2017年、フライデーの5月号にてトータルテンボスの大村朋宏さんが不倫していたことが報道されてしまいました。

 

大村朋宏さんには嫁がいて愛妻家として有名でしたが、なぜ不倫をしてしまったのでしょうか?

そんな本妻と不倫相手の馴れ初めは?

 

ということで今回は、嫁と不倫女性の馴れ初め、そして不倫した理由を調査していきたいと思います。


スポンサーリンク

トータルテンボス大村朋宏が不倫で嫁の反応は?浮気理由は血筋?

嫁との馴れ初め

1998年に現在の嫁と出会った大村朋宏さん。

 

当時は大村朋宏さんはNSCに通いながらアルバイトに明け暮れていたこと時期でした。

 

その時のアルバイトがキャバクラのボーイをしていたとのことでなので、嫁はキャバクラ嬢ではないかと言われています。

 

そんな嫁とは「結婚するならこいつ」と考えていたらしく、2006年4月に結婚を発表します。

 

結婚した年には長男が誕生し、2014年には長女が生まれています。

大村朋宏 嫁
(画像引用元:http://up.gc-img.net

夫婦関係は公では良好で、大村朋宏さんも愛妻家としてのイメージが付いていました、

不倫女性との馴れ初めや浮気までの経緯は?

不倫相手は大村朋宏さんが大ファンで、都内在住のOLをしているA子さん23歳で、顔は女優の広瀬すずさん似の清楚系美女とのことです。

大村朋宏 浮気
(画像引用元:http://www.kitamura.jp

そんなA子さんとはSNSで知り合い、A子さんは大村朋宏さんのことを「オム」と呼んでいました。

 

そして大村朋宏さんのほうから会いたいと言われて、2015年11月に初めて二人きりで会います。

 

そこではA子さんが泊まっているホテルの部屋を訪ね、20分位の世間話をしてハグをしたのみでしたが、A子さんは大ファンだったので嬉しかったとのことです。

不倫関係に発展

初めて出会ってから2015年12月7日に大村朋宏さんが泊まっているホテルにA子さんを呼び出して男女の関係になりました。

 

その後は新宿ルミネのライブの合間や、徹夜で麻雀したあとに訪れ、月に1度のぺースで不倫をしていたのです。

 

不倫女性は大村朋宏さんに嫁にがいることは知っていましたが、大ファンだったからか「2号」でも良く、大村朋宏さんもその関係に満足していたようです。

大村朋宏の態度が急変し不倫女性が暴露

1年半ほど不倫関係を続けていた大村朋宏さんですが、2017年4月3日に大村朋宏さんの誕生日にて、ある事件が起きて態度が急変しました。

 

A子さんは不注意で友達に携帯を見られてしまい、LINEのやり取りも見られたらしく、巡り巡って大村朋宏さんの耳に入ってしまうのです。

「悪魔」
「(バレたら)あの世で呪う」
「(相方の)藤田にも迷惑がかかる」

すると大村朋宏さんはLINEで、自分が不倫しているのが悪いのにA子さんに罵詈雑言を浴びせたのです。

 

そんな大村朋宏さんの態度にA子さんは、その時になって初めて「私はただのいつでも行為ができるファンの1人」「都合が悪くなるとすぐ捨てられる」と気づいたのです。

 

そのため復讐かこれを嗅ぎつけていたフライデーかは分かりませんが、取材にて大村朋宏さんの不倫を暴露したのです。

 

ちなみにLINEのやりとりも告発していますが、かなり酷いのでリンクを張っておきますね

大村朋宏とA子さんとのLINE全文

スポンサーリンク

不倫をした理由は父親の血筋?嫁の反応は?

「はい、全て事実です。すみません・・・なんというか、自分では火遊びのつもりでした。本当に反省してます」

「(嫁には)謝るしかないですね。許してくれるかわかりませんが」

「藤田にも明日謝ります」

この事実が知り、大村朋宏さんはフライデーに直撃されました。

 

そしてネタ披露の前には謝罪して嫁にもちゃんと謝ったとの事です。

「奥さんは『お前の得意のテッテレー(ドッキリ)なんだろ?』と言われたんですが、本当だと伝えたら『血が悪い』と言われました。
僕の父親も不倫してたんです……」

「(奥さんには)一応許してはいただいた」

嫁はなんとか許してもらえたらしく、嫁曰く大村朋宏さんの父親は不倫して離婚しているので、血筋が悪いと言われてしまったのです。

 

正直血筋ということでは許されない行為ですが、嫁はなんとか許してもらえたようです。

 

そして相方の藤田さんはネタに変えようと思ったとのことですが、流石に今回の事件は「忍びねえな」どころではなく、藤田さんも「構わんよ」では許されないでしょう。

トータルテンボス大村朋宏の不倫は嫁曰く血筋が悪い!

馴れ初めまでに見るとまさに「ゲス不倫」をしていたトータルテンボス大村朋宏さん。

 

すくなくとも愛妻家というイメージは崩壊ですね。

 

ただ離婚という最悪の事態にならず、今後は寛大だった嫁さんにしっかり愛情を注いで下さい。

 

そして父親のように離婚と二の舞いにならないようにして下さいね。

 

せばな~