2017年1月8日に茨城県つくば市では成人式が行われましたが、毎年恒例のように新成人のDQNが暴れまわったようです。

 

もう毎年恒例ですが、今回はどんなDQNが暴れたのでしょうか?

そして取り押さえられたDQNはどうなってしまうのでしょうか?

 

ということで今回は茨城県くば市で起きた成人式について、

成人式の様子は?その時市長は?

暴れて取り押さえられたDQNはどうなった?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

茨城県つくば市の成人式で逮捕のDQNその後は?市長は交通事故で謝罪!

「なめんなよ」
「やってやるぜ」

茨城県つくば市では1月8日に成人式を行いましたが、式典が始まる前から暴走族のような車が来て、興奮状態で大声を上げている方がいました。

DQN「おい、五十嵐、覚えているか。オレはお前の運転手をしていたんだぞー」

市長「ありがとー」

あいさつから、いきなり無礼な声が飛びますが、そこは市長が上手く応対していました。

 

しかしそれで気を良くしたのか、あいさつが始まると羽織袴姿の新成人1人がステージに駆け上がろうとして止められていました。

茨城県つくば市 成人式
(画像引用元:http://www.akb48matomemory.com/archives/1063606032.html)

そのため式典が約8分間中断し、ステージに上がろうとした袴姿の新成人は公務執行妨害の容疑で逮捕されました。

成人式の意味を履き違えているDQN!

「多くの人が久しぶりに友達に会うことを楽しみにしていた。ほとんどの人は大人になる自覚も持っている」
「両親が精いっぱい、私の晴れ姿を見ようと着物をそろえてくれたのに…」

今回の茨城県つくば市成人式の混乱について、一部の行いのせいで台無しとなった方々は憤りを感じていました。

 

もともと成人式で参加した青年は、責任ある自立した社会人としてより良い社会の創造に貢献していくことを決意する式で、社会に正しい知識を学んで導いていくことが目的でした。

茨城県つくば市 成人式
(画像引用元:http://natalie.mu/music/news/171845)

しかし最近の成人式は、同窓会のように久しぶりのみんなと会えるビッグイベントと勘違いしているようです。

 

実際に2004年3月に横浜市教育委員会が行った市民意識調査によると、友達同士が再会する『同窓会』のような行事」が約2割から3割に及んでいると分かりました。

茨城県つくば市市長が抗議!しかし交通事故とタイミング悪し!

「(式典が)中断したのは事実で、責任を取るのが大人だ」

茨城県つくば市の五十嵐市長は、この逮捕者まで出た成人式について大人としてのちゃんとした責任を取ってもらいたいとコメントしました。

 

しかし、ちょうど五十嵐市長は前日の1月7日午前9時ごろに市長の乗用車が青信号で発進した際、前にいたトラックに追突と交通事故を起こしていました。

 

そのため、タイミングが悪かったのですが、市長はちゃんと大人として責任を取り、謝罪をしていました。

逮捕された成人はどうなった?

逮捕された方はは警察官に対する公務執行妨害のため、ほぼ起訴と裁判にかけられて処分されます。

 

そして3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。

 

しかし今回は19歳で未成年のため、重くても保護観察として少年院送り1年等の処分がくだされる可能性があります。

茨城県つくば市 成人式
(画像引用元:http://money-academy.jp/minor-crime-incidents/)

だから名前も報道では伏せられています。

 

こういった未成年による成人式の暴動を見ると、未成年を20歳から18歳に引き下げてもよいと思うのは自分だけでしょうか?

スポンサーリンク

茨城県つくば市の成人式で逮捕のDQNは未成年!市長と同じように大人として責任を!

毎年恒例のように成人式で意味を履き違えて、暴れている成人。

 

こういった報道があると、交通事故を起こしてしまった市長のように、大人として責任が取れるように18歳に未成年を引き下げても良いと思ってしまいます…

 

もう普通の成人式と暴れるように式を分けるか、本気で武装した警察に取り締まってもらいたいです…

 

せばな~