2017年3月21日放送の「この差って何ですか」で気になる差がありました!

 

「ダイエット中にいいのは…A:糖類ゼロB:糖質ゼロどっち?」

 

よく聞く「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」で、どちらも似通ってダイエット中の人には、ありがたいように見えます。

 

しかし、実際に「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」の違いや、どっちがダイエットで太らないのでしょうか?

 

といことで今回は、「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」の違いと合わせて、ダイエット中に太らないのはどっちか調査していきます。


スポンサーリンク

糖類ゼロと糖質ゼロの違いは?ダイエットで太るのはどっち?

まず糖類というのは、糖質の一部です。

糖類ゼロ 糖質ゼロ
(画像引用元:http://lowcarb.merrily.biz

そして、一般的に使われる糖分に分類される砂糖は、糖類に分類されます。

 

これが、「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」の違いで、落とし穴となっています

糖類ゼロとは?

糖類ゼロというのは食品100g当たり(飲料100ml)、糖類含有量が0.5g未満の場合に表示可能な表記です。


(画像引用元:http://筋トレ糖質ダイエット肉体改造.com

そして、糖類は糖質の一部で、ぶどう糖や果糖の単糖類、砂糖や乳糖の二糖類の総称です。

 

つまり、単糖類と二糖類は0.5g未満と限られていますが、それ以外の糖質と甘味料が入っている可能性があるということです。

ダイエット的には太る?

糖類ゼロは砂糖がわずかしか入っていませんが、それ以外の糖質(甘味料)が入っている可能性があります。

 

そして糖質はダイエット中にはエネルギーに変換できずに、脂肪に蓄積されてしまう可能性があるので、避けたほうが良いです。

 

そのため、糖類ゼロはダイエット向けではなく、それ以外の甘味料が入っていないか注意したほうが良いです。

糖質ゼロとは?

糖質ゼロは食品100g当たり(飲料100ml)、糖質含有量が0.5g未満の場合に表示可能な表記です。

糖類ゼロ 糖質ゼロ
(画像引用元:http://crea.bunshun.jp

そして糖質は糖類も含む、キシリトールの糖アルコール類、高甘味度甘味料等の総称となります

 

つまり、糖質ゼロは甘味料全般に制限がかかっています。

ダイエット的には太る?

糖類とは違い、糖質ゼロは甘味料全般を制限しているので、糖類ゼロよりはダイエット的に太りません。

 

糖質を摂取すると、血糖値を上げてインスリンを分泌し、脂肪をエネルギーに変換せずに脂肪と蓄えられる可能性があります。

 

そういった事が起きないように、糖質制限ダイエットだったり、先にご飯を食べないように順番を考えるダイエット法があります。

 

そのような観点からでも、糖質ゼロのほうがいく分マシかと思います。

 

ただし、タンパク質や脂質等のエネルギーと、カロリーは摂取しているので、飲みすぎれば太ります。

スポンサーリンク

糖類ゼロと糖質ゼロの違いは甘味料の分類!ダイエットで太るのは糖類0?

糖類ゼロと糖質ゼロの違いは、糖類が糖質の一部で、糖類ゼロの場合は他の甘味料が使われている可能性があるので、糖質ゼロのほうが太りません。

 

ただし、どちらも飲みすぎればカロリーオーバー、エネルギーの取り過ぎで脂肪となったりするので、安心はできません。

 

そのため「ゼロ」と言っても、飲みすぎたりしないように、ストレス解消と適度に摂取し、バランス良くダイエットをしましょう。

 

せばな~