俳優の堤真一さんは千葉真一さんのJACにいましたが、なんと喧嘩別れで堤真一さんは退団したとのことです。

 

なぜ、堤真一さんは喧嘩してJACを退団したのでしょうか?

そんな、堤真一さんと千葉真一さんは不仲なのでしょうか?

 

ということで今回は、堤真一さんと千葉真一と仲や、JACを退団した理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

堤真一と千葉真一は不仲?jac退団は喧嘩別れで真相は?現在は?

堤真一 プロフィール

堤真一 千葉真一
(画像引用元:http://miyatarou.com

生年月日    1964年7月7日
出生地     兵庫県西宮市
身長      178 cm
血液型     AB型
職業      俳優
ジャンル    演劇・映画・テレビドラマ
活動期間    1984年~
事務所     シス・カンパニー

 

高校を卒業した堤真一さんは、1984年に友人の誘いで千葉真一主宰のJACに入団し、俳優として活動を始めます。

 

JAC退団後はTPTの演劇を中心に活動したりしていましたが、1996年にはテレビドラマ「ピュア」でブレイクし、2000年ドラマ「やまとなで」で認知度を高めます。

 

さらに2005年公開の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」では、第29回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等と、国内の主な映画賞の助演男優賞部門を多数獲得しています。

 

その後も「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「舞妓Haaaan!!!」で31回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞、「クライマーズ・ハイ」「容疑者Xの献身」で第32回日本アカデミー賞優秀主演男優賞および優秀助演男優賞を受賞しています。

 

その後も大河ドラマ「武田信玄」「翔ぶが如く」「武蔵 MUSASHI」等、連続テレビ小説「マッサン」に出演したりと好演し続けています。

堤真一のjac退団は千葉真一との喧嘩別れで真相は?

ことの発端は2017年12月5日放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、太田光さんが俳優・堤真一のJACの退団を暴露したことでした。

「千葉真一が気に入らなかったんですよね」

「千葉真一と大ゲンカしたんですよ」

 

太田光さんは1989年公開の映画「バカヤロー!2 幸せになりたい。」で共演していたらしく、その時に会話することが多かったとのことです。

 

そんな収録待ち時間に会話の際に、堤真一さんから千葉真一さんと喧嘩してJACを退団したと話していたようです。

 

ちなみに、太田光さん曰く、当時から堤真一さんはメチャクチャな男だったとのことです。

堤真一は自分の芝居をするためにJAC退団をした?

実はJACに入団したのは友達の誘いであり、「絶対役者になりたい」という強い思いもなく、JACに入った動機もはっきりしていなかったとのことです。

堤真一 jac退団
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

そんな中で坂東玉三郎主演の「天守物語」で坂東玉三郎さんと出会い、熱心に指導してくれたことから役者になりたいと芝居の熱を高めていったのでした。

 

そして、堤真一さんはアクション中心のJACでは「自分の芝居ができない」と退団を決意したのでした。

 

そのため、千葉真一さんのアクション中心のJACでは「自分の芝居ができない」と気に入らず、千葉真一さんと芝居に関して喧嘩していたのかもしれませんね。

 

だから、堤真一さんは自分の芝居をするために、千葉真一さんと半ば喧嘩別れのようにJACを退団したのが真相なのでしょう。

スポンサーリンク

千葉真一「堤真一がいい」

最近は堤真一がいい。彼も随分と勉強していましたからね。
テレビの『セーラー服と機関銃』のヤクザ役は本当に上手かった。あれも肉体ですよ。歩き方がヤクザなの。いつもはヒョロヒョロしていたのに、キチンと足を開いて歩いていた。それも、動きから役に入るというパントマイムができていたからです」

JACでは千葉真一さんと喧嘩別れのように退団したようですが、千葉真一さんは2013年のインタビューでは「堤真一がいい」と絶賛していました。

 

確かに喧嘩別れのようになりましたが、あくまでJACの芝居の相性が悪く衝突しただけであり、不仲ではないようです。

 

そんな、堤真一さんと千葉真一さんの芝居の意地と意地のぶつかり合いをしていたからこそ、いい演技が出来るようになって、今では名俳優となったのでしょう。

堤真一と千葉真一は不仲は嘘!jac退団は喧嘩別れで真相は芝居のぶつかり合い!

堤真一さんは千葉真一さんと喧嘩してJACを退団したようですが、これは自分の芝居ができないと演技のぶつかり合いで実際の仲は悪くないように見えます。

 

だからこそ、千葉真一さんは堤真一さんのことを高評価しており、こういったぶつかり合いをしてきたからこそ堤真一さんも現在は名俳優として活躍しているのでしょう。

 

こういったぶつかり合いは時代錯誤なのかもしれませんが、これもそれだけ役者として情熱があったからこそでしょう。

 

今後も堤真一さんは芝居の情熱を燃やし、様々なドラマ・映画で活躍することを期待しています!

 

せばな~