2016年10月30日放送の「林先生が驚く初耳学!」では

「運動直後にお風呂に入ると痩せなくなる」

という初耳学が林先生に出題されます。

 

お風呂で温まり、脂肪を燃焼してくれそうなイメージですが、これが逆効果ということでしょうか?

 

ということで今回は、

なぜ運動直後にお風呂に入ると痩せなくなるのか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

運動直後にお風呂に入ると痩せなくなる?ダイエット効果の妨げになる?なぜ理由は?

運動をすればエネルギーが消費されて蓄積されていた脂肪を燃焼するという、ダイエット効果があるのはみなさんもご存知かと思います。

 

実は運動”直後”にお風呂にはいると脂肪燃焼の妨げになり、最近の科学でも証明されているとの事です。

 

運動直後の20分間ほどは、動いていなくても自動的に脂肪の燃焼が行われている状態です。

 

この自動で燃焼されている状態でお風呂に入ってしまうと体が温まって燃焼がストップしてしまい、せっかく燃焼できた脂肪が燃やすことができなくなります。

運動後のお風呂はダイエット効果はないの?

運動直後にはダイエットにとっては逆効果ですが、直後でなければダイエット効果は十分にあります。

 

先程言ったように、運動直後20分ほどは自動で脂肪を燃焼してくれるので、その後にお風呂に入るダイエット効果があります。

 

そしてお風呂に入ると得られる効果は「カロリー消費」「疲労回復」「リラックス効果」です。

 

お風呂による「疲労回復」と「リラックス効果」は承知かと思いますが、お風呂に入ると脂肪を燃焼ではなく、カロリー消費をしてくれます。

 

理由は、お風呂の中には水圧があり、入っているだけでも自動で動いているようにカロリーを消費をしています。

 

そのため、お風呂やサウナで汗をかくのは確かにダイエット効果に良さそうですが、そこまでの効果はなく、どちからというと溜まった臭い汗や加齢臭を流してくれる効果があります。

スポンサーリンク

運動直後のお風呂は痩せない!ダイエット効果の妨げになっていた!時間を見て入ろう!

運動でせっかく自動的に脂肪の燃焼が行われているのに、直後に入るお風呂は効果を妨げてしまいます。

 

しかし、お風呂自体はカロリー消費をしてくれるので、自動燃焼が終了後にお風呂に入り疲れた体を癒やしながらカロリーを消費しちゃいましょう。

 

特に年齢を重ねると、汗も臭くなるのでちゃんとお風呂で流さないと臭いと言われて大変ですよ!

 

せばな~