2016年7月25日放送の日本テレビ「月曜から夜ふかし」では「様々なマニアたち」ということで、灯台マニアが素晴らしい灯台ベスト3を発表するらしい。

 

色々なマニアがあるのは分かりますが、灯台マニアといった物も確立されているんですね!

 

そんなこんなで今回は

灯台マニアとは?

おすすめ灯台スポットは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

灯台マニアとは?フリーペーパー発行している不動まゆう?おすすめ灯台スポットは?

灯台マニア 不動まゆう

 

いろいろなマニアがいますが、灯台に魅せられてなんとフリーペーパー「灯台どうだい?」を発行して灯台の魅力を伝えようとした灯台マニア・不動まゆうさんという方がいます。

 

「灯台どうだい?」は2014年の春に発行してVol1~Vol5まで刊行されています。

内容は、「灯台グラビア」「防波堤灯台について」「灯台守インタビュー」「灯台放送について」「激撮 犬吠埼灯台24時!!」等といずれも灯台のマニアックな魅力に触れた内容となっています。

不動まゆうが灯台マニアになったきっかけは?

灯台マニアである不動まゆうさんは、夜に羽田空港の周りにある公園を訪れた時の出来事でした。

 

陸地の崖の上に立っているのが灯台かと思いきや、東京湾の真ん中に誰も近寄れないような所に1人で立っている灯台に魅せられて、

「気がつくと、私は灯台の瞳(レンズ)に恋をしてたんです。いや、『恋をした』っていうと恥ずかしいですが……」

と不動まゆうさんは、灯台に恋をしてしまいました。

 

不動まゆうさんのふとしたキッカケで、灯台マニアとなったんですね。

他の灯台マニアもやはり夜の灯台の光に魅せられて恋をし、マニアとなったのでしょうか?

灯台マニアの聖地巡礼?

灯台マニアの不動まゆうさんは、灯台のレンズを開発したフランスの物理学者オーギュスタン・ジャン・フレネル様の元へフランスへ聖地巡礼を行うようです。

 

フランスでもフレネル様を知られない方が多く残念がっていましたが、フレネル様の墓地を訪れた後はフランス灯台巡りをしていたようです。

 

やはり灯台マニアなので、灯台の起源を訪れるのは必然ですね!

スポンサーリンク

灯台おすすめスポットは?

実は灯台のレンズの大きさは小さい数から大きいく1~6等と分かれています。

ちなみに6等より小さいサイズは等外と呼ばれています。

 

そして日本では1等は5箇所で、

●犬吠埼灯台(千葉県銚子市)
●経ヶ岬灯台(京都府京丹後市)
●出雲日御碕灯台(島根県出雲市)
●角島灯台(山口県下関市)
●室戸岬灯台(高知県室戸市)

大きく迫力のある灯台ならコチラをめぐるのが良いです。

灯台おすすめスポット~旧稲取灯台~

東伊豆町にある旧稲取灯台は形は石燈籠のような形ですが、復元されたものですが明治42年に完成した形をそのまま残しています。

 

この昔ながらの形は他のところでは見れない幻の灯台と言われて、通好みの灯台マニアにはおすすめです。

灯台おすすめスポット~稲取岬灯台~

稲取岬灯台は先程の旧稲取灯台が使われなくなり、新しい灯台として使われました。

 

旧式と違い、遠隔操作で自動式となっているので、旧稲取灯台と見比べてるのがおすすめです。

灯台おすすめスポット~日御碕灯台~

島根県大社町にある日御碕灯台は日本一高いと言われており、その美しさから世界の灯台100選にも選ばれている程です。

灯台おすすめスポット~大瀬埼灯台~

長崎県五島市の大瀬埼灯台は断崖絶壁に立っており絶景。

さらに光が届く距離は日本でも屈指とのことです。

灯台おすすめスポット~平安名埼灯台~

沖縄県宮古島市にある平安名埼灯台は沖縄で唯一日本の灯台50選に選ばれている灯台。

綺麗な青い海に映える灯台は見応えがありますので、沖縄に訪れた時に立ち寄ってはいかがでしょうか?

灯台マニア・不動まゆう灯台で結婚!文化的価値のある灯台!

灯台マニアの不動まゆうさんは結婚するならもちろん灯台で、旦那にも灯台に興味をもってもらいたいとのマニアぶり!

 

灯台は昔から姿形は変わりつつ今もある文化的価値がありますね。

 

皆さんも機会があれば、灯台に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、魅せられて灯台マニアになっちゃうかもしれませんよ?

 

せばな~