仕事の合間に必死に練習したとのことですが、見事成功できるでしょうか?

 

ということで今回は、ウッチャンこと内村光良さんが大車輪を成功できるか調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

内村光良、鉄棒・大車輪に挑戦!52歳でウッチャン成功出来る?

2016y10m07d_113535163

内村光良さんは少年時代は芸術・運動両方で秀でている存在で「神童」と言われていたほどの存在。

 

水泳大会では8位入賞、ソフトボールでは市の大会で優勝、他にも野球・剣道部を掛け持ちしていたりとスポーツ万能。

美術においても授業で描いた「水彩絵の具で描いた様な絵」でコンクールで入賞。

 

さらには小学校では児童会長、中学校では生徒会長とリーダー気質も子供の頃からありました。

 

文武両道な内村光良さんはお笑い芸人になっても、お笑いスター誕生でその場で宙返りをしたりと運動神経はピカイチ。

 

運動神経の良さを活かして難易度が高いアクションをこなし、映画やドラマではスタント無しで体当たりでアクションを行ったりとしていました。

文武両道・運動神経抜群の内村光良!衰え・年には勝てない?

そんな運動神経抜群の内村光良さんですが、40歳を超えてからはバク転は出来たが宙返り等の危険があるものは控えていました。

 

「世界の果てまでイッテQ!」では老化による体力の低下で息切れしており、「祭りシリーズ」でも足を引っ張り、一時はお祭り男から引退も考えたほど。

 

また腰を痛めたり、ちょっとした段差でもコケる、ストレッチで腹を捻って中断したり、フラフープの輪くぐりで右手を負傷した時は半年上も痛みが残ったりもしています。

 

そのため最近は、内村光良さんが体を張ると「リアル沙悟浄」「ドジ男」と言われていました。

 

やはり運動神経抜群の内村光良さんでも筋力の衰えたりと年には勝てないでしょうか?

スポンサーリンク

大車輪に筋力は関係ない?内村光良成功できる?

大車輪を素人目から見ると握力や筋力が相当必要かと思いきや、あまり必要ではないようです。

 

体操競技選手は基本プロテクターを使っているので握力も必要がなく、要は体を振ったり回転する時の感覚が大切なのです。

 

となると、筋力が衰えた内村光良さんでも十分大車輪を成功させることが可能で、もともと運動神経が良いので大車輪成功の可能性が高いかと思います。

 

問題は2ヶ月間仕事の合間ということで期間が短いということがネックとなりそうですね。

 

だだ「世界の果てまでイッテQ!」で練習では一度も出来なかった丸太渡りを、本番の予選・準決勝で成功させたりと、本番にメチャクチャ強いでのこれは期待大ではないかと思われます。

衰えは関係ない!運動神経抜群、本番に強い内村光良なら大車輪成功できる!

運動神経抜群の内村光良さんですが、最近の衰えによりドジっ子となって大車輪は難しいと思いました。

 

しかし大車輪には筋肉や握力は関係なく、感覚が大事なので内村光良さんが成功させるの可能性は大いにあると思います。

 

ぜひ内村光良さんには本番の勝負強さもあって、成功させてもらいたいです!

 

せばな~