2016年7月6日放送の「ガッテン!」では、糖質制限ダイエットの落とし穴を紹介するようです。

 

現在手軽に出来て効果が望めることで、人気の「糖質制限ダイエット」ですが、やはりメリットにはデメリットもつきもの何かやり過ぎは危ないということでしょうか?

 

そんな「糖質制限ダイエット」ですが、

糖質制限ダイエットの危険性はどこ?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

やり過ぎ禁止!糖質制限ダイエットの危険性は?体を壊して危ない?

糖質制限ダイエット 危険

糖質を摂取すると血糖値を上げる効果があります。

血糖値が上昇すると脂肪を溜め込む原因となるインスリンを分泌してしまいます。

 

そのため、脂肪の貯めこむ最大の原因である「糖質」を制限するということで、「糖質制限ダイエット」が考案されました。

 

「糖質制限ダイエット」は糖質が多い、ご飯やパスタ等の炭水化物を制限することで効果が望まれて、高い確率で体重が落ちて手軽に出来ることで人気となりました。

 

しかし、糖質も必要な「栄養素」、制限し過ぎると体に弊害をもたらす可能性があります。

エネルギーを作る大事な「栄養素」!糖質制限ダイエットの危険性!

糖質はエネルギーを作ってくれる大事な「栄養素」です。

車で言えば動かすために必要なガソリンで、糖質が無ければ正常に体が動かない可能性があります。

 

糖質不足になると、力が出ず思ったように体が動かなかったりします。

 

他にも頭が働かず集中力の低下でイライラしてしまい、逆に過食をしてリバウンドを引き起こす可能性も有り得ます。

栄養バランスが乱れる!

 

三大栄養素の一つである「糖質」だけ抜くと栄養のバランスが乱れてしまい糖質が減る分、三大栄養素の「タンパク質」「脂質」の摂取する割合が多くなります。

 

そのため、血液がドロドロになって動脈硬化になり、心筋梗塞・脳卒中の危険性があります。

スポンサーリンク

糖質の代わりに、エネルギーを作ってくれる優れものがいるが…

実は糖質を摂取しなくても、ケトン体がブドウ糖が枯渇した時に脂質を燃焼してエネルギーに変えてくれます。

 

しかし、これはブドウ糖が枯渇した時と緊急時ということで危険もあります。

 

ケトン体が多くなると血液や体液が酸性に傾いてしまい、腹痛、頭痛、食欲不振、多尿、嘔吐等の症状が現れて、昏睡や意識障害が起きて命の危険性まであります。

 

便利で優れものケトン体ですが、こればっかりに頼ってはいけないということですね。

糖尿病の人は危険?

糖質制限ダイエットは糖尿病患者には危険では無いかと言われています。

 

糖質制限をすることにより、低血糖発作を起こし、脳卒中や心筋梗塞を起こす危険性が有り、最悪脳死状態になる可能性もあります。

 

そんな糖尿病患者には危険性があるので無いかと、日本糖尿病学会でも言われていましたが、最近は糖尿病学会理事長が糖質制限を糖尿病患者に行ってもいいと認めています。

 

しかし、医者という専門家の元での糖質制限なので安易に糖尿病患者が糖質制限を行うのは危険性がないとも言えないので、行う場合は医者に相談して、医者の監視下で安全に行ったほうが良さそうですね。

糖質制限ダイエットは危険?危ない?大事なのはバランス!

「糖質」も三大栄養素の一つであり、やはり無くてはならない栄養素です。

 

確かにそれを補う人間の体はすごいですが、それは今まで体が行っていなかったことを行う行為で何かしら弊害が出ます。

 

ですので、危険性を知り糖質制限をするとしてもやりすぎず、エネルギーを沢山使うのであればちゃんと摂取しておきましょう。

 

せばな~