2016年10月20日に「NEWS ZERO」に出演した宇多田ヒカルさん。

 

番組では宇多田ヒカルさんが創作活動について語っている中、子育ての話となって「東京の育児環境」について印象を語ったことが大きな話題となりました。

 

休止活動後、今では結婚をして一児の母としてロンドンで子育てに励んでいる宇多田ヒカルさん。

そんなロンドンと比較して東京の育児に対してどんな事を考えたのでしょうか?

 

ということで今回は、

宇多田ヒカルさんが語った東京の育児環境とは?

どうしてロンドンで育児をしているの?

宇多田ヒカルさんの子育てはどうなっているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

宇多田ヒカルのロンドンでの育児は?子供の子育てはやっている?赤ちゃんは?

「外で赤ちゃんが泣いてたら、すごく嫌な顔される」

「ベビーカーを持って外に行って乗り物とかに乗ると、周りがまったく協力してくれない上に『なんだよ、こんな時間に』みたいな視線を投げかけられたり、実際に嫌なこと言われる」

と、東京の育児環境が「子育てしにくそう」と友人から聞いたエピソードを語った宇多田ヒカルさん。

 

この意見に視聴者は共感の声が殺到し更に、

「赤ちゃんが生まれて国が成り立っていくのに」

「将来自分の年金を払う人になってくれるのに」

「なんで、ちょっと泣いてるぐらいで嫌な気持ちになるんだろうとか、すごく不思議です」

と、宇多田ヒカルさんの認識ではそれが信じられないようで、現在住んでいるロンドンではそんなことは起きないようです。

 

ロンドンで一番いいと思うことで宇多田ヒカルさんは「母親と赤ん坊がどこにでもいる」ということを挙げており、どんなきちんとしたレストランで授乳しても嫌な顔をしないこと。

 

そんな「子育てしやすいロンドン」だからこそ、育児の場所として日本に赤ちゃんを帰国せずにロンドンを選んだのでしょう。

スポンサーリンク

宇多田ヒカルの子育ては?育児はどうなっている?

日本の育児環境について印象を語った宇多田ヒカルさんも2015年7月に男児を出産して育児をしています。

 

宇多田ヒカルさんは母乳で育てて、初めての育児に奮闘中。

大学を中退して15年ぶりの毎朝6時半起きをしたり、子育てには休日も体調不良になっても欠勤がないと親になって気付かされたりとその様子を明かしていました。

 

宇多田ヒカルさんの育児奮闘のかいあってか、赤ちゃんはすくすく成長しているとのことで、ファンも宇多田ヒカルさんのツイートに「いいね」をしたり応援のコメントが寄せられていました。

赤ちゃん無事成長!宇多田ヒカル、子供の育児も一段落?子育てから歌手活動へ…

ロンドンで子育てをして日本の育児に疑問を投げかけた宇多田ヒカルさん。

自身も現在進行形で育児をしていることもあり、東京とロンドンとの差にかなり驚いているようですね。

 

確かにお国柄と言いますが、東京は他に比べて「子育てしにくい環境」というのは事実。

 

これを変えるには人々の認識を変えなければいけないですが、なかなか難しいので何か体制を変えなければずっと「子育てしにくい環境」のままでしょう。

 

今の東京には他にもやることが多すぎて、そちらに目を向けることが出来ないかもしれませんが、日本の将来に直接関わる育児環境も改善してもらいたいものです。

 

せばな~