「格安」をうたって海外ツアーのオンライン販売をしていた旅行会社「てるみくらぶ」が破産手続きの開始決定を受けました。

 

てるみくらぶは利用客から航空券が発券できないという苦情が相次いでおり、利用客がすでに支払ったにも関わらず破産にいたったようです。

 

そんな「てるみくらぶ」で既に支払った方は、返金されることは可能なのでしょうか?

 

ということで今回は、「てるみくらぶ」が破産にまで至った経緯と、返金されることは可能なのか調査していきます。


スポンサーリンク

旅行会社てるみくらぶがトラブル倒産?苦情で破産したけど返金は?

「てるみくらぶ」は1998年に設立し、「格安」をうたって海外ツアーのオンライン販売を展開し、札幌、名古屋、大阪、福岡に支店がある会社でした。

てるみくらぶ トラブル
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

しかし、顧客から、「旅行を予約して80万円近く入金している」「航空券が発券できない」等と、苦情が相次いでいることが3月25日に分かりました。

 

そして2017年3月25日には「てるみくらぶ」の本社の入り口には臨時休業を知らせる張り紙が掲示され、更にツアーを申し込んでいた客を不安にさせます。

 

そんな客の不安は当たり、資金繰りに行き詰まり営業の継続が難しくなったとして、3月27日に東京地方裁判所から破産手続きの開始決定を受けます。

なぜ「てるみくらぶ」が破産した?

「てるみくらぶ」は広告費などの費用がかさみ、資金繰りが次第に悪化し3月23日に航空券の発券に必要な支払いができなくなりました。

 

そのため、「航空券が発券できない」といった苦情などが相次ぎました。

旅行会社 返金
(画像引用元:http://img.shblog.jp

そして批判が相次いだことで、観光庁が旅行業法に基づく立ち入り検査に入り、実態調査を進めていました。

 

そういった経緯もあり、「てるみくらぶ」は資金繰りに行き詰まり営業の継続が難しくなったとして東京地方裁判所に破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けました。

スポンサーリンク

旅行会社から返金は可能?

今回の破産トラブルにより、被害を受けたのは3万6000件、人数にしておよそ8万人から9万人で、代金の総額は99億円余りに上るといわれています。

 

そんな支払い済みのツアー代金などは今後、業界団体の日本旅行業協会が旅行各社から預かっている保証金で返金されるようです。

 

しかし、今回利用できる保証金は1億2000万円と金額は1%程度で、数十万円を支払っていたとしても、数千円しか返金されないようです。


(画像引用元:https://kicho-dx.com

ところが、クレジットカード払いの場合は、保証を受けられる可能性があり、分割払いの場合は支払停止措置を取れば被害を最小限に留めれるようです。

 

また契約書に前受金の全額または一部を返金するために、金融機関などとの間に信託保全契約を結ぶ「前受金の保全措置」がある場合、金融機関から返金される場合があります。

 

他にもこのような返金トラブルにあった時は、消費生活センターに相談することで良いアドバイスがもらえるので、相談してみるのも良いと思います。

旅行会社てるみくらぶがトラブル倒産で返金はわずか?苦情破産で全額返還は難しい?

資金繰りが悪くて破産した旅行会社「てるみくらぶ」は、現状返金がわすかしか出来ずに、更に苦情が多く寄せられているようです。

 

保証も数%としか返金されないようですし、これは旅を楽しみしていた客はガッガリだけでなく、怒りに震えるのはしょうがないでしょう。

 

今後「てるみくらぶ」どうやって破産後の処理をしていくのか分かりませんが、使ってくださったお客様のために誠意のある対応をしてもらいたいですね。

山田千賀子社長が逮捕で経歴は?てるみくらぶ破産後の現在は雲隠れも詐欺罪!

せばな~